店内にあるパン専用のオーブンを使用して、" />

バケットのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

店内にあるパン専用のオーブンを使用して、焼き立てのパンや料理が美味しいバケットは、多くのお客様の心を掴むベーカリーレストランです。バケットは料理の美味しさだけではなく、スタッフの気遣いや対応の良さも評判がよく、美味しい食事と丁寧な接客を楽しめるお店でもあります。店内は常に美味しそうなパンの香りに包まれており、そんな香りの中で仕事を行うことはパン好きにはたまらないでしょう。今回は、そんなバケットの面接対策やよく聞かれる質問についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

 

バケット面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

面接前日までに一度お店を利用することをオススメします。お店を利用することによって仕事内容や働き方、職場などインターネットだけでは知ることができない情報を知ることができるからです。また、焼き立てのパンを食べてみることも働きたい意欲を膨らませてくれる要素にもなるでしょう。

一度もお店を利用せずに面接に臨むと、志望動機やその他質問に対する回答が表面的なものになってしまいがちです。具体的で熱意が伝わる面接を目指すのであればお店を利用し、そこで感じたことを素直に面接官に伝えるといいでしょう。

(2)選考方法

バケットでは自社ホームページや求人サイトでアルバイト面接の応募を行っています。仕事内容としては、接客を行うホール・調理補助を行うキッチン・焼き立てパンの製造を行うベーカリーがあります。未経験者でも採用を行っているため、パン好きな人や接客に興味がある人でも問題ありません。また、選考は面接のみとなっているため筆記試験などはありません。

(3)企業ごとの面接のコツ

バケットでは面接時の適性や希望に応じて仕事内容が決定されていきます。これらのどの仕事にも求められる、コミュニケーション能力や気遣いができるかを面接でしっかりと見られるでしょう。接客がメインでないキッチンやベーカリーでも、一緒に働くスタッフとの連携が必須です。

そのため、面接ではこれらのポイントをアピールしましょう。また、声の大きさやハキハキした態度が好まれます。緊張すると控えめな態度になってしまいがちですが、面接では意識して声を大きくするなど注意しましょう。

(4)面接当日のやること

面接では履歴書を用いて質問や会話が行われます。そのため、面接当日に履歴書を忘れてしまうと悪い印象を与えてしまい、面接もスムーズに進行しなくなるでしょう。そのため、面接当日には何度も履歴書を忘れていないか確認を行うことをオススメします。

また、自身で書いた履歴書の内容は必ず覚えておかなければいけません。面接当日にもう一度履歴書を見直し、自分がどんなことを書いたのか復習を忘れずに行いましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

焼き立てのパンと料理を楽しみたいお客様にとって、スタッフの清潔感は非常に重要です。不潔な状態で働くスタッフを見ると、とても気になるものです。そのため、バケットでは清潔感も面接で確認されます。寝ぐせや髪形、髭が伸びていないか、爪が汚れていないかなどは特に注目されます。面接前に必ず鏡で身だしなみを整えてから臨むようにしましょう。

 

 

 

バケットのバイト面接でよく聞かれる質問10選 

(1)バケットで働きたい理由を教えてください。

「以前バケットを利用させて頂いた際、スタッフの気遣いや笑顔に感動しました。また来店されるお客様はみんな笑顔で食事をされています。私はお客様を笑顔にできるバケットで働きたいと考え、志望しました。」

バケットに対する印象、どんな考え方を持っているか、バケットで働きたい気持ちはどれくらいかなどを知るための質問です。多くの面接で聞かれることが多いです。バケットのどこに魅力を感じて、自身がどうなりたいと考えたかなどのように具体的な話をすることによって、伝わりやすい回答になります。

(2)いつまで働くことができますか?

