遊べる本屋さんというコンセプトで若者を中" />

ヴィレッジヴァンガードのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

遊べる本屋さんというコンセプトで若者を中心に人気が高いヴィレッジヴァンガードは、全国に店舗があり、地元に根付いて書籍や雑貨を扱うお店です。他では手に入らないアイテムなども多数揃えていて、そういった店内で働いてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。本日は、ヴィレッジヴァンガードでの面接を突破できるように対策をご紹介したいと思います。

 

 

 

ヴィレッジヴァンガード面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

面接の日程が決まったら、一度近くのヴィレッジヴァンガード店舗を見に行ってみましょう。売り場の様子や揃えている品物などを見ておくことで、面接での受け答えもしやすくなります。また、面接時には履歴書が必要です。人気の高いアルバイトの1つですので、倍率が高い傾向にあります。丁寧に書き、自分の熱意をしっかりアピールしましょう。

(2)選考方法

面接は、店長や店舗責任者と1対1で行われることが多いです。服装や身だしなみも自由度が高いですが、挨拶がしっかりできることや元気よく接客できることは接客業にとって大切です。そのため、面接でもはきはきと自分の考えを話せるようにしておきましょう。

(3)企業ごとの面接のコツ

ヴィレッジヴァンガードは、店舗によって売り場の配置やPOPなどそれぞれ異なります。その店舗で働く人のアイデアを活かしてくれるお店ともいえるでしょう。面接では、自分の考えやアイデアを伝えられると、採用される確率も高くなります。また、フロアでの接客も必要になりますので、これまでに接客経験がある人は、今までの成果や頑張ったことなどを伝えてアピールしてみましょう。

(4)面接当日のやること

面接は、社員さんが行います。店舗にある個室で1対1での面接となりますので、緊張してしまうかもしれません。ただ、社員さんもアルバイトからスタートしている人が多いため、あなたの気持ちを理解してくれるでしょう。

自由度が高い企業ではありますが、面接時の第一印象はとても大切です。あまりに奇抜な格好や髪色は避けるようにしましょう。また、なぜヴィレッジヴァンガードで働きたいのかという理由を具体的に話し、熱意を伝えましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

働く人の個性やアイデアが重視される職場環境です。採用されたら何をしたいのか、どういった店舗作りにしたいのかなどの考えは面接までに考えておきましょう。そして、フロアでの接客で必要なコミュニケーションスキルも採用ポイントのひとつになりますので、面接で聞かれそうな質問に対する答えはしっかり用意しておいてください。

 

 

 

ヴィレッジヴァンガードのバイト面接でよく聞かれる質問10選  

(1)「なぜヴィレッジヴァンガードで働きたいのですか?」

「友達とよく利用しております。いつも来るたびに魅力的なアイテムがたくさんあり、見ているだけでも楽しく、いつかこういったお店で働きたいなと思っていたからです。」

志望動機は、どこのアルバイト面接でも聞かれる質問ですが、特にヴィレッジヴァンガードでは、志望動機を重視する傾向にあります。採用されたら、どういったことをしてみたいのかまで話せると採用率は一気に高くなるでしょう。

(2)「週にどのくらい働けますか?」

「週に3日希望します。週末も勤務可能です。」

ヴィレッジヴァンガードでは、学生からフリーター、主婦まで幅広い年齢層を募集しています。また、飲食店とは違って忙しさは日によって異なりますので、あなたの希望をそのまま伝えましょう。また、週末も働ける人はそのことをアピールすることも良いです。もし、週末の勤務ができない場合は、理由を伝えておきましょう。

(3)「希望の時間帯はいつですか?」

 「平日は16時以降を希望します。週末は、午前中から勤務可能です。」

多くの店舗では、午前中は商品の品出しやディスプレイ作り、POP作成などの店舗作りで忙しく、夕方以降は学校終わりの学生などで賑わいます。なので、自分の希望する時間帯を素直に伝えましょう。いつでも大丈夫ですなど、曖昧な答えは言わないようにしてください。また、週末はどの時間帯でも忙しくなりますので、週末も勤務可能であることを話しておきましょう。

(4)「通勤時間はどのくらいですか?」

「電車で10分くらいです。自宅から職場までは20分くらいです。」

アルバイトの人数が多いわけではないので、遅刻などは他の従業員に迷惑がかかってしまいます。時間管理がしっかりできているかの確認になりますので、通勤経路や所要時間などはしっかり確認をしておきましょう。 

(5)「アルバイトの経験はありますか?」

「はい、スーパーで品出しやレジ業務を行っていました。」

ヴィレッジヴァンガードは、未経験者も歓迎しているので、アルバイト経験がなくても問題はありません。アルバイト経験がある場合は、何をしていたのか、そこでどんな経験を経てどういったスキルが身に着いたのかを具体的に話せると印象も良くなるはずです。そのときに、これからの仕事に繋がる内容を話しましょう。

(6)「今、ハマっているものはありますか?」

「アメリカのドラマにハマっています。」

一般的な質問に加え、趣味や個性についての質問もあるようです。これは、社風としてワン・アンド・オンリーをモットーにしており、同業他社との差別化を図るために従業員の個性を知るための質問です。自分がこだわっているものや熱心に取り組んでいるものなどを考えておくことをおススメします。

(7)「採用されたらどんなことを頑張りたいですか?」

 「自分の好きな雑貨の売り場を作ってみたいです。」

ただ働くだけでなく、自分のアイデアで店舗を盛り上げようという姿勢を示すことで採用率も上がるでしょう。自身の好きな雑貨であったり、好きなアイドルや芸能人などの特集といったものでも構いません。具体的なストーリーとともに話せると熱意が伝わります。

(8)「いつから勤務は可能ですか?」

「今週末から勤務可能です。」

アルバイトの面接から2週間以内に勤務スタートできることが理想です。すぐに働ける人を採用するほうがお店にとっては有益です。もし、どうしてもすぐに始められない理由があれば、しっかりと伝えて理解してもらう必要があります。具体的にいつから勤務可能ですと言えるように、事前にスケジュールの確認をしておいてください。

(9)「あなたのアピールポイント何ですか?」

「好きなことにはとにかくこだわり、貫き通すことです。」

自分の考えをもって何かに熱中することはとても大切です。働く中で、売り場の一部のディスプレイを任されることもあるかもしれません。その際に、上記のような回答をすると、責任持って頑張ってくれそうだと採用する側は考えます。また、従業員のアイデアを尊重するような職場において、こだわりをもって働いてくれる人は歓迎されるでしょう。 

(10)「何か聞いておきたいことはありますか?」

 「時間に余裕があるときはシフトの日数を増やすことは可能ですか。」

何か質問があるか聞かれた場合、無理に質問をする必要はありません。何もない場合は、特にありませんと答えましょう。また意欲を示すために、伝えた以上のシフトに入ることも可能か聞いておくと、やる気があると思ってもらえるでしょう。

ヴィレッジヴァンガードのバイトの面接を突破する3つのポイント

・事前に店舗に足を運び、どういったお店なのか、どういった品物が並んでいるかを見る

・採用後に自分がどんなことを頑張りたいか、何をしたいのかを具体的に考えておく

・会社のビジョンを理解し、それに沿った受け答えができるようにする

ヴィレッジヴァンガードの面接で知っておくべきこととその対策をご紹介しました。独創的な考えを持った仲間や自身の長所を活かせる環境が揃っていますので、自分の考えがまとまったら積極的に応募してみてください。あなたの可能性がさらに広がるでしょう。