デリフランスはヨーロッパを中心に展開する" />

デリフランスのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

デリフランスはヨーロッパを中心に展開するフレンチスタイルのブーランジェリーカフェです。淹れたてのコーヒーを味わったり、落ち着いた雰囲気で楽しむことが可能です。いろいろな種類のパンを販売していて、クロワッサンは欧州産発酵バターを使用しており、バターを折り込んで仕上げています。

幅広い世代が利用しており、特に若い女性を中心にカフェを利用している人が多いです。人気のデリフランスなので、バイトを行いたいという人は多いでしょう。デリフランスの面接対策としていくつかあり、事前にチェックしておくと当日安心して面接を受けることが可能です。

 

 

 

デリフランスのバイト面接対策5選

(1)面接前日までの準備

面接前日までの準備として、面接当日までに店舗への経路を確認することが必要です。面接の日には何が起きるかは分かりません。不慮の事故があったり道に迷ったりすると遅刻してしまう可能性があるでしょう。アルバイト面接において遅刻は厳しくチェックされるので、遅刻するとそれだけ印象が悪くなって面接には不利になってしまうので注意が必要です。

当日まで道を確認しておき、当日は余裕を持って行動することが求められます。最悪遅れてしまった場合、遅刻してしまうと思った時点で店へ連絡しましょう。

(2)選考方法

選考方法について、一般的に1対1の店長と面接することになります。副店長が面接する場合もありますが、聞かれることはよく似ています。当日行ってみると、他にもアルバイトを希望している人と出会うかもしれないので、緊張せずに挑むことが大切です。

(3)企業ごとの面接のコツ

企業ごとの面接のコツについて、デリフランスは飲食店になるのでまずは清潔感を心がけましょう。特に身だしなみや清潔感などに気を付けなくてはいけません。

デリフランスとしても、スタッフの清潔感を気にしており、一人のクライアントから悪い印象を持たれるとショップ全体のイメージダウンにも繋がるかもしれません。髪の毛はきれいにセットしておき、男性ならヒゲを剃っておききれいめな服装がおすすめです。

(4)面接当日のやること 

面接当日のやることは、時間に余裕を持って行動することです。予定時間の10分ぐらい前には到着できるように、早めに家から出ておきます。途中何があるか分からないので、連絡先を把握しておくと安心です。

 (5)重要だと考えられるポイント

履歴書を持参する場合、丁寧に書きましょう。乱雑な字だと人まで乱雑な印象を与えるかもしれません。丁寧に書かれた履歴書はやる気が伝わったり、書き手が誠実に見えるようになります。履歴書は本人を判断する大切な資料になるので丁寧に仕上げることが求められます。

 

 

 

デリフランスのバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「いつから働くことができますか?」

「来週月曜日から働くことができます。」

デリフランスでは新しく人を雇う場合、いろいろなことを先輩から教えてられます。いつから行うのか調整するため、いつから働けるかヒアリングすることが多いです。最小限の人数で店舗を回しているので、店に余裕がある日からスタートしてほしいと言われることもあります。日程については柔軟な姿勢が喜ばれます

(2)「なぜデリフランスで働こうと思いましたか?」

「デリフランスが好きで利用しており、カフェでの食事補助も魅力的です。」

このような質問は熱意を測るため聞いてくることがあり、シフト都合で採用するか迷う人に関して面接での印象によって合否を決めることがあります。正直に答えて問題はありません。熱意が伝わる理由を選択して伝えると良いでしょう。

(3)「シフトはどのように入れますか?」

「月曜日と水曜日の昼間に入りたいですが、柔軟に対応することができます。」

ショップは人件費を抑えるため最小限の人数で回しており、そのためシフトを調整している店が多いです。シフトの穴を埋める人材が欲しいので、よくシフトを聞いてきます。普通に答えて問題ありませんが、柔軟に対応できるとアピールすると良いでしょう。

(4)「テスト期間や帰省で働けない期間はありますか?」

「テスト期間は一週間休みをもらいたいですが、お正月は大丈夫です。」

シフトと同様、店は穴を埋めるため面接をしています。無理のない範囲なら、シフトは安定するほうが面接には受かりやすいでしょう。正直に答えてても問題ありません。

(5)「この業界でのバイト経験はありますか?」

「未経験ですが、採用されたら頑張ります。」

未経験でも採用されることは多く、店舗としては応募者の経験があるかを把握するため、経験の有無を聞いてきます。経験がなくても不利にはなりません。熱意を合わせて伝えると印象は良くなります。

(6)「どのあたりに住んでいますか?」

「この店の近くの駅の周辺に住んでいます。」

店舗側はいくら交通費がかかるか知るために聞いてくるので、正直に答えましょう。

(7)「面接に受かった場合、かけもちしますか?」

「かけもちする予定はなく、デリフランスだけです。」

なかには副業やかけもちしている人がいるので、かけもちしているかヒアリングすることが多いです。素直に話しても大丈夫で、店舗が求めるシフトと合致すればかけもちが原因で面接を落とされることはありません。

(8)「お給料はどれぐらいを希望しますか?」

「〇〇円ぐらいを希望しますが、休日をきちんと確保したいです。」

事前にいくらぐらいか提示してくれます。場合によって研修期間は何円で、正式採用から何円になるということもあるでしょう。給料よりもシフトのほうを優先したいなら、その旨伝えておくと良いです。

(9)「キッチンのヘルプは行けますか?」

「基本的にカフェを希望しますが、キッチンにも対応することが可能です。」

場合によってはカフェだけではなく、キッチン担当になるケースもあるでしょう。そのような場合にも柔軟に対応できることをアピールしておくと、印象が良くなります。

(10)「アルバイト代は何に使いますか?」

「生活費として使ったり、貯金に回します。」

アルバイト代をどう使うかはその人の自由ですが、使い道によって働き手のモチベーションは左右されます。性格にもよりますが余裕がある中で働く人より、生活に繋がっている人の方が長く勤務する人は多いです。店としては長く働いてくれるスタッフを雇いたいので、バイト代の使い道などを聞いてくることもあります。基本的に正直に話すことが大切で、明るくハキハキと発言しましょう。

デリフランスのバイト面接を突破する3つのポイント

・シフトに融通が利くとアピールする

・身だしなみは非常に大切

・熱意と誠実さを伝える

学生が多く働いているので、働きやすい環境です。面接に受かりたいなら、誠実で熱意をもった人柄であるとアピールすることが大事です。カフェ業界が初めての人におすすめのショップで、おいしいにおいの中で働くことができます。