ドンクは、明治38年に創業し、長い間多く" />

ドンクのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

ドンクは、明治38年に創業し、長い間多くの人に愛された製パンメーカーです。そんなドンクで働いてみたいと思う人もいるでしょう。今回は、ドンクでアルバイトをしたいと思っている人に向けて面接対策のポイントと良く聞かれる質問についてご紹介したいと思います。

 

 

 

ドンク面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

ドンクのアルバイトは求人サイトやホームページからのメール、または電話で応募する必要があるようです。応募した後日に、お店から電話があり面接の日程を決めます。面接の際には履歴書を持参する必要があるため、前もって準備をしましょう。当日になって慌てないように、履歴書の記載事項だけでなく、履歴書に貼る写真も事前に準備しておくと良いでしょう。

(2)選考方法

基本的には、店長さんが面接をしてくれます。筆記試験などは特にないようです。面接から1週間以内に合否の連絡をもらう人や、その場で採用が決まり、初出勤の日程まで決まる人などまちまちです。多くは4、5日ほどで電話にて連絡があるようです

(3)企業ごとの面接のコツ

面接のコツとして、ドンクのパンについて調べておくことが大切です。ドンクに限った話ではないですが、働く所については面接前に調べて行くことをおすすめします。なぜなら、面接の際に会話が広がり、このお店が好きだから働きたいという意欲が伝わりやすくなるためです。実際に店舗に足を運び、商品を食べてみるのも良いでしょう。

(4)面接当日のやること

ドンクは飲食店であるため、清潔感を心がけることが大切です。清潔感を意識することで、面接官からの印象も良くなるため採用の可能性も高くなります。爪を短く切り、前髪が目にかからないようにするなど、身だしなみを整えて面接に臨みましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

ドンクのパンやお店の良い所をメモに書いて、まとめておきましょう。面接の際にパンに関することや、お店に関することを聞かれて、はっきり答えられるようにするためです。はっきり答える事によって、ドンクで働きたい意欲が面接官に伝わります。

 

 

 

ドンクのバイト面接でよく聞かれる質問10選 

(1)「ドンクのパンを食べたことがありますか?」

 「食べたことあります。フランスパンが有名ですが、私は○○が好きです。」

なぜドンクを選んだのか、どのぐらいドンクのパンを知っているかを面接官は気になっています。ドンクのパンを知っていれば、接客の際にお客様に説明できます。また、ドンクのパンのおいしさをお客様に伝えたいという気持ちを面接官に伝えれば、やる気があると思って貰えるでしょう。そのため、事前に店舗に行きパンを食べてみる、またはホームページなどからドンクのパンについて調べて理解しておくと良いでしょう。

(2)「ドンクのパンについて知っていることはありますか?」

「仕込みから成型まで一貫しており、スクラッチベーカリー製法で作られています。焼くときには石窯オーブンを使用しています。」

この質問は、どれぐらいドンクの事を知っているのか、またはドンクのパンがどれぐらい好きなのかを伝えることができる質問になります。ここではっきり答えられれば面接官の記憶にも残るでしょう。上の質問と同様で、ドンクの取り組みなどを調べておくと採用の可能性は高くなります。

(3)「接客で大切なことは何だと思いますか?」

 「どんな状況でも笑顔で明るく丁寧にお客様に対応する事です。」

接客業をしたことある方なら、答えやすい質問かもしれません。一番大切なことは、どのような状況でもお客様の立場になって、考えて行動することです。接客業をしたことない方は、自分がお客様の立場になり、されたら嬉しいことを答えると良いでしょう。

(4)「接客業の経験はありますか?」

 「以前、接客の仕事をしていたので得意です。」

接客業の経験がある人は、即戦力になると判断され、採用される確率が高くなるかもしれません。既に接客に対して基本的な部分は学んでいるため、あとは環境に慣れるだけでしょう。

(5)「レジ業務の経験はありますか?」

 「前のアルバイトで、レジ操作の経験があるため問題ありません。」

この質問も上の質問同様、即戦力の人材かどうかを見極めるための質問です。新しい職場で働く際に、経験がある業務であった場合は、はっきりと伝える事は大切になります。そうすることで採用した際に何を任せたらいいか、イメージがしやすくなります。そのため、前の職場などで経験した事は自信をもって伝えてください。

(6)「志望理由はなんですか?」

「パンが好きで、以前からパンに関わる仕事がしたいと思っておりました。そんな時にドンクの求人を見て、自分がしたい事と同じだったので応募しました。」

面接の際に必ず聞かれる質問です。志望理由は、分かりやすく具体的に尚且つ明確に説明できれば好印象です。それに加えて、自分がどれだけドンクで働きたいか熱意を込めて説明できると、アピールにつながり、採用の可能性が上がるでしょう。

(7)「週にどれぐらい入れますか?」

「週3日から5日ほど働きたいです。」

ここでは必ず自分で無理のない範囲での日数を伝えてください。多く入れるに越したことはありませんが、無理して入って体調を崩してしまってはお店側に迷惑がかかってしまうかもしれません。そのため、事前に予定を確認したうえで、答えるようにしましょう。

(8)「通勤時間と通勤手段はなんですか?」

「自転車で15分ぐらいです。」 

電車やバスなどの公共機関を利用する人もいるかと思いますが、面接の日までにどれくらい時間がかかるかをきちんと調べておきましょう。公共機関だと事故や遅延などイレギュラーな事も想定できるので、その際にはしっかり連絡する事も伝えて下さい。自転車や車での手段の場合は、スタッフ専用の駐車場があるかなど、面接の際に聞くことも忘れずにしましょう。

(9)以前に同じような職場での経験はありますか?

 「はい。以前はパン製造の仕事をしていました。」

このような質問がされた際には、経験がある人はそのことをアピールしましょう。そうすることで、会話も広がり、面接官の興味を引くことも出来ます。 同じような職場での経験がない人は、仕事に関係するような趣味や特技などを伝えることで、好印象を与えることができます。

(10)「何か質問はありますか?」

 「(学生の場合)テスト期間などは休んでも大丈夫でしょうか?」

面接の最後によく聞かれる質問です。大体の人が「特にありません」と答えるかもしれませんが、それではこの仕事に興味がないのではないかと思われてしまうかもしれません。できれば些細な事でもいいので、なるべく質問してください。仕事の際に、分からないことがあれば質問できる人だと思ってもらえるでしょう。

ドンクのバイトの面接を突破する3つのポイント

・パンやお店について事前に調べておく

・志望理由は明確に具体性も取り入れて分かりやすく伝える

・飲食店であるため清潔感がある見た目が大事

今回は、ドンクの面接対策や良く聞かれる質問について書かせていただきました。ドンクのアルバイトは、パンの従業員割引制度もあり、休憩時に焼き立てのパンが安く食べれるなど魅力が多い仕事です。将来、パン関連のお仕事をしたい人や、パン屋さんで働きたいと思っている人は、積極的に応募してみてください。事前に面接の対策をしていくことで、落ち着いて面接に臨むことができるでしょう。