 「今年大学に入学したばかりであるため、まずは卒業までの4年間頑張りたいと考えています。」

採用担当者にとって、短期間で辞められてしまうことは避けたいものです。そのため、面接ではなるべく長く働ける人を優先的に採用する傾向にあります。この質問に対して「なるべく長く」などのように抽象的な回答だと、信ぴょう性が感じられません。具体的な年数を伝えるようにしましょう。

(3)毎月いくら稼ぎたいですか?

 「毎月6万円以上は稼ぎたいと考えているため、積極的にシフトに入りたいと考えております。」

志望者が毎月目標にしている給料額をすることによって、どれくらいシフトに入る考えなのか知ることができる質問です。この質問に正解はないため、自身の考えている稼ぎたい金額を素直に伝えましょう。ただし、「なるべくたくさん」などのような抽象的な回答は避けましょう。

(4)人と接することは好きですか?

「はい。私は人と会話することが好きで、年代関係なく様々な方と接することができます。」

お客様と接する機会の多いホールだけではなく、キッチンやベーカリーでもスタッフと接するため、働くうえでコミュニケーションは重要です。そのため、人と接することに対する苦手意識がないかの確認や考え方を知るためにこの質問がされます。また、志望者がどんな性格をしているかを見る質問でもあります。

(5)いつから勤務することができますか?

「明日から働くことが可能です。お店の都合に合わせて対応できます。」

店舗や時期によっては人手が足りない場合もあります。その場合、なるべく早く働いてくれる人が重宝されます。そのため、事前に予定を確認し、早く働くことができる場合にはその旨を伝えましょう。

(6)休日や年末年始は働けますか?

 「はい。土曜日や日曜日だけではなく、大型連休や年末年始も問題なく働くことができます。」

バケットでは休日に多くのお客様が来店されるため、非常に忙しくなります。そのため、新規で採用する人はなるべく休日に働ける人を優先したいものです。事前に自身の予定を確認しておきましょう。また、働けない時期などがあればこのタイミングで伝えるようにしましょう。

(7)自身の長所を教えてください。

「私は細かいところに気が付く性格です。よく友人からは気遣いができると褒められることがあります。こうした長所を活かしてバケットのお客様に接客を行っていきたいと考えています。」

面接時の態度だけでは、どういう強みがあるのかは分からないものです。そのため、志望者がどんな強みを持っているのかを知るための質問です。ここでは他人からどんな評価をされているか、その長所をどう活かしたいかなどもしっかりと伝えましょう。

(8)希望のポジションはありますか?

「私は人と接することが好きなので、ホールを希望します。」

どのポジションを希望し、その理由を知るための質問です。先ほどもご紹介したように、バケットでは大きく分けて3つのポジションがあります。採用後、どのポジションになるかは志望者の適性と希望によって決まります。自身が魅力を感じたポジションを伝えるようにしましょう。

(9)パンは好きですか?

 「はい。私は朝食でもパンを食べており、パンが好きです。また焼き立てのパンの香ばしい香りも大好きです。」

パンに関連するバケットで長く働くためには、パンが好きかどうかも大切なポイントです。素直に自身の考えを伝えましょう。また、どんなパンが好きかも併せて伝えると話が弾むかもしれません。 

(10)バケットを利用したことはありますか?

「はい。友人と食事をする際に何度か利用をさせて頂いたことがあります。よく○○や××を注文していました。」

バケットを利用したことがある人であれば、どんな仕事をしているのか知っているでしょう。利用したことがあればどんなメニューをよく注文するかも伝えると、具体的な回答ができるでしょう。

バケットバイトの面接を突破する3つのポイント

・バケットについて情報収集する

・コミュニケーション能力をアピール

・ハキハキとした態度 

今回は、バケットの面接対策やよく聞かれる質問についてご紹介させて頂きました。面接では様々な質問を通して、仕事に対するやる気や仕事の向き不向きを確認されるでしょう。非常に緊張する面接ですが、伝えたいことを伝えられずに終わってしまうことは一番悔しいことです。バケットについてしっかりと調べ、伝えたい内容をまとめて万全な状態にしてから面接に臨むようにしましょう。