シカゴピザは、株式会社シカゴピザが運営を" />

シカゴピザのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

シカゴピザは、株式会社シカゴピザが運営を行っている宅配ピザチェーンです。「美味しい商品を出来立ての味で届ける」、このようなポリシーを持つと同時に様々な食のニーズに合わせて美味しさ追従した商品を提供し続けているのが特徴です。

宅配ピザは注文を受けてから30分以内に届けるといったスローガンを掲げているところが多くありますが、こちらのお店では10分単位にお届け時間を選択できる、注文する際に商品をショッピングカートに入れた後、タイムオーダーにチェックをすると10分ごとに届けて貰える時間を設定できるようになっています。これも美味しい商品を出来立ての味で届けたいといったポリシーの下で作り出されたサービスといえましょう。

 

 

 

シカゴピザのバイト面接対策5選

(1)面接前日までの準備 

シカゴピザのアルバイト募集に応募する場合には、直接お店に電話を入れて現在も募集しているのか確認しておきましょう。仮に、直近で得た情報でも既に応募を締め切っていることもあるので注意が必要です。電話を入れて面接に日時を決めるときには当日何を持参すべきか確認することも忘れないようにします。

基本的には履歴書があれば良いのですがデリバリースタッフやホールスタッフは、接客の経験を持つ人など職務経歴書にそれをしっかり書き込んでアピールすることも面接対策に有効です。面接前日までの準備は、履歴書および職務経歴書の作成といった流れになりますが、履歴書に貼る写真はスピード写真よりも写真屋さんで撮影したものがおすすめです。撮影するときにはあまりラフな服装ではなくカジュアルなものを選ぶと良いでしょう。また、この服装は面接当日にも利用できるものを選んでおけば面接通過率も高くなります。

なお、お店の場所を知っている場合を除き、初めて行く場所などの場合はその道順を確認しておくことも大切です。直接歩いて行く方法もありますが、グーグルマップなどを使えば徒歩でどのくらいかかるのかわかりますので調べておくと安心です。

(2)選考方法 

基本的には、応募する店舗の店長と1対1で面接を行うことになるでしょう。履歴書をもとにした質問を受けることも考えられますので、それぞれの退職理由など、聞かれたことに対し円滑に答えられるように準備しましょう。

(3)企業ごとの面接のコツ 

宅配ピザ店全般に言えることですが、注文を受けてからいかに早く正確に商品を届けることができるかがこうしたお店では重要です。仕事の速さ、正確さなどをアピールして自分を売り込むことができると良いです。

 (4)面接当日のやること

面接当日は、余裕を持ち出掛けることや早めに起きてリラックスできるよう心がけます。そのため、前の日はなるべく早めに寝て早起きする気持ちでいることが大切です。デリバリースタッフの応募の場合は、運転免許証の提示を求められることもありますので履歴書・職務経歴書・運転免許証といった必要書類をバッグに入れてあるのか再確認すると安心です。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

シカゴピザでアルバイトをして稼ぎたいなどと考える人も多いかと思われますが、デリバリースタッフの場合は応募条件にバイク免許などが明記してあります。従来50㏄のオートバイは自動車の普通免許証を持っていることで運転はできましたが、現在では50㏄でもある原付免許が必要です。

デリバリースタッフではなくホールスタッフなどの場合は免許が要りませんので、免許をお持ちではない人はホールスタッフの求人があるのか、確認されることをおすすめします。

 

 

 

シカゴピザのバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「こちらのお店への志望動機をお聞かせください。」

「最初は、飲食店や居酒屋なども考えたのですが、ピザ店といったところに珍しさを感じたことや時給が良くシフトにも入りやすいと思い選びました。急募していることもあり、採用されやすいのではないかと感じたのも志望動機の一つです。」

シカゴピザは、ホールでは電話での受付を行ったりお店にピザを受け取りに来たお客さんの対応を行う、デリバリースタッフはお客さんのご自宅などに出向いてピザを届けるお仕事などからも、接客が好きな人はアルバイトの面接で有利です。

(2)「バイクの免許はお持ちですか。」

「はい、普段も原付バイクに乗り駅まで行きます。免許取得から2年が経過していますが、無事故無違反が自慢です」

ホールスタッフの場合は特別免許がなくても良いのですが、デリバリースタッフが不足している場合は配達業務を任されることもあります。そのため、運転免許を持っている方が選考に対して有利といえましょう。

(3)「今まで接客のお仕事をされたことはありますか。」

「はい、過去に飲食店でアルバイトをしていたこともあり、その時の経験が活かせると思っています。」

お客さんに美味しく楽しんで貰う、これは飲食店すべてに共通するもので宅配ピザにおいても同じです。美味しく楽しんで貰うためには料理の味だけでなく、お店や商品を届けるスタッフの笑顔も大切です。

(4)「前職を辞めた理由はどのようなことですか。」

「前の仕事もバイクの免許を活かせるものでしたが、スタッフ削減により辞めることになりました。こちらのお店ではバイク通勤も可能とのことでしたので、こちらで働きたいと感じています。」

自己都合でない場合の理由は隠す必要がありませんし、理由を述べた後に辞めたくなかったけれども、こちらのお店であれば同じような感覚で働くことができるといった願望を伝えておくのも面接対策に有利になります。

(5)「週にどれくらいシフトに入ることができますか。」

「日中は専門学校に通っていますが、学校が終わってから毎日来ることができます。時間帯としては夕方からシフトに入れます。」

(6)「土日や祝日なども来ていただけますか。」

「はい、土日や祝日でも働くことができますし、試験前でなければ日中からでも構いません。」

(7)「クリスマス前夜と当日シフトに入れますか?」

「近くにならないとわかりませんが、必要ならシフトに入れるよう予定を組みます。」

シカゴピザに限ったことではありませんが、毎年12月24日と25日はピザの宅配業界は大人気で、全員がシフトに入るほどの忙しさです。そのため、面接のときにこのような質問が必ずといって良いほど行われますので事前に適切な回答ができるようにするのも面接対策に欠かせません。

(8)「店舗周辺の道に詳しいですか。」

「はい、周辺はいつも利用するお店が多くあるので狭い道なども良くわかります。」

デリバリースタッフの場合、いろいろな場所に商品を届ける必要があるため道路事情に詳しい人は即戦力になりやすいです。また、あまりよくわからない場所でも面接までに道路事情を調べておくのもおすすめです。

(9)「いつから働くことができますか、いつまで働いてくれますか。」

「すぐに働くことができますが、期間については具体的には考えていません。」

急募の場合は1日も早く来て欲しい、ある程度できるまでには教育も必要となるため長く働いて欲しいのが実情です。

(10)「オーダー数が多きときなど何度もお客様のご自宅とお店を往復しますが大丈夫ですか。」

「はい、常に体を動かすことが好きで運動を日ごろから行っているため体力には自信があります。」

バイクを使って配達となりますが、お客様のご自宅が高層マンションなどもあり、体力を使う仕事です。体力に自信があることをアピールするのがおすすめです。

シカゴピザのバイト面接を突破する3つのポイント

・ホールスタッフの場合もデリバリーが多忙な時など配達ができると有利、バイクの免許があると合格率もアップ

・土日や祝日などの多忙なときシフトに入れる人は有利

・道路事情に詳しい人はデリバリースタッフの即戦力として働けることをアピール

1986年にピザ宅配事業としてスタートしたシカゴピザのアルバイトに応募、3つのポイントを理解して面接対策を行っておけば採用率もアップします。