ほぼ全国にあるドラッグストアのチェーン店" />

ドラッグイレブンのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

ほぼ全国にあるドラッグストアのチェーン店で、薬や日用品を販売しています。アルバイトの場合は品出しやレジの仕事が多く、お客様と接する時間も多い仕事です。この人と一緒に働きたいと思ってもらえるように、しっかりと面接対策をして当日望みましょう。

 

 

 

ドラッグイレブンのバイト面接対策5選

(1)面接前日までの準備 

履歴書は持参しますので、当日までには完璧に仕上げるようにします。書く時は特に志望動機の欄などは枠を全て埋めるくらいしっかりと書き、他の箇所も丁寧な字で枠を埋めるようにしましょう。

当日になって着ていく服を選ぶのではなく、事前にどの服を着ていくのか失礼のない無難な私服も選び準備します。髪の毛の色が奇抜な人がいる場合、派手過ぎると接客業に向かないと思われてしまう可能性がありますので、髪の毛の色もブラウンや黒に戻しておきましょう

(2)選考方法 

面接をしてその場ですぐに働けると言われるのではなく、後日改めて連絡が来るケースがほとんどです。どのような人か見ながら、お客様に対して対応する能力があるかどうかをチェックしています。ドラッグストアでは品出しで物を出している時でもお客様と話す機会があり、コミュニケーション能力があるかないかは重要です。

さらに社会人としてのマナーがあり、話す時にもしっかりと敬語が使えるかどうかを見ています。入ってほしい時間帯にシフトに入れるかもチェックします。

(3)企業ごとの面接のコツ 

ドラッグストアには元気な人だけでなく、具合が悪く医薬品を求めてくる人もいます。ただ人と話ができコミュニケーションが取れるのはなく、相手を思いやりながら優しさを見せられるような人が求められています。ハキハキと受け応えをするのも大切ですが、癒しのような雰囲気も見られているので意識しましょう。

どんなに立派なことを面接で話しても、お客様に圧迫感を与えそうな雰囲気の方は落とされてしまう可能性がありますので、明るく柔らかい雰囲気を大切にしましょう。

(4)面接当日のやること 

当日は面接で焦ってしまわないように、前日まで考えていた聞かれそうなことをもう一度復習して言えるようにします。この面接対策を行うだけで、当日練習してきたことが自信になり話せるようになります。志望動機や長所、短所などは聞かれやすいので、何回も考えて堂々と答えられるようにしておきましょう。

そして当日は早めに自宅を出るようにして、面接会場に遅れないようするのも大切です。約束の時間に遅れてしまうと、ルーズな印象を持たれ採用したくないと思われます。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

ドラッグイレブンではシフトに積極的に入ってくれて、働きたい気持ちを強く持っているかどうかはポイントです。週に1回しか入れないと言ってしまったり、土日祝日は休みたいと言ってしまったりしてしまうと難しくなるでしょう。希望休が多いとシフトも組みづらいですし、入ってほしい時に入ってもらえない印象が強くなります。

特に大きい理由がなければほとんど入れることをアピールし、特に土日や大型連休なども入れることを伝えるとポイントも高くなります。

 

 

 

ドラッグイレブンのバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「なぜ働きたいと思ったのでしょうか?」

「以前具合が悪かったときに医薬品を購入する際、店員さんに親切にしてもらい、このように働きたいと思ったためです。」

志望動機は働く意欲の度合いを測るバロメーターです。具体的なエピソードを交えて伝えると良いイメージを持たれるでしょう。

(2)「シフトにはどのくらい入れますか?」

「週に5日を希望しますが、テスト期間は少しお休みをいただきたいです。」

特に絶対休みたい日がなければ積極性を見せましょう。テスト期間など、事情があって休みがほしいことがある場合は面接時に話しておきます。募集要項で学生歓迎やシフト相談歓迎といったワードがある店舗なら、理解が得られるはずです。

(3)「早くていつから勤務できますか?」

「明日からでも働けます。」

すぐにでも人がほしくて求人を出しているものです。せっかく面接したにも関わらず、1か月後からしか働けないというのはガッカリされてしまいます。即日から、明日からと聞くと、この人はすぐにでも働きたくてやる気があると思ってもらえます。

(4)「土日や大型連休も入れますか?」

「入れますし、積極的に働きたいです。」

特にドラッグストアではサービス業ということもあり、学生のアルバイトには休日や大型連休、お正月などにシフトに入ることを望んでいます。土日に入れる人を優先して採用することが多いため、土日で入れないという回答をすると、不採用の可能性が高くなります。せめて、土日のどちらかは入れる回答をしたいものです。

(5)「お買い物の時、普段からドラッグイレブンは利用していますか?」

「はい、品揃えもよくほしい化粧品もあるので毎回利用させてもらっています。」

お店を実際に利用してもらったことのない人よりも、いつも利用してくれていてファンの人を採用したいと思っています。少しでもお店のことを知っているほうが仕事の理解が早いためです。

(6)「月にどのくらい稼ぎたいですか?」

「月に8万円から10万円の間で稼ぎたいです。」

月に1万円でいいなどと言ってしまうと、あまり積極的に働きたい気持ちも感じられません。稼ぎたい額が大きいほど、積極的にシフトに入れる意欲が感じられるものです。今一度、バイトする目的を考えて回答を考えてみてください。

(7)「どのような交通手段で通勤する予定でしょうか?」

「家から近いので徒歩で通勤する予定です。」

自宅が近いと交通事情による遅刻の心配がない、交通費がかからないというメリットが採用側にあります。バスや電車でも、無理なく通える範囲であれば、問題されることはありません。

(8)「ラストまで入ることはできますか?」

「はい。自転車で通勤しますので、ラストまで問題ありません。」

中には23時や0時まで営業している店舗もありますので、ラストまで入れる人材は貴重です。時間に縛りがある人よりも、最後まで入れる人は優先されます。事情があってできない場合は、理由を正直に答えましょう。

(9)「これまでアルバイトの経験がありますか?」

「これまでコンビニでアルバイトが経験があり、接客や品出し、レジをしてきました。」

バイト経験があれば、ここは積極的にアピールするチャンスです。特に接客経験はポイントが高く、採用されやすくなります。もし、高校生や大学生の場合、初めてのアルバイトでも問題ありません。その場合は、働きたい意欲や努力しようとする姿勢をアピールしてください。

(10)「自分の長所は何ですか?」

「人と積極的に関わることが得意なことです。仕事でも、わからないことは自分から聞いて、どんどん身に付けていきたいです。」

長所を話す時には働く中で活かせそうなものを話すと、この人と働きたいなと印象づけられます。特に仕事では、お客さん相手に限らず、スタッフ間のコミュニケーションも欠かせないものです。自分自身のことを振り返って、長所を考えてみてみましょう。

ドラッグイレブンのバイト面接を突破する3つのポイント

・優しい雰囲気があり、コミュニケーション能力があることを印象付ける

・シフトは平日夕方や土日祝日など積極的に入れることをアピールする

・常識のある振る舞いができ、敬語も正しく使える

ドラッグイレブンのバイト面接では、シフトは特に休みの希望がなく積極的に入れる、お客様に対して雰囲気良く接客できそうな方が優先されます。面接対策を前もって行うことで、好印象を与える話し方ができるようになります。