元々漫画喫茶が好きな方や接客業に携わりた" />

メディアカフェポパイのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

元々漫画喫茶が好きな方や接客業に携わりたいと考えている方の中にはメディアカフェポパイで働きたいと思っている方もいるでしょう。どのような人を求めていて面接突破しやすいのか、面接までに何を準備したら良いのかなどを紹介していきます。

 

 

 

メディアカフェポパイ面接対策5選 

(1)面接前日までの準備

どんなお店なのか知っておき、質問されたら答えられるようにしておきましょう。メディアカフェポパイに行ける人は、まずお客様としてどんな場所か感じてから面接を受けると良いでしょう。

お店によっては漫画だけでなく、オンラインゲームや日焼けマシーンなどがある店舗もありますので、どのような特徴のある店舗なのか知っておくと好印象です。履歴書に関しては不要な店舗も多いのですが、万が一持ってきてほしいと言われたら前日まで準備しておきましょう。

(2)選考方法

メディアカフェポパイでは書類選考のみということはなく、必ず面接を行ってどんな人物かを見てから合否が出ます。主に接客業となりますので、お客様とコミュニケーションが取れるような人物かどうかは見られているのです。

居酒屋とは違いそこまで大きな声を出すシーンはないので、逆に元々の声が大きいと向いていないと思われてしまうので気を付けましょう。声が大きすぎず、かつお客様にわかりやすい話し方ができそうな人かを見ています。サービス業でもありますので、土日祝日出勤できるかはチェックしています。

(3)企業ごとの面接のコツ

メディアカフェポパイの仕事はサービス業なうえ、24時間365日オープンしていますので、できる限りシフトに入れる人を求めています。予定も多くシフトの融通が利かなさそうな人は、どんなに雰囲気が良い人だと思われても難しいです。

24時間営業の場合、夜勤では特に人がいなくて困っている場合もありますので、夜も入れるか聞かれたときに入れるとアピールできればなお好印象を持ってもらえるでしょう。土日はもちろんですが、ゴールデンウィークやお正月などの長期休みもシフトに入れるとアピールしましょう。

(4)面接当日のやること

面接ではさまざまな質問を受けることになるのですが、このときに変な矛盾がないようにしておきましょう。シフトに入れるような話をしておきながら、別の質問をされたときにそんなに入れないような話をしてしまうなど、矛盾があると変だと思われます。

ある程度聞かれることは決まっていますので、即答できるように面接前に1回質問に対しどのように答えるのか頭の中で考えておくのも大切です。スーツを着る必要はないのですが、派手な格好などはやめましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

真面目さがあるかどうかは重要ですし、24時間営業をしていて誰かが抜けてしまうと大変なので責任感があるかどうかも見られます。お客様の受付やお会計、何かわからない点があったときの質問などに乗ることになりますので、その点でもコミュニケーション能力がある雰囲気を見せることは大切です。

苦手な雰囲気を出してしまうと、お店に合わない人材と思われてしまい落ちる可能性があります。また、身だしなみにも気を付けてください。清潔感のある格好をすることも意識しましょう。 

 

 

 

メディアカフェポパイのバイト面接でよく聞かれる質問10選 

(1)「なぜ働きたいと思ったのか志望動機を教えてください。」

「大好きな漫画本がある環境の中で、人と関わる仕事がしたいと思ったからです。」

漠然とした志望動機よりも、なんで働きたいと思ったのかメディアカフェポパイならではの理由も一緒に入れるようにしましょう。漫画本も多数ありますので、メディアカフェポパイならではの理由に結び付きます。

(2)「週に何回アルバイトに入ることができますか?」

「週に5回から6回は入れます。テスト期間や予定がないときはいつでも入ることができます。」

やる気を見せるには、ほとんどシフトに入れるという姿勢を見せることです。週に1回や1ヵ月に数回しか入れない雰囲気を出してしまうと採用される可能性が低くなってしまいます。ただ、入れないのに嘘をついて入れると言ってしまうと店舗に迷惑をかけてしまうので、注意しましょう。

