広い売り場と豊富な書籍の数を揃える人気の" />

丸善のバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

広い売り場と豊富な書籍の数を揃える人気の書店と言えば丸善ではないでしょうか。読書が好きな人はもちろんですが、ふと立ち寄っただけでもその豊富な本の数、そして文具の品揃えに魅了され、長く滞在した経験がある人もいるでしょう。そんな楽しい空間のなかで働きたい人に向けて、今回は丸善のアルバイト面接対策をご紹介します。

 

 

 

丸善面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

丸善のアルバイト面接には、履歴書を持参していく必要があります。この履歴書は、採用判断基準の1つとなりますので、なるべく空欄を作らないように書いておきましょう。また、志望動機などは細かく書くことも大切です。また、簡単な読み書きのテストがあるため、筆記用具も準備しておきましょう。

(2)選考方法

面接は、店舗の責任者の方と1対1で行われます。また、これに加えて簡単な読み書きのテストがあります。あくまでも一般知識を問うものなので、対策勉強をする必要はないでしょう。面接に慣れていない人は、想定される質問への回答を事前に準備しておくといいでしょう。

(3)企業ごとの面接のコツ

面接のなかで、好きな本や作家について聞かれることがあります。もし、本をあまり読まない人は有名な本や作家などの知識を入れておきましょう。働き始めると、お客様から本の場所を聞かれることが多いので、本が好きであることに加え、好きなジャンル・作家などを話せる人のほうが採用されやすいです。また、接客経験があったり、言葉遣いが丁寧な方が好印象となるので、今までにしてきたアルバイト経験などを話すといいでしょう。

(4)面接当日のやること

面接の時間に遅れることは、時間管理ができないだけでなく、社会人としてふさわしくないので時間に余裕をもって出かけることが必須です。また、筆記用具と履歴書を忘れてはいけません。その際に、履歴書が曲がらないように気を付けましょう。また、茶髪は禁止となっているところもあるようですので、身だしなみにも注意を払いましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

たくさんの書籍を扱うお店ですので、本や作家に関する知識は一般常識程度は知っておいたほうが良いです。もし、本の知識があまりない場合は、働きながら知識をつけていきたいことや、これから多くの本を読んでいくつもりであることを伝えましょう。

 

 

 

丸善のバイト面接でよく聞かれる質問10選  

(1)「志望動機は何ですか?」

「小さいころから読書が好きで、本屋さんで働いてみたいと思っていました。」

本が好きで働いてみたいと思って応募する人がほとんどだと思います。志望動機を聞かれた場合は、本を好きになった理由や好きな作家、本を読むことでどんな気持ちになるかなどを加えて話せると印象に残りやすくなります。事前に志望動機はしっかり考えておくことをおすすめします。

(2)「どのくらいシフトに入れますか?」

「週に3日を希望します。」

広い売り場面積を持つ丸善で働き始めると、本の場所を覚えるのが最初は大変になります。シフトになるべく多く入れるほうが、早めに本の場所なども把握できて接客も上手になります。また、採用する側もできるだけシフトに入ってほしいと思っているので、もし出勤日数が少ない場合は、1日に働ける時間を長く設定することがおすすめです。

(3)「いつから働けますか?」

「採用していただければすぐに働けます。」

採用されてからすぐに働き始めることができる人は評価も高くなりますので、自分のスケジュールなどを確認してから面接の日程を決めることをおすすめします。また、採用されてから勤務開始するまでの日数は10日前後が目安であるため、もしすぐに始められない理由がある場合はきちんと伝えておきましょう。

(4)「アルバイト経験はありますか?」

「アパレルのお店で働いていました。」

アルバイト経験の有無を聞かれることが多いです。アルバイト経験がある場合は、何をしていたのか、そこでどういったことを学んだのかなどを答えられるといいでしょう。アルバイト経験がない人は、丸善で働きながら頑張りたいことや身に付けたいスキルなどを話しておきましょう。

(5)「接客の経験はありますか?」

「はい、居酒屋で働いたことがあります。」

丸善には、幅広い年齢層のお客様が来ます。丁寧な言葉遣いや接客の基本マナーはとても大切になります。以前受けたことのある接客研修やマナー講座などがあればそれも伝えておきましょう。接客の経験がなくても、基本から教えてくれますので働きながら覚えていきましょう。

(6)「好きな本はありますか?」

「東野圭吾さんの流星の絆が好きです。」

面接では、あなたのお気に入りの本について聞かれることがよくあるようです。あなたの好きな本のタイトルとその理由を詳しく話せるといいでしょう。働く人の多くは読書が好きな人ですので、本に詳しいと話しも盛り上がりますし、お客様ともいろんなお話ができます。もし、最近本を読んでいない人は、以前読んだ本のタイトルや内容を少し確認しておきましょう。

(7)「好きな作家はいますか?」

「東野圭吾さんの作品が好きです。」

店舗では、そこで働く従業員の方がおすすめする本の特集コーナーを設置していることもあります。今後、あなたがそのコーナーを任せられたときやお客様におすすめの本を聞かれたときに答えられるように、お気に入りの作家を見つけておきましょう。面接で、少しマニアックな話しができるくらいが丁度よく、本が好きな人という印象が高まります。

(8)「アルバイトを通してどうなりたいですか?」

「接客スキルを磨いて、お客様に良かったと言ってもらえる本を紹介できるようになりたいです。」

意欲的に仕事に取り組んでくれることで、お店の活気が上がり、本に対する知識が早く身につきます。面接官はあなたのやる気を確認することで、採用の有無を決めます。自分が働きながらどういう人材になりたいか、どんなことをしてみたいか考えておきましょう。

(9)「あなたの長所は何ですか?」

「小さい頃からたくさんの本を読んでいたので、他の人が知らないような本も知っています。」

あなたの長所を聞かれることがあります。真面目さや明るさ、丁寧に仕事ができるなどあなたが思う自分の良いところを素直に伝えておきましょう。もし、本の知識が豊富ならば、それをアピールポイントにしましょう。

(10)「質問はありますか?」

「読書は好きですが、あまり多くの知識がなくても大丈夫ですか?」

働くうえで不安なことや聞きたいことは事前に聞いておきましょう。働き始めてから、思っていたのと違うといったことはなるべく無くしたほうが良いです。ただ、印象が悪くなるような質問はしないようにしてください。もし質問が無い場合には、無理に質問をする必要はありません。

丸善のバイトの面接を突破する3つのポイント

・丁寧な言葉遣いで明るくはきはきと受け答えをしましょう

・あなたの好きな本や作家について調べておくといいでしょう

・時間に遅刻しないように、余裕をもって出かけましょう

本屋さんでのアルバイトは大変人気がありますので、応募者も多いです。また、新作の書籍などを知ることができるので、本が好きな人は長く働く傾向にあります。アルバイトの募集を見つけたら、埋まってしまう前に積極的に応募してみてください。