関東地方を中心に数多くの店舗を展開するパ" />

パセラのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

関東地方を中心に数多くの店舗を展開するパセラは南国リゾート風の癒やしをコンセプトにしたカラオケチェーン店です。アニメやゲームなどとのコラボ企画も多く開催しているので、利用したことのある人も多いでしょう。今回はパセラのバイト面接対策について解説していきます。

 

 

 

 

パセラ面接対策5選

(1)面接前日までの準備

・持ち物の確認

・面接会場の確認

・想定される質問に対する回答の準備

面接当日になってから慌てないためにも、前日までに筆記用具やメモ、履歴書などの持ち物は準備してください。また前日には当日着ていく服装を用意しましょう。

履歴書については記入漏れなどのチェックしておくと安心です。面接では遅刻は厳禁です。会場までのルートや電車・バスの時刻表も確認しましょう。面接が苦手という人は、質問されそうなことを想定して、その答えを考えておくと心に余裕が生まれます。

(2)選考方法

パセラのアルバイト募集は公式サイトやアルバイト情報サイトを通じて応募するのが一般的ですが、人手が足りない店舗では貼り紙で募集しているところもあります。興味のある人はそちらの方もチェックしてみると良いでしょう。

アルバイトに応募すると折り返し電話連絡が来るので面接のスケジュール調整を行い、都合の良い日を選んで面接に臨むことになります。面接は店長との一対一の形で行われ、採用の場合は数日後に電話で連絡が来ます。

(3)企業ごとの面接のコツ

パセラでは受付や配膳などの接客業務が主な仕事内容となるので、明るく元気にコミュニケーションを取れる人、社会人としての最低限のマナーを心得ている人が求められます。面接を受ける際には店長さんや社員さんにしっかり挨拶をする、相手の目を見て話を聞く、明るくハキハキと話す、といった基本的なことを心がけると良い印象を与えることができるでしょう。

また、柔軟なシフト対応が可能であることもアピールポイントになります。休日はもちろんのこと、週末や祝前日の夜は混むことが予想されますので、その時間帯に入れる人材は重宝されるでしょう。

(4)面接当日のやること

家を出る際には身だしなみをチェックしましょう。面接当日は面接会場に5~10分前に入るようにします。「早いほうが良いだろう」と30分前や1時間前に入ってしