コロナウイルスの影響で「大学が始業せず時 " />

コロナ自粛下のバイト探しは「ママワークス」で!!大学生ができる仕事とは

コロナウイルスの影響で「大学が始業せず時間が余っている」「アルバイト先が休業してしまった」「バイトの出勤が大幅に減らされてしまった」「外で働きづらい」という悩みを抱える大学生も多いのではないでしょうか。

そこで活躍するのが、気軽にお小遣い稼ぎができるママワークス。ママだけでないとダメなんてありません!自宅待機の大学生にオススメなママワークスの評判から登録方法まで紹介します!

ママワークスは働きやすい環境が揃っている!

ママワークスは「主婦が働きやすい会社が揃う、主婦のための求人応援サイト」と働く時間や場所を自由に選べる仕事や働き方を臨機応変に対応できる企業が多数掲載されている、在宅ワーク求人サイトです。

ママワークスは法人営業に精通している企業が運営

ママワークスを運営する株式会社アイドマ・ホールディングスは営業支援サービスSales Cloudや法人営業リストのBIZMAPSを展開しており、テクノロジーを活用して企業の営業活動を支援する企業です。

運営会社の中には在宅ワーカーが2,440名(2019年10月末日)在籍しており、在宅ワークに精通していることがよく分かります。

PCレンタルもある!サポートが充実しているママワークス

ママワークスの特徴として以下のことがあげられます。

キャリアカウンセリング、PCレンタルとサポートが充実している

会員登録し経歴を記入している人は、優先的に電話にてキャリアカウンセリングを受けることができます。そこでは仕事の紹介などしてもらえるほか、在宅ワークに関しての相談することもできるようです。また、企業によっては月額2,980円でPCのレンタルや高速回線の接続が可能なひかり回線も月額3,980円も利用できるそうです。

在宅ワーク動画講座やコラムが豊富!

ママワークスは動画での講座やコラムが豊富にあるコンテンツを配信しています。在宅ワークはどうやってやるのか?などの初歩的な情報から、ライティングが上手くなるコツなどのスキルアップ系まで幅広くあります。働く上で生じる疑問を解消できるでしょう。

ママワークスの利用料金は?

ママワークスは登録料金や利用料金など全て無料です。

大きなポイントは他の会社と違い、ママワークスは仲介手数料が取られません。ママワークスは仲介会社ではなく、企業から広告料をもらって運営している求人サイトだからです。

ママワークスで大学生ができる仕事の種類は?

ママワークスのターゲットがママであるため、求人に対して応募できる案件が限られています。就業経験や必須スキルとして求められることが多い中で、大学生や在宅ワーク初心者ができる仕事をまとめました。

在宅ワーク初心者・大学生

・パワポ作成

企業によって作成するものはそれぞれですが、会社案内パンフレットの作成などがあげられます。企業の一部に携われるため、社会勉強にも繋がります。この職種は、WordやExcelの基本操作が可能な人が歓迎されるので、授業以上のことも少し勉強しておくといいでしょう。

・データ入力

企業が集めた顧客データや住所録をエクセルなどの決まったフォーマットに入力したり、あるいは会議の音声データなどを文字に起こしたりする作業です。Office(PowerPoint、Word、Excel)が使える人で、タイピングが速い人にとってはいい案件でしょう。

・インフルエンサー 

スキンケアアイテムや、ダイエット商品、洋服を自身のSNSを使って宣伝します。フォロワー数にかかわらず、宣伝した商品が売れた分だけ報酬が発生する仕事なため、SNSに精通している人にはオススメでしょう。宣伝のためのサンプルがもらえます。

インターンシップで就業経験ある大学生・Web関連を専攻している学生

・ライター 

企業の持っているコンテンツによりますが、企業サイトの記事を執筆することが多いです。主にOfficeやWordPressが使える人が応募可能となっています。インターンシップ先や個人でブログを作っている人にオススメです。

・画像、映像編集 

企業のサイトや企業が扱う商材を説明する動画作成があげられます。多くの案件が「Webデザイナーとしての勤務経験3年以上」となっているので狭き門とはなりますが、IllustratorやPhotoshopを使いこなせる人は応募することが可能な案件もあります。Webデザインを専攻している学生などにオススメです。

ママワークスの評判や口コミは?

ママワークスの良い評判や悪い評判を、利用者の声を元にまとめると以下の通りです。

良い評判

  • 外出せず仕事ができるため、安全
  • 在宅で働くことが初めてで、PCや仕事環境が整っていない人にはお得
  • 親切なアドバイザーが対応してくれる
  • 在宅ワーク動画講座やコラムで情報たくさん得ることができる
  • ほかの在宅バイトと違って手数料取られない

悪い評判

  • オンライン面接を受けたり、アドバイザーを通して仕事を請けるのが面倒
  • 求人数が少ない
  • 求人内容がIT、WEB、ライティングの仕事に偏っている

ママワークスの登録方法

ママワークスで仕事をするまでの流れは以下の通りです。

(1)ママワークスのHPからメールアドレスを登録する

(2)送られてきたメールのURLを開き、個人情報を記入

(3)アカウント完成、希望の案件に応募

ここでポイントとなるのがアカウント登録の際にできるだけ多くの情報を記入しましょう。自己PRや経歴、資格やスキルなど記入する欄は多くあるので、できるだけ埋めるといいです。応募以降は企業からの連絡が入り、企業のフローに沿って面接などに進みます。

ママワークスを利用する際の注意点

慣れるまで時給換算すると低い場合も

大学生はママたちと違って就労経験が無いため、未経験や就労経験の問われない職種への応募になるでしょう。これらの職種は簡単がゆえに、単価が低い案件が多いです。最初は慣れず、時給換算すると今までしていたアルバイトよりも給料が低くなることがありますが、慣れればそれ以上に稼ぐことができたり、次の仕事の案件を受けやすくなるため長期的に稼ぐことを考える必要があります。

一定の金額以上稼いだ場合、確定申告が必要

一般的な在宅ワーカーは、売上から必要経費を除いた所得が年38万円以上あると、確定申告を行わねばなりません。学生の場合は、基礎控除(38万円)に加えて「勤労学生控除」(27万円)という特別控除が受けられます。もし、学生で在宅ワークを行っている場合に、確定申告の必要がないラインは38万円+27万円=65万円となります。

ママワークス コラム

アルバイト違ってくるので、担当者と相談してシフトを組む必要があります。

ママワークスこんな人にオススメ!

ママワークスは以下のような人にオススメです。

  • 在宅での仕事を初めてみたい人
  • PCスキルをあげたい人
  • コロナ影響のため、外出自粛をしたい人

特に現在のような緊急事態宣言が出ている中でも、一人暮らしの学生は生活費が必要なため稼がなくてはならない状況だと思います。外にアルバイトをしに行くのが怖い場合や、アルバイト先が閉まってしまいアルバイトをすることができない学生は、ママワークスを活用して在宅ワークに取り組むことをオススメします。