杏林堂薬局は静岡県を中心に中部地区に店舗" />

杏林堂のバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

杏林堂薬局は静岡県を中心に中部地区に店舗を展開するドラッグストアチェーンです。ここでは杏林堂でアルバイトをしたいという人に向けて、ぜひともやっておきたい面接対策と、想定される質問に対する答え方のポイントについて詳しく紹介します。

 

 

 

杏林堂面接対策5選

(1)面接前日までの準備

アルバイト面接の準備はできるだけ前日までに済ませておきましょう。当日になってからあれこれと準備していると約束の時間に間に合わなくなってしまいます。焦ってしまうとミスも多くなるので、実力を発揮するためにも十分な準備が必要です。杏林堂のアルバイト面接では、ホームページからダウンロードした応募用履歴書に必要事項を記入して提出しなけければなりませんが、履歴書も前日までに作成しておくと余裕を持って面接に臨めるでしょう。

(2)選考方法

面接は基本的に店長との1対1の形式で行われます。ただし、オープニングスタッフの募集時など一度にたくさんのアルバイトを採用する必要がある場合は店長・副店長と応募者数人という形で行われることもあります。

内容は基本的に面談だけで、筆記試験のようなものはありません。質問についてはシフトやアルバイト経験の有無など基本的なものばかりで、特に難しいことを聞かれることはないでしょう。合否は面接の2~3日後に電話で連絡が来ます。

(3)杏林堂の面接のコツ

杏林堂のアルバイトは服装や髪型などにルールがあります。髪の毛の長さや色だけでなく、ズボンや靴下の色まで指摘されることもあるので、当日の身だしなみには注意が必要です。

アルバイト面接の場合はスーツを着用する必要はありませんが、ジーンズにTシャツといったラフな格好や肌の露出の多い服装は避けるべきです。また、ボサボサの髪の毛や金髪などもやめましょう。第一印象が大切なので、清潔感のある服装を心がけましょう。

(4)面接当日のやること

社会人としてのルールが守れることをアピールするためにも、面接時間に遅れることは絶対にNGです。当日は面接会場までの道順をしっかりとチェックして、少なくも約束の5分前までには到着するようにしましょう。ただ、あまり早すぎてもお店に迷惑をかけてしまいます。早く着きすぎたときは近くのお店などで時間を潰しながら、面接で聞かれるかもしれない質問に対する答えをもう一度確認しておきましょう。そうすることで落ち着いて面接に臨むことができます。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

接客業ということもあって、第一印象がとても大切です。また、社会人として最低限のマナーが身についていることをアピールすることも面接を通過するための重要なポイントです。面接中、相手の話を聞くときは柔らかい笑顔を心がけると良いでしょう。

また、緊張してしまうと下を向いて話したり、こまめに顔や髪の毛をいじってしまったりする人がいますが、自信なさげに見えてしまうのでNGです。話すときは背筋を伸ばして、相手の目を見るようにしましょう。

 

 

 

杏林堂のバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「なぜ杏林堂でアルバイトをしたいと思ったのですか?」

「接客業に興味があったのと、以前からこちらのお店を利用させていただいていて雰囲気が良さそうだったからです。」

志望動機を聞かれたときは理由だけでなく、一歩踏み込んでお店の特徴などにも触れるとポイントアップです。本音は「時給が良いから」という人もいるかもしれませんが、給与や待遇を志望動機とするのは避けたほうが良いでしょう。

(2)「杏林堂についてなにか知っていることはありますか?」

「普段から利用させていただいていますが、食料品の品揃えが豊富でとても便利です。」

日常的にお店を利用していることやサービス内容を答えることで、お店に対する愛着をアピールできます。お店について何も知らない場合は、公式サイトなどに目を通して最低限の情報収集は行っておきましょう。

(3)「あなたの長所はどんなところですか?」

「体力には自信があります。重い荷物の運搬や品出し業務などは任せてください。」

アルバイト面接では長所についてもよく聞かれます。

いきなり聞かれると答えに詰まってしまうこともあるので、前もって考えておくと良いでしょう。答えるときは、その長所が仕事をするうえでどのように役立つかも説明するようにするとさらに良いでしょう。

(4)「シフトについてなにか希望はありますか?」

「子どもの幼稚園のお迎えがあるので14時までの勤務が希望です。」

シフトに関する質問は必ず聞かれるので、いつ聞かれてもスラスラと答えられるように、面接の前にスケジュールをきちんと確認しておくようにしましょう。「分かりません」と答えてしまうとお店側でシフトを組むときに困ってしまうので、印象が悪くなってしまいます。

(5)「土曜日や日曜日に働くことは可能ですか?」

「土曜日は大丈夫です。日曜日は学校の行事で出勤できない日もありますが、できる限りシフトを調整します。」

杏林堂は土日になると大勢のお客様で混雑するので、アルバイトは基本的に土曜日か日曜日のどちらかに出勤しなければなりません。土日両方は無理という場合も、可能な限り対応することを伝えるとポイントアップにつながるでしょう。

(6)「来週の月曜日から働いてもらいたいのですが、どうでしょうか?」

「はい、大丈夫です。」

店舗によっては早急に人員を補充しなければならないこともあるため、可能な限り早い日にちを答えたほうが有利です。先程のシフトの質問と同様に曖昧な答えをしてしまうと印象が良くないので、事前にスケジュールをチェックして、はっきりとした日にちを答えるようにしましょう。

(7)「これまでにアルバイトの経験があれば教えてください」

「コンビニで1年ほどアルバイト経験があります。品出しや商品陳列の仕事をしていました。」

アルバイトの経験を聞かれたときは、今回の仕事に活かせる経験を話すようにします。杏林堂では品出しや商品陳列といった業務もあるので、コンビニで同様の経験がある場合には大きなアピールポイントになるでしょう。

(8)「当社と並行してどこか別のアルバイトを受けていますか?」

「いいえ、ここだけです。」

この質問の意図は、採用してすぐに辞めてしまうことがないか確認するためです。もしも別の会社も受けている場合は、そのことを話しても問題ありません。ただし、杏林堂のアルバイトが決まれば、こちらのほうを優先するということを伝えることが大切です。

(9)「なにか資格を持っていますか?」

「特にありませんが、将来的には登録販売者の資格を取りたいと考えています。」

採用にあたって特に資格が必要なわけではありませんが、仕事に役立つ資格があればアピールポイントになるでしょう。特に登録販売者の資格はオススメです。もし何も資格がなくても、取る意思があることを伝えることでやる気をアピールできます。

(10)「学生さんのようですが、親御さんからの許可はありますか?」

「はい、両親から許可をもらっています。」

18歳未満の者がアルバイトをする場合は親の同意が必要になるので、学生の場合はこのような質問をされることがあります。同意書の提出を求められることもあるので注意が必要です。校則が厳しい学校の場合は学校の発行する許可証が必要なケースもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

杏林堂のバイトの面接を突破する3つのポイント

・履歴書など当日必要になるものは前日のうちに準備しておく

・面接で聞かれる質問はある程度決まっているので、事前に答えを考えておこう

・明るく元気な挨拶や態度、清潔感のある服装や髪型を心がけよう

杏林堂はアルバイトから準社員・正社員への登用制度があります。正社員を目標に、まずはアルバイトからスタートしてみるというのもオススメです。そのためにも、まずは面接を通過しなければなりません。ここで紹介したポイントをしっかり押さえて面接に臨みましょう。