宅配ピザでありながら本格的な味が楽しめる" />

ナポリの窯のバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

宅配ピザでありながら本格的な味が楽しめるということで人気のナポリの窯はアルバイト先としても人気があります。ここでは、ナポリの窯のアルバイトに興味を持っている人に対して面接に受かるためのポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

ナポリの窯面接対策5選

(1)面接前日までの準備

面接を受ける際は当日になってから慌てることのないように、前日から十分に準備しておきましょう。履歴書を持参する場合は記入内容に間違いがないか確認し、折れないようにクリアファイルに入れて持ち運ぶようにします。

ルートや時刻表についても前日のうちにチェックしておくようにしましょう。遅刻してしまうと印象が悪くなってしまいますし、ギリギリの到着では心の余裕がなくて面接で自分の力を十分に発揮することができなくなってしまいます。

(2)選考方法

ナポリの窯のアルバイト面接は基本的に店長やマネージャーと一対一の形式で行われます。時間的にはそれほど長いものではなく、いくつか質問に対して答えるという形で進み、短時間で終了です。

食べ物を扱う仕事なので、服装や髪型もチェックされます。派手な服装や髪型は避けるようにし、清潔な印象を与えるような服装・身だしなみを心がけると良いでしょう。合否はその場で伝えられることもありますが、通常は後日電話での連絡となります。

(3)企業ごとの面接のコツ

ナポリの窯の採用で最も重視されるのは「どのくらいシフトに入ることができるのか」ということです。平日の昼間はそれほど忙しくありませんが、夜間や週末は非常に忙しいので、夜間や土日にシフトに入れる人は採用されやすくなります。

また、クリスマスや年末年始などは一番の書き入れ時となるので、この時期に休まず働くことができるとアピールすることができれば、よほどのことがない限り採用されるでしょう。

(4)面接当日のやること

面接当日の朝はもう一度忘れ物がないか持ち物をチェックしましょう。シャツやズボンにアイロンをかけてシワを伸ばしておくと清潔感をアピールできます。面接会場には5分前には到着するようにすると、余裕を持って面接に臨むことができるでしょう。

面接が始まったら相手の目を見て明るい表情で受け答えするようにします。緊張すると早口になりがちなので、ゆっくり大きな声でハキハキとしゃべるように心がけましょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

ピザの宅配という仕事柄、お客様と接する機会も多いので、しっかりとした挨拶ができるかどうかは面接での非常に重要なポイントになります。部屋に入るときは「失礼します」、面接を受けるときは「よろしくお願いいします」、退室時には「ありがとうございました」と元気良く挨拶するようにしましょう。

それだけでも好印象を与えることができるので、採用につながることもあります。また、宅配ですので、デリバリー業務では免許が必要になり、質問されることもあります。バイクの運転免許、運転経験があるかどうかも答えられるようにしましょう。

ナポリの窯のバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「ナポリの窯で働こうと思った理由はなんですか?」

「以前から利用していて愛着があり、アルバイトの態度もほかのお店に比べて良いからです。」

これは志望動機を問う質問で、必ず聞かれると言っても過言ではないので、あらかじめ答えを考えておくと良いでしょう。回答するときのポイントはほかのチェーン店などと比べてナポリの窯ならではの特徴や良さを説明することです。

(2)「インストアとデリバリーのどちらを希望しますか?」

「料理に興味があるので、ピザ作りを学ぶことができるインストアでの仕事を希望します。」

ナポリの窯にはピザ作りや接客にあたるインストア業務と、ピザを配達するデリバリー業務があります。どちらの仕事を希望するのか事前にしっかりと考えておきましょう

(3)「バイクの運転の経験はありますか?」

「はい、大学への通学で毎日バイクに乗っています。」

デリバリー業務を希望する場合は、バイクでピザの配達をすることになります。運転免許を所持していることはもちろん、事故を防ぐという意味ではバイクに乗りなれていることも重要なポイントになります。日常的にバイクに乗っているならばアピールすると良いでしょう。

(4)「いつから働くことができますか?」

「来週の月曜日から働けます。」

お店によっては、これまで働いていたアルバイトが辞めてしまってすぐにでも人員を補充しなければならないケースもあります。このとき、できるだけ早い時期から働けることを伝えれば採用される可能性は高くなります。勤務開始時期を聞かれたらできる限り早い日にちを伝えるようにしましょう。

(5)「どのくらいの期間働くことができますか?」

「就職活動が始まるまで2年間は働くことができます。」

どのくらいの期間アルバイトを続ける意志や気持ちがあるのかを確認する質問です。企業としては一度採用した人はできるだけ長く働き続けてほしいと考えているので、長期間にわたって働くことができる人ほど採用されやすくなります。

(6)「週に何日、1日に何時間働けますか?」

「週に4日、18時~23時まで働くことができます。」

シフトに関する質問です。企業としてはなるべく少ない人数でシフトを埋めたいと考えているので、シフトに入れる時間が長い人ほど採用では有利になる傾向があります。また、平日よりも土日のほうが忙しいので、土日に働ける人は積極的にアピールしましょう。

(7)「クリスマスや年末年始は働けますか?」

「クリスマスと年末は大丈夫です。年始は入れません。」

これもシフトに関する質問です。クリスマスや年末年始はナポリの窯にとって最も忙しい時期なので、その時期に一斉に休みを取られてしまうとお店が回らなくなってしまいます。クリスマスや年末年始にシフトに入れる人は大きなアピールポイントになります。

(8)「通勤方法や通勤時間を教えてください」

「自宅からはバイクで10分ほどです。大学から通う場合は電車で25分ほどです。」

通勤方法や通勤時間を聞かれたときは、できるだけ具体的に答えるようにしましょう。場合によってはシフトの入れ方を考慮してもらえることがあります。ナポリの窯は交通費を支給してくれるので、交通費がどのくらいになるかということも合わせて見ています。

(9)「月にどのくらい稼ぎたいですか?」

「最低で6万円、できれば8万円くらいの収入を希望しています。」

この質問はシフトの入れ方を決めるうえで重要になるので、希望をしっかりと伝えるようにしましょう。そうでないと、思っていたよりもシフトを入れてもらえずに必要な金額を稼ぐことができなくなってしまうこともあります。

(10)「最後に何か質問はありますか?」

「髪の毛の色やピアスはどの程度まで許されますか?」

「給料を日払いで支給してもらうことは可能ですか?」

これは逆質問と言われるもので、何かわからないことがあれば積極的に質問しましょう。理解しないまま働き始めてしまうと、後々「こんなはずではなかったのに……」と後悔してしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

ナポリの窯バイトの面接を突破する3つのポイント

ポイント

・土日やクリスマスのシフトインなど、シフトに柔軟に対応できることをアピールする

・清潔感のある身だしなみやハキハキとした受け答えで良い印象を与え、一緒に働きたいと思ってもらう

・ナポリの窯で働きたいという熱い思いを担当者に伝える

ナポリの窯は比較的時給が高く、1週間単位でシフトを柔軟に変更することができるので学生やフリーターの間では人気のアルバイトです。クリスマスや年末年始はさらに時給がアップするので、ガッツリ稼ぎたいという人にはオススメのアルバイトと言えるでしょう。