都市部を中心に絶大な人気を誇るラーメン横" />

ラーメン横綱のバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

都市部を中心に絶大な人気を誇るラーメン横綱ですが、もともとは屋台から始まったのをご存知でしょうか。地元の人を中心に愛され、お店に入ると明るく元気な店員さんの威勢の良い掛け声が飛び交うお店で、働いてみたいと思う人も多いはずです。今回は、ラーメン横綱で働くための面接対策をご紹介します。

 

 

 

ラーメン横綱面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

面接には、履歴書を持参する必要があります。そして、料理を提供する仕事ですので身だしなみは必ずチェックされます。服装規定など厳しくはありませんが、清潔感のある格好を心がけ、髪の毛や爪などは飲食店にふさわしいもので面接に行くようにしましょう。

(2)選考方法

アルバイトの応募後に連絡があり、日時を決まると店舗内で1対1で面接を行います。お客様のいない時間帯を使って、お店のテーブルで実施されます。面接後は、1週間以内に採用・不採用の連絡が入るので待ちましょう。

(3)企業ごとの面接のコツ

ラーメン横綱の面接では、とにかく元気でやる気のある人が採用されます。これまでのアルバイト経験なども加味されますが、面接時にはきはきと答えられる人材、そして週末や連休といったお客様が多い時間帯にシフトに入れる人を積極的に採用する傾向にあるので覚えておきましょう。

(4)面接当日のやること

面接は、社員さんが行います。お客様のいない時間帯で行われますが、仕込みなどのために開店前から他の従業員も既に働いており、緊張する反面、どういった人が働いているのか雰囲気を確認することができるでしょう。また、飲食店ですので、面接時の服装は清潔感のあるきれいめカジュアル程度が好まれるでしょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

元気とやる気が何より大事です。お店では、従業員同士の連携がとても大切になります。はきはきと受け答えができて、周りをみて自ら動ける人ほど採用したいと思われるでしょう。また、ピークタイムとノンピークタイムがはっきりしているので、ピークタイムになるべく多く働けるということをアピールしましょう。

 

 

 

ラーメン横綱のバイト面接でよく聞かれる質問10選 

(1)「志望動機は何ですか?」

 「ラーメン横綱さんのお店の雰囲気と味がとても好きで、いつか働きたいと思っていたからです。」

ラーメン店というのは、どの地域にも一定数存在しています。その中で、ラーメン横綱を選んだ理由を具体的なエピソードなども添えて話せると好印象です。また、お店の雰囲気が好きというのは、そのお店の従業員にとってはとても喜ばしい言葉となります。実際にお店に行ったことがない人は、面接に応募する前に一度行くことをおすすめします。

(2)「シフトは、週に何日くらい入れますか?」

「週4日を希望します。」

アルバイトは週1日から可能となっていますが、少なくとも週3日以上で希望することが理想です。もし、週2日など入れる日数が少ないときは、代わりに勤務時間を長くすることができるかなどを相談してみるのも良いでしょう。また、週末のみであれば、人手が欲しい時間帯でもあるので採用される可能性は上がるでしょう。

(3)「勤務可能な時間帯はいつですか?」

「学校が終わる17時から勤務可能です。」

ラーメン横綱の多くの店舗は、早朝5時まで営業しています。そのため、あなたの空き時間を最大限使って勤務することが可能です。また、22時以降は時給も高くなりますので、アルバイトの掛け持ちをしている人は、深夜時間帯に絞って勤務してみるのも良いでしょう。そのため、面接に行く前に自分が勤務可能な時間帯をしっかり考えておきましょう。

(4)「週末や大型連休期間の勤務は可能ですか?」

 「はい、可能です。」

週末や大型連休期間は、お店にとっても稼ぎ時となります。繁忙期にシフトに入れることをアピールすると採用される確率が上がるでしょう。他にも、週末や連休もシフトに入れることを伝えておくと良いでしょう。

(5)「接客経験はありますか?」

 「はい、居酒屋でアルバイトをしていました。」

ラーメン横綱は未経験者歓迎のため、必ずしも接客経験が必要なわけではありません。経歴や学歴よりも元気さ、明るさが最も重視される項目となるようです。しかしながら、接客経験がある場合は、そこで身に着けたスキルなどをアピールすることで採用される可能性も高くなるでしょう。

(6)「大きな声は出せますか?」

 「はい、大丈夫です。学生時代はバレー部に所属していました。」

広い店舗、そして多くのお客様で賑わう店舗では、大きな声が出ないと仲間に指示が届きません。ラーメン店にとって、スピードはとても大切であり、連携がスムーズに取れることが求められます。はきはきと大きな声でコミュニケーションを取る必要があるので、部活をしていた人は、その経験なども交えて可能であることを伝えましょう。

(7)「いつから勤務開始できますか?」

「来週の火曜日から可能です。」

面接前に具体的な勤務開始日を事前に考えておきましょう。また、初日以降の働ける日もいくつか考えておくことをおすすめします。面接日から2週間以内に開始できることが望ましいですが、少し先のスタートになる場合は、理由を添えて伝えましょう。あなたのやる気を十分に理解してもらえたら、待ってくれる可能性もあります。

(8)「採用されたらどんなことを頑張りたいですか?」

 「お客様にまた来たいと思っていただける接客スキルを身につけたいです。」

地元に根付いているお店だからこそ、常連やリピーターのお客様の存在が大切になります。元気と明るさで気持ちの良い接客を目指し、そういったお客様がまた来たいと思ってくれるのは、お店にとっても大きなプラスになります。

(9)「あなたの長所は何ですか?」

 「視野を広くして細かいところまで気遣い、動けることです。」

忙しい時間になるほど、個々の動きがお店の稼働にも大きく影響します。指示を待つのではなく、積極的に自ら動けることをアピールしましょう。また、細かい気遣いはお客様の満足度を高めます。過去のアルバイト経験や学校での活動などから具体的なエピソードがあれば、それを伝えるようにしましょう。

(10)「何か質問はありますか?」

「特にありません。」

面接では最後に質問はありますか、と聞かれることが良くあります。ここで無理に質問をする必要はありません。ただ、もし何か気になることがあれば、素直に聞くようにしましょう。そのときは、ネガティブな印象を植え付けてしまうような質問だけは避けましょう。 

ラーメン横綱のバイトの面接を突破する3つのポイント

・はきはきと元気よく受け答えをする

・休日や連休には、積極的にシフトに入れることを伝える

・接客スキル、ホスピタリティ力が高いことをアピールする

ラーメン横綱の面接に臨むうえでの心構えと対策についてご紹介いたしました。活気のある店舗には、多くのお客様で賑わいます。そのため、大きな声ではきはきと話せることが大切です。接客スキルを高めたい、自分の可能性を広げたいと思っている人は是非応募してみてはいかがでしょうか。ラーメン横綱の面接をする方に参考になれば幸いです。