(3)「今までアルバイトの経験はありますか?」

「これまでアルバイトをしたことがなく初めてです。」

もし接客業をしたことがあれば即戦力になると感じられることもありますが、高校生や大学生の場合、初めてのアルバイトの可能性もあるということは理解しています。初めてだと言ったからといって落とされることはありませんので正直に伝えましょう。また、初めてだと言ったうえで、新しい仕事も積極的に取り組んでいくという姿勢を見せるのも好印象です。

(4)「あなたの長所はこの仕事に活かせますか?」

「私の長所は人とのコミュニケーションを取ることなので、仕事でお客様の接客時に丁寧で自然にでき活かせます。」

仕事に関係のない長所を聞いてしまうよりも、ダイレクトに役立つものを聞きたいと思っている場合も多いです。メディアカフェポパイの仕事につながりそうなものを話すと好印象でしょう。

(5)「採用になって働く際どんなことを頑張りたいでしょうか?」

「初めて入会される方や常連のお客様にも、心地良い接客だと感じてもらえるように聞き取りやすい声で説明をし、お客様が話しかけやすい雰囲気作りができるよう頑張りたいです。」

具体的にどのようなことを頑張りたいのか、面接官が働いている姿を想像できるように答えましょう。

(6)「土日や年末年始などの大型連休の出勤も可能でしょうか?」

「土日だけでなく、ゴールデンウィークや年末年始も出勤できます。」

この質問で、もしお正月やゴールデンウィークは実家に帰省するなどと言ってしまうと、この人は休日に休み希望を出す予定の人だと思われて採用になりません。特にサービス業では平日よりも休日が稼ぎ時ですので、出られると答えたほうが採用される可能性が高まります

(7)「前のアルバイトはなんで辞めようと思ったのでしょうか。」

「受験を控え忙しくなってしまい、シフトに入れなかったためです。」

正当な答えがあれば、前のアルバイトを辞めた理由を聞いて悪い印象は持ちません。もし本当は店長と喧嘩してクビになった、嫌な人がいて耐えられなかったなどといったネガティブな内容だと悪印象しか与えませんので答えないようにしましょう。

(8)「あなたの長所と短所を教えてください。」

「私は少し嫌なことや挫折することがあっても立ち直りが早くすぐに諦めないところが長所で、ゆっくりと待てない短気なところが短所です。」

ここではメディアカフェポパイで使えそうな長所を伝え、短所はこの仕事に合わないのではないかと思われるようなものは避けるようにしましょう。

(9)「人が足りないときに夜勤もお願いできますか?」

「次の日に予定がないときには夜勤も可能です。」

24時間営業なので人員が辞めたり休みになったりと、夜勤の人数が足りなくなったときに声掛けられる人がいたら助かると思っています。何か事情があって夜勤には入れないというわけではなければ、入れると伝えたほうが好印象です。

(10)「交通手段は何で来ますか?」

「電車を使ってきます。所要時間は10分程度です。」

この交通手段について交通費を支払う関係やすぐにお店まで来ることができる距離なのかを知るために聞いています。メディアカフェポパイは駅前近くに店舗がある場合が多く、電車やバスで通うという回答は問題ないです。

 メディアカフェポパイのバイトの面接を突破する3つのポイント 

ポイント

・土日祝日、大型連休などはシフトに問題なく入れることをアピール

・働いてもすぐに辞めそうな人は採用されないので、続けて卒業近くまで働くと伝えるのも大切

・シフトに入れる時間帯は限定的ではないようにする

面接を突破する方はシフトに融通が利き、今ほしいと思っている時間帯にマッチするかどうかが大切です。コミュニケーション能力や土日祝日、大型連休も出勤できるかどうか、長く続けてくれる人材もしっかりと見ています。