香ばしい焼きたてのパンとともに地元の人に" />

リトルマーメイドのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

香ばしい焼きたてのパンとともに地元の人に愛されるお店リトルマーメイドは、日本だけでなく海外にも進出し成長を続けているお店です。皆さんもオーブンから取り出したばかりの香りに連れられて、何度も足を運んだことがあるのではないでしょうか。パン屋さんでのアルバイトは人気が高く、特にリトルマーメイドは倍率も高いです。そこで今回は、リトルマーメイドで働くための対策をご紹介します。

 

 

 

リトルマーメイド面接対策5選

(1)面接前日までの準備

リトルマーメイドの面接は、面接と筆記テストがあるため履歴書と筆記用具を準備しておきましょう。また、パンを扱うお仕事ですので長い爪や清潔感のない髪型などは避けましょう。また、ピアスやネイルは禁止です。服装については、実際に働くときは制服がありますので、面接時には派手すぎない格好であれば問題ないでしょう。

(2)選考方法

多くの店舗で面接と簡単な筆記テストがあるようです。面接は、店長さんがお店の控室などで一対一で行います。あまりアルバイトの経験がない場合は、緊張してしまう可能性もありますので、想定される質問への答えを事前に考えておくといいでしょう。

(3)企業ごとの面接のコツ

何度もお店に足を運んでくれる常連さんも多いですので、一人ひとりの接客スキルが大切になります。従って、面接では明るく、はきはきとした受け答えをするようにしましょう。また、飲食で働いた経験がある人は実際に行っていたことを伝えておくといいでしょう。また、営業時間が早いお店も多いので、シフト可能時間をなるべく多く伝えておくのも、好印象に繋がるでしょう。

(4)面接当日のやること

まずは、清潔感のある服装や格好で面接に臨みましょう。第一印象が良くない場合は面接の内容に関わらず不採用となることがあるます。ただし、髪の色は、制服のひとつである帽子で隠れますので茶髪でも問題はありません。あとは、お店に入るとこれから一緒に働くであろう仲間に会うと思いますので、仕事の邪魔にならない程度に会釈や挨拶をしておきましょう。リトルマーメイドで働く際は、人間関係も大切になります。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

パン屋さんで働くことに憧れをもっている人も多いと思います。実際にどういった業務を行うかを、しっかりと確認しておきましょう。レジ打ちはもちろんですが、焼き上がったパンを並べたり、商品を説明したり、こまめに店内の掃除をする必要もあります。

特に、商品陳列はパンの形が崩れないように、てきぱきと進めて行く必要があります。これらを踏まえ、広い視野をもって動けることや細かいことに気付ける人材であることを、アピールしておくといいでしょう。

 

 

 

リトルマーメイドのバイト面接でよく聞かれる質問10選 

(1)「志望動機は何ですか?」

「以前食べたリトルマーメイドのパンの味が忘れられなくて、働いてみたいと思いました。」

パン屋さんは、多くの街に存在します。ここでは、リトルマーメイドで働きたいという熱意を伝えておきましょう。また、自分が作ったパンで1人でも多くの人に喜んでもらいたいなど、お店に貢献したいという気持ちも伝えると相手の印象が一気に高くなるでしょう。自分が面接をする立場だったら、どう言われたいかを考えましょう。

(2)「週にどのくらい入れますか?」

「週3日を希望します。」

パンの種類であったり、焼き方であったりと覚えることも多いです。少しでも早く慣れてもらいたいですし新商品が出る頻度も多いので、週に1、2回ではちょっと不安になります。営業時間が長いため、週3日でも働く時間帯を調整すれば、スケジュール的にも無理なく働けると思います。

(3)「働きたい希望の時間帯はありますか?」

「平日は学校があるので16時以降を希望しますが、週末は朝から可能です。」

朝早いところは8時くらいから営業しています。平日は難しくても週末は朝からシフトに入れるなど、柔軟に働けることをアピールしておきましょう。学生は早朝シフトが難しい人も多いので、朝働けることで、採用してもらえる確率は高くなります。

(4)「アルバイトの経験はありますか?」

「レストランで働いていました。」

パン屋さんと言うと、のんびりとした時間が店内に流れていると思いがちですが、それは間違いです。実際は、パンの売れ行きの確認やテキパキとした商品陳列、レジ打ちなど、最少人数で店舗を支える必要があります。そのためには、これまでアルバイトの経験があるのか確認されることも多いです。ただ、未経験歓迎となっていますので、アルバイト経験がない人もチャレンジしてみましょう。

(5)「どのくらいの期間働けますか?」

「少なくとも1年間は働きたい思っています。」

アルバイトの人にも研修があります。また、パンの種類を覚えるなど最初は慣れるまでに時間がかかるでしょう。そのため、少しでも長く働いてくれる人を採用したいと思うのは当たり前です。具体的に決まっていなくても、学生が終わるまでの1年とか半年程度は働けることを伝えておきましょう。もちろん、1年と言ったから途中で辞められないとかはありませんので安心してください。

(6)「自宅から通勤はどのくらいかかりますか?」

「自宅から電車を使って約30分です。」 

朝早い店舗などでは、あまりにも通勤時間が長いと開店できるかが不安になります。概ねの通勤時間とどうやって通勤するかの手段を事前に確認しておきましょう。また、この質問にスムーズに回答できると、時間管理をしっかりできているなと感じるので好印象に繋がります。

(7)「部活は何かやっていましたか?」

「陸上をやっていました。」

店舗では、限られた人数のスタッフで店舗を支える必要があります。そのため、チームプレーや仲間意識といったものをもっているかを確認されることがあります。学生時代に部活をしていた人は、チーム内で頑張ったことなどを話しておくといいでしょう。部活をしていない人は、文化祭や体育祭といった行事で、何か頑張ったことなどを伝えるといいでしょう。

(8)「計算は得意ですか?」

「一般的なものなら大丈夫です。」

あなたがお客様としてパン屋さんに行ったとき、レジで店員さんがパンを見ながら金額を入力している姿を見たことはないでしょうか。計算はレジがしてくれますが、どのパンがいくらするのかを覚えていたり、その個数を入力したりと頭を使うことも多いです。足し算・引き算が問題なく行える場合は、大丈夫ですと答えましょう。

(9)「いつから働けますか?」

「来週の火曜日を希望します。」

採用が決まったら研修をしたり、先輩から指導を受けたりとはじめのうちは教わることが多いです。店側としては、シフトの調整なども必要ですので、いつから始められるのかをある程度言えるようにしておきましょう。また、面接日から2週間以内に始めるのが理想となります。

(10)「何か質問はありますか?」

「特にありません。」

最後に何か質問があるかと聞かれることがあります。特になければありませんで構いません。何か気になることがあれば、事前に聞いておきましょう。そのときに、マイナスな印象を与えるような質問は避けるようにしましょう。

リトルマーメイドのバイトの面接を突破する3つのポイント

・清潔感を保ちながら、明るい表情でテキパキと動けることをアピールしましょう

・リトルマーメイドが好きであることを伝え、働きたいという意欲を示しましょう

・柔軟なシフトに対応できることを伝え、朝シフトと夜シフトの両方可能であることを伝えましょう

今回は、人気の高いリトルマーメイドでのアルバイト面接を突破するための対策をお伝えしました。働くとなると、あなたが思っている以上にやることは多いですが、優しく楽しい仲間が多い職場であることも事実です。また、美味しい焼きたてのパンが社員価格で変えるのも魅力的ですよね。多くの人が憧れるパン屋さんで働けるよう、この記事が参考になれば幸いです。