都市部を中心に新鮮なお肉とこだわりの食材" />

ワンカルビのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

都市部を中心に新鮮なお肉とこだわりの食材、そして快適な空間を提供し続けるワンカルビは、子供から大人まで大人気の焼肉屋さんです。美味しい賄いのために頑張って働きたいという人もいるのではないでしょうか。今回は、そんなワンカルビの面接対策をご紹介します。

 

 

 

ワンカルビ面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

ワンカルビのアルバイト面接には履歴書を持参する必要があるため、事前に準備をしておきましょう。書き方が分からない人は、早めに確認をしておきましょう。また、未成年の学生さんなどは保護者の同意書を求められることもあるようです。また、料理を提供するお店ですので、爪や髪型などはふさわしい格好にしておくことがおすすめです。特にネイルなどは控えておきましょう。

(2)選考方法

面接は、基本的に店長さんとの1対1で行われます。合否についてはその場で決まることもあれば、後日電話で通知されることもあるようです。接客がメインになりますので、言葉遣いや挨拶といった最低限のマナーなどが見られます。面接を受けたことがない人は緊張するかもしれませんが、自分の考えを素直に話せば問題ないでしょう。もし不安であれば周りの人と練習をしておきましょう。

(3)企業ごとの面接のコツ

ワンカルビは、従業員同士の連携や団結力を大切にしています。特に忙しい時間帯は、お肉を焼く音などで声がかき消されてしまうことがあるため、大きな声ではきはきと受け答えができるようにしておきましょう。そのためにも、面接で質問されそうな内容の答えを事前に考えておくことが重要です。また、お店のコンセプトを理解するためにも、会社ホームページなどを一度見ておくといいでしょう。

(4)面接当日のやること

料理を提供する側としてふさわしい格好で面接にいきましょう。スーツを着る必要はありませんが、カジュアルな服装の場合は派手な格好は避けるほうが無難です。また、お店には余裕をもって到着できるように出かけましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

なぜ働きたいのかという気持ちをしっかり伝えることが大切です。また、明るく元気がある人を採用する傾向にありますので、面接で受け答えする際に意識しましょう。接客の基本でもある挨拶をしっかりとし、言葉遣いや気遣いができることをアピールすると良いです。

 

 

 

ワンカルビのバイト面接でよく聞かれる質問10選 

(1)「志望動機は何ですか?」

 「活気のあるお店で、お客様に美味しい料理を提供したいと思ったからです。」

アルバイトの志望動機は様々だと思いますが、面接する側は熱意がある人を採用したいと考えます。なぜワンカルビで働きたいのか、ワンカルビのどういったところが良いのかなどを伝えることができれば、あなたの意欲はしっかり伝わるはずです。また、接客スキルを学びたいなど、働くことで自身を成長させたいという思いを伝えるのもいいでしょう。「時間があるから働きたい」といった曖昧な答えは避ける方が良いです。

(2)「アルバイトの経験はありますか?」

 「ファミレスでアルバイトをしていました。」

同じような飲食店でのアルバイト経験がある場合、採用される確率が上がるかもしれません。ホールとキッチンを両方こなせると、お店にとっても頼れる存在となりますし、何よりその経験が即戦力になります。ですが、未経験者も歓迎しているため、アルバイトの経験がなくても心配はありません。先輩が、一から丁寧に教えてくれますので、まずは働くことに慣れていきましょう。

(3)「なぜ他のお店ではなくワンカルビを選んだのですか?」

 「食材にこだわっていることや、メニューの豊富さなどに魅力を感じ応募しました。」

アルバイトを募集しているお店はたくさんあります。そのなかでもワンカルビを選んだ理由について聞かれることがあります。事前にお店のホームページをチェックしておいたり、面接に行く前に一度お店で食事をしてみるのもいいでしょう。お客様の立場で店内を見渡すことで、そのお店の魅力的な部分が分かることがあります。また、具体的に答えることで、しっかり調べているなと思ってもらえるので印象もよくなります。

(4)「週にどのくらい働けますか?」

「週に4日ほどを希望します。」

面接する側にとって、どのくらい働けるのかは採用を決めるうえでとても重要になります。入れる日数が多いほうがお店から好感を持ってもらえるので、事前に自分のスケジュールを確認しておきましょう。また、家族連れなどでお店が賑わう週末のシフトに入れるのであれば、それをアピールしましょう。もちろん、学校や部活があってどうしても週2日しか働けない場合でも、事情を話せば理解してくれるはずです。

(5)「希望の勤務時間はありますか?」

「平日は、学校がありますので17時以降を希望します。」

飲食店は、お客様で賑わう時間帯と比較的落ち着いている時間帯がはっきります。当然、忙しい時間帯に働いてもらえるほうがお店にとっても有難いです。平日、週末ともにランチやディナータイムは混み合いますので、その時間帯に働けるのであればそのことを伝えることで採用される確率もあがります。

(6)「学校で部活はしていましたか?」

「野球部に所属していました。」

忙しい時間帯は特に、従業員同士の連携がお店を円滑にまわすために重要です。チームプレーであったり、仲間意識、そして元気さなどがあることで一員としての役目をしっかり果たせます。部活をしていた人は、そこで何を学んだか、どのように成長したかをアピールしましょう。部活をしていなかった人は、自分が熱中したことや一生懸命取り組んだことなどを話してみてください。

(7)「いつから働けますか?」

「今週末から働けます。」

アルバイトを募集しているお店にとっては、1日でも早く人手がほしいと思っているところも少なくありません。お店で働けるようになるための教育には時間を要するので、なるべく早く働いてほしいと面接する側は思っています。面接の日から10日以内を目安に勤務開始できることが理想です。

(8)「ここでどんなことを頑張りたいですか?」

「接客スキルを高めて、お客様に喜んでもらえるようになりたいです。」

アルバイトをする目的は、お金を稼ぎたいからという人も多いと思います。ただ、それに加えて頑張る意欲や目標をしっかり持っている人をなるべく採用したいとお店側は考えますので、あなたがワンカルビで働いてどのように成長していきたいかを事前に考えておきましょう。

(9)「あなたのアピールポイントは何ですか?」

「前職では、ホールで働いておりました。そのため、細かい気遣いができます。」

お客様にとって、気の利く店員さんがいることで居心地もよくなりますし、お店にとっても自ら動いていろいろなことに気付けるというのは大変助かります。これまで、働いた経験がある人は、そのキャリアを生かしてお店に貢献できることを伝えるといいでしょう。アルバイト経験がない人も、明るさだったり、言葉遣いだったりと自分が誇れることをしっかり伝えておくことが大事です。

(10)「何か質問はありますか?」

「シフトの日数を増やすことも可能ですか?」

時期によっては、学校が長期休暇となりシフトに入れる日が増えることもあるでしょう。時間に余裕があればもっと働きたいというひとつのアピールになりますので、このようにポジティブな内容であれば自由に質問をしても構いません。ネガティブな印象になるような質問は避けておきましょう。

ワンカルビのバイトの面接を突破する3つのポイント

・明るくはきはきとした受け答えと、飲食店にふさわしい清潔感のある格好で面接に行きましょう

・事前にお店のホームページを調べておくことで、印象も良くなるでしょう

・ランチやディナーの時間帯に働けることをアピールしましょう

ワンカルビは、アルバイト未経験でも歓迎していますので、あなたのやる気次第で成長できる環境です。また、アルバイトの多くが学生なので、すぐに打ち解けて新しい仲間も増えるでしょう。そんな楽しい環境で働けるワンカルビのアルバイトにぜひ応募してみてはいかがでしょうか。