くまざわ書店は全国規模で店舗を展開する書" />

くまざわ書店のバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

くまざわ書店は全国規模で店舗を展開する書店です。書籍や雑誌に限らず、CDや文房具まで取り扱っているほか、著名人のサイン会やトークイベントなどを行うことで人気です。くまざわ書店のバイトに応募するにあたり、どんな面接対策が必要かをまとめました。

 

 

 

くまざわ書店のバイト面接対策5選

(1)面接前日までの準備 

履歴書を持参する場合、前日までに記入しておきます。写真の貼付や誤字脱字のチェックもしっかり行いましょう。面接時の服装はカジュアル過ぎても印象が良くないため、襟付きのシャツやブラウスにスラックスなど、ある程度きちんと感のある服装を用意しましょう。書店のため、どんな出版社があるか業界について調べたり、書籍や雑誌で世間一般のトレンドをチェックしたりしておきたいものです。

(2)選考方法 

選考方法は面接が基本です。履歴書をもとにするなど、応募者の人物を見られます。店舗によっては、簡単な計算や一般常識を問う筆記試験を行うところもあるようです。応募時に筆記試験の有無を確認するとよいでしょう。応募者の人物を見る際は、身だしなみから言葉遣い、本に関する興味や関心などまでチェックされます。その場しのぎの受け答えにならないよう、しっかりと準備を整えることが大切です。

(3)企業ごとの面接のコツ

くまざわ書店でのバイトには、本好きの人が多く集まります。やはり面接でも、どんな本や作家が好きか、最近売れている本についてなど、本に関する質問が多くされるようです。知識があることや本好きをアピールするためにもひと通り答えられるようにしたいものです。書店は老若男女問わず訪れます。接客をともなう仕事ですので、面接時は明るく笑顔でハキハキと話しましょう。正しい日本語も意識しましょう。事前に家族や友人にチェックしてもらうのも有効です。

(4)面接当日のやること 

面接当日は、身なりを整えることから始めましょう。髪型も寝ぐせは直し、長い髪の女性はまとめておきます。なるべく全身が映る鏡で身だしなみチェックしたいものです。もし、シャツ類にシワがあることに気づいたら、可能な限りアイロンをかけましょう。持ち物の確認もしましょう。履歴書以外に筆記用具や印鑑も用意しておくと安心です。緊張しやすい人は、面接前に水分を取って落ち着けるように水かお茶を持参することをおすすめします。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

面接当日は少し早めに面接会場に行くことが大事です、何故ならギリギリでの到着になりますとせっかく面接の際に考えていた内容や答え、質問などがまとまらない状態で面接が始まってしまうからです。指定された時間の10分前に着くのが理想です。バスの渋滞や電車の遅延など、交通事情による不測の事態が起きて遅れそうな場合、必ず電話で連絡しましょう。間に合うかどうかの時間でも、連絡しておけば慌てずにすみます。

 

 

 

くまざわ書店のバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「くまざわ書店のアルバイト面接をしようと理由は何ですか?」

「本が好きなのですが、くまざわ書店の雰囲気が気に入っていることや、ポップ広告が魅力的だからです。自宅から通いやすい点も理由です。」

面接のはじめに聞かれる志望動機です。必ず聞かれるものと思ってください。この質問は、なぜくまざわ書店でないといけないのかと置き換えられます。自分の言葉でくまざわ書店の魅力を伝えましょう。働きたいという意欲をアピールできます。

(2)「どんな本や雑誌が好きですか? 理由もあわせて教えてください。」

「ミステリー小説が好きです。意外な結末や秀逸なトリックにハマっています。」

本好きかどうかを知るための質問です。応募者の多くが聞かれる質問です。ジャンルは問いません。好きな理由がしっかり答えらえれば正解です。

(3)「接客は好きですか?」

「はい、好きです。スーパーでレジ打ちの経験があるので、対応できると思います。」

接客の仕事経験を知るための質問です。業種は問われないため、接客経験がある人は必ずアピールしましょう。特に人が集まるショッピングセンターに店舗を構えることが多いくまざわ書店には老若男女が訪れます。どのお客さんにも等しく、明るく笑顔で対応できる人が求められます。未経験でも印象が良ければ大丈夫です。

(4)「シフトにはどれくらい入れますか?」

「週3~4日です。学校が終わってから、夕方以降の時間帯が希望です。」

募集要項にある条件より多めに希望シフト日数、時間を伝えることがポイントです。お盆や年末年始の帰省など、あらかじめわかっている予定がある場合、このときに相談しましょう。

(5)「ここまでの交通手段を教えてください。」

「バスで15分です。」

通勤手段を知るための質問です。採用側としてはなるべく通勤時間の短い、近い人を優先して採用します。交通費を抑えたい、急な欠勤者が出た場合に応援を頼みやすいからです。自宅から店舗までの最短のルートで回答しましょう。

(6)「最近の流行りの作品は読みましたか?」

「はい。〇〇〇の世界観が好きで、マンガも小説も読みましたし、劇場にも行きました。かなり知識は深いと思います。」

応募者の本に関する関心を知るための質問です。売れ筋の本についてお客さんから質問されることもあります。ある程度、トレンドを把握していると採用ポイントが高くなります。

(7)「人に本をおすすめることはありますか?」

「はい。人気作家の新刊はよくチェックしていて、面白いと思った本を友人によくおすすめしています。仕事でも、自分のアイデアで売上を伸ばしたいです。」

これも応募者の本に関する関心を知るための質問です。売上を伸ばすためのレイアウトの工夫やポップ広告の作成も、まかされることもあります。仕事に対する意欲にもつながるので、人にすすめたり口コミを書いたりする人は積極的にアピールしましょう。

(8)「いつから働けますか?」

「特に予定はないので、連絡をいただいたらすぐに働けます。」

いつ勤務スタートできるかの質問です。採用活動をしている以上、店舗としてはすぐにでも勤務をしてほしいものです。事情がない限り、すぐ働けるという回答が望ましいです。現在のバイトから切り替える人は、いつまでの勤務かを伝えるようにしましょう。

(9)「あなたの長所を教えてください。」

「よく気が付くところです。接客に生かしたいです。」

応募者の性格を知るための質問です。長所、短所を聞く質問では、仕事に生かせる内容で回答するのが理想です。長所の場合、笑顔をほめられる、アイデアがよく浮かぶなどという回答でも良いでしょう。短所の場合、慎重である分ミスが少ないなど、長所に置き換えて答えると印象がよくなります。

(10)「何か質問はありますか?」

「いいえ。十分に説明いただいたので大丈夫です。」

面接の最後に聞かれる質問です。合否の連絡について、いつになるか聞いても大丈夫です。質問がなければ、丁寧にないことを伝えましょう。

くまざわ書店のバイト面接を突破する3つのポイント

・清潔感のある身だしなみで面接に臨む

・志望動機を明確にする

・本好きであること、知識をアピールする

本好きが集まる職場のため、普段から本を読んでいる、本や雑誌の知識があることは重要です。しっかりとアピールしていきましょう。準備をしっかり行っておけば、あとは身だしなみや言葉遣いに気を付けて面接に臨めば大丈夫です。