関西を中心に展開されているカラオケチェー" />

茶髪はOK?「ジャンカラ」バイトの身だしなみを解説!5つのチェックリスト付

関西を中心に展開されているカラオケチェーン店であるジャンカラ。ジャンカラバイトでは、接客だけでなく食べ物も取り扱うので、身だしなみや衛生面にも気をつけなければいけません。今回はジャンカラバイトの身だしなみ規制について解説していきます。

 

 

 

ジャンカラのバイトの身だしなみの規定は?

⑴ユニフォームの詳細

ジャンカラバイトでの制服は、各自に2~3枚支給する店舗と事務所内で管理する店舗があるようです。店舗で管理する場合は、クリーニングも店舗でするので、持って帰って洗濯をする必要はありません。支給されるのは、黒いTシャツと茶色いサロンです。

黒ズボンと黒い靴は自分で用意する必要があります。口コミによると、制服はピシッと着ないと注意されるようなので、自分で制服を管理する場合は、しわなども内容にアイロンを掛けるようにしましょう。食品も取り扱うので、清潔感や衛生についてのルールは厳しいようです。

⑵髪色ルール

髪色は茶髪程度までの明るさが許容されています。黒ベースのTシャツが制服なので、明るい髪色だと目立ってしまい、注意を受けるようです。口コミでは、金髪や派手な髪色だと注意を受け、染めなおさなければいけないようです。パーマなどの規定はありませんが、清楚に見えるように長い髪は束ねないといけないようです。

⑶アクセサリー着用マナー

ピアスなどのアクセサリーは禁止されており、ネイルや髭も禁止されています。黒と茶色以外のカラーコンタクトについても禁止されています。指輪は禁止ですが、結婚指輪は問題ないようです。また、、腕時計に関しては許されているようです。食品提供にあたり、髪の毛が入ってクレームになったり、お客さんに不快に思われたりしないように、衛生面を考えた身だしなみを心がけましょう。

⑷身だしなみ

食事の提供もあるので、爪の長さも厳しくチェックされ、手洗いや消毒など衛生的な面での規定も多くあります。髪の毛もしっかり結び、帽子が提供される場合は、髪の毛を帽子の中にすべて入れる必要があります。店舗によっては、少し派手目なメイクをしているスタッフやヘアアレンジなどをしているスタッフも見かけます。

しかし、規則としてはナチュラルなメイクと清楚な髪型に抑えなければいけません。口コミによると、ジャンカラバイトは比較的身だしなみを厳しくチェックされるので、オシャレしたい場合でも、仕事中は衛生面とルールをしっかり守るようにしましょう。

もっと詳しくお店の規定を知るには?

⑴募集要項企業を見てみる

募集事項では、身だしなみや髪色に関する項目はなく、シフトや時給、仕事内容などについてのみ書かれています。店舗や時間帯ごとに時給は異なり、その時間ごとに適するスタッフの年齢層も異なるようです。昼間には高校生や主婦、夜は学生が多いようです。ホームページでの募集事項は、その店舗や時間ごとのアピールポイントも書かれているので、参考にしてみてもいいでしょう。

(2)企業ホームページを調べる

ジャンカラのホームページでは、多くのスタッフの写真が載っていますが、男性女性ともに茶髪の人は多いです。また、髪の長い女性は髪を結んでいますが、緩めに結んでいる人やサイドの髪を残したまま結んでいる人が多いです。髪を巻いている人もいるので、不潔でなければ多少のオシャレは許されているようです。髭を生やしている男性スタッフは居ませんが、前髪が目にかかる程度の髪の長さのスタッフもいるので、髪型は比較的自由な雰囲気があります。

(3)公式YouTube動画を見る

ジャンカラ公式Youtubeの動画では、スタッフが笑顔で働いている風景や、先輩からの指導風景などを見ることができます。ホームページと同じく、茶髪のスタッフや髪の毛をアレンジしている女性スタッフも写っており、多少のオシャレはしている印象があります。

女性の化粧に関しては、やや濃いかなと感じるスタッフもいました。口コミからは身だしなみに対して厳しい印象のコメントが多かったですが、動画や画像から見ると、若い人も少しのオシャレやメイクを楽しみつつ、働いているように感じます。

(4)実際に見学にいってみよう

ジャンカラは、市内から田舎のほうまでさまざまな場所にあります。市内か市外かでも、時給や来るお客さんの雰囲気、営業時間などが異なるので、1度見学には行ったほうが良いでしょう。自分が入りたいシフトの時間と、これから入ることがあるかもしれない場合は夜の時間帯も見学してみましょう。飲み屋街に近いと、酔っ払ったお客さんが多かったり、逆に田舎だと閑散として暇だったりするので、仕事場の雰囲気を知りたい人は、お客さんの層をチェックしましょう。

 

 

 

ジャンカラのバイトの面接のポイント

ジャンカラバイトの面接では、採用の有無はその場もしくは1週間以内に伝えられるようです。

ポイント

・清楚で清潔な恰好を心がける

・挨拶や受け答えは明るくしっかりとする

・希望シフトをまとめ筆記用具も持参する

店長や面接者の方に好印象になるように、清潔感のある身だしなみを意識しましょう。面接なのでアクセサリーなどを外す必要はないですが、あまり派手な印象を与えないものを選ぶことをおすすめします。面接官に、元気で明るい接客ができる印象を持ってもらうために、挨拶や受け答えにははっきり答えましょう。

ジャンカラのバイトの面接前に確認!チェックリスト

・明るすぎない髪色かどうか

・髭やネイルは外したか

・派手なメイクをしていないか

・清潔感のある服装かどうか

・筆記用具と希望シフトは用意したか

ジャンカラのバイトは、身だしなみとして、髪色、髭、ネイル、メイクなどに規制があるので、面接時から最低限の身だしなみや清潔感は意識するようにしましょう。また、面接時に希望シフトについても聞かれるので、あらかじめ希望する時間帯や日数などをまとめておくことをおすすめします。 

ジャンカラのバイトでは、多少の髪染めやカラコンなどのファッションは許容されていますが、店舗によっては厳しい場所もあるので、身だしなみ関しては清潔感を意識しましょう。男性で髪染めや女性でヘアアレンジなどをしたい場合は、ジャンカラのルールを守った上で、お客さんからみてだらしないと思われない程度のオシャレを楽しみましょう。