目次 1 ジュンク堂書店のバイトはきつい" />

「ジュンク堂書店」バイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

ジュンク堂書店のバイトはきついの?

ジュンク堂書店のバイトは、本の陳列・発注・接客・店内清掃・在庫管理などが主な仕事内容です。子どもから高齢者、外国人まで幅広いお客様が来店され、お客様対応も行います。また、重い本を運ぶことも多々あり、ある程度体力も必要です。ここからは、ジュンク堂書店のバイトを始める前に解消しておきたい疑問をご紹介していきます。

 

 

 

ここがきつそう!ジュンク堂書店のバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

「ジュンク堂書店」バイトの人間関係は?

人間関係や職場の雰囲気は悪いということではないようです。書店でのお仕事なので基本的に黙々と作業することが多く、和気あいあいと業務をこなす雰囲気はありません。しかし、仲が悪いということでもなく「社交的なタイプは少ないけど、好きな漫画やアニメの話で話すようになった」「休憩中にずっと本を読んでいる人もおり、無理にコミュニケーションをとる必要もない」という声がありました。

中には、「休日になったら職場の人と遊びに行く人もいた」「職場の雰囲気はよくなかった」等の声もあるので、店舗によって人間関係は異なるようです。気になる人は、応募する前に店舗へ出向き職場の雰囲気などを確認するのもひとつの手です。

「ジュンク堂書店」バイトで覚えることは多いの?

比較的覚えることは多いようです。業務内容は、本の陳列・発注・接客・店内清掃・在庫管理など様々な業務があります。特に大きな書店では「棚の場所を覚えるのが大変だった」という声もあるので、店舗によっては覚えることが増えることもあるようです。

しかし、「覚えることが多く右往左往していたが、ある程度続けると出来ることが増えて達成感がある」という声もあり、焦らずに丁寧にこなしていくことで、徐々に慣れていくことも可能なようです。覚えることが苦手な人は、指導があった時にメモを取り、業務外でも復習や同僚がいればロールプレイングするなど対策を練りましょう。

「ジュンク堂書店」バイトで求められるレベルはどれくらい?

求められるレベルは多少高いでしょう。接客の業務ではお客様から本について聞かれることもあり、ある程度の知識は必要になります。「有名な書籍ならすぐに調べられるが、専門外だとお客様を待たせてしまうことがしばしばあった」という声もあり、専門外のことを聞かれる可能性もあります。

しかし、担当する部門を最初のうちに割り振られるので最初はその部門に集中しましょう。

「ジュンク堂書店」バイトでは力仕事はあるの?

力仕事は比較的多くあるようです。重ねられた本は重量があり、本の補充などで体力を使うようです。「基本的に本は重く、重労働多めだと覚悟しよう」という声もあるので、本を運んだり移動させたりする作業も多いようです。

また、腰痛や肩こりになりやすいようなので、本の持ち方や姿勢、サポーターを着けるなどの対策も大切です。

「ジュンク堂書店」バイトはどれくらい忙しい?

基本的に暇な時間帯はないようです。「繁忙期は4月と年末年始で、閑散期は特にない」という声があるほど、1年を通しても暇だから楽という期間はないようです。

繁忙期になるとレジやお客様対応に追われるので、事前に先輩などに例年の様子を聞いてみたり、通常よりも忙しいのは不安という人は、少しお休みを多くしてもらうのもひとつの手でしょう。

「ジュンク堂書店」バイトの時給は仕事に見合っているの?

見合っているという声は少ないようです。「時給が低く、昇給もなし、肉体的にもきついので見合っていないと思う」という声がありました。

しかし、時給に関しては調べたところ都心では1,000円以上の所も多く、そこまで低いということもないようです。働く地域などによって時給は異なるので、事前に応募要項を確認しましょう。

「ジュンク堂書店」バイトではシフトの自由は利くの?

比較的シフトは自由に決められるようです。ジュンク堂書店の多くは自己申告制で、自分のスケジュールを尊重しながら働くことが出来ます。「比較的休みはとりやすく、変更も聞いてくれる」という声もありました。

急な休みに関しては、「人手不足の関係で休みにくいが、風邪や天候などのちゃんとしたり理由なら休める」「当日欠勤の人もいた」など、融通も比較的利きやすいようです。とはいえ、急な休みは従業員の迷惑になってしまう可能性があるので、体調管理をしっかりと行い、台風など事前にわかる天候不良は休みを取っておくなど対策を事前にしましょう。

「ジュンク堂書店」バイトは本に詳しくないと出来ないの?

専門知識がなくても働くことは可能です。確かに専門知識がある人は働きやすいようですが、本が好きであれば楽しく働くことは可能なようです

「今までは興味がない分野も働いているうちに詳しくなった」という声があるように、知識は働きながらついてくるようなので、働く動機として「本が好き」「本への熱い思いがある」という純粋な気持ちだけでも問題ないという声が多くありました。

「ジュンク堂書店」バイトはWワークでも働ける?

掛け持ちも可能な書店が多いようです。自己申告制なので自分のスケジュールを尊重しながら調整が可能なため、「Wワーク可で、実際に掛け持ちしている」という声もありました。

ただ、店舗によっては条件が異なる場合もあるので、事前に応募要項を確認するか、お店へ問い合わせてみるほうがいいでしょう。

「ジュンク堂書店」バイトは身だしなみに厳しい?

接客を行うため、ある程度は身だしなみには注意を払わなくてはいけません。派手な髪型や髪色、派手な装飾品、ネイルは原則禁止されており、男性は長髪やひげが禁止になっているようです。

「女性は要メイクだったが、すっぴんでも問題なかった」という声もあり、書店によって多少規定は異なることもあるようです。気になる人は事前に書店従業員の身だしなみなども確認してみるといいでしょう。

 

 

 

ジュンク堂書店のバイトはこんな人におすすめ 

ポイント① 本が好きな人

専門知識がなくても本が好きな人はおすすめです。配属先が自分の好きなジャンルであるとは限らないため、本自体が好きでないと覚えるまでにその部門でやっていけるのか難しく感じることもあるようです。どんな部門であっても前向きにとらえ、配属先の知識をどんどん吸収していきましょう。

ポイント② 体力に自信がある人

積まれている本を運んだり陳列する作業は体力を要すので、体力に自信がある方はおすすめです。しかし、体力面に自信を持っていても腰痛や肩こりなど起こりやすい作業が多いので創意工夫をしながら業務を行う必要があります。

ポイント③ 接客が好きな人

お客様に専門外の本について質問されることも多々あるようなので、「わからないから適当にあしらおう」ではなく「お客様のために何をしたらいいのか」考えられる人におすすめです。

接客業の基礎的な接客マナーなどもとても大切ですが、その根本にあるお客様のために動ける心があるとより信頼関係が築きやすく、書店の評判にも繋がってきます。人のために何かしたいと考えている方は、その長所を存分に接客で活かすことも可能です。



ジュンク堂書店のバイトは、体力面や覚えることの多さなど大変な思いをすることは多いようですが、働いているうちに徐々に覚え、新しい知識も身に付きます。始めのうちは焦らず、分からない事を先輩などに聞きながらメモを取るなど工夫が必要です。好きな本に囲まれて仕事が出来るので、特に本が好きな人にとっては魅力的な仕事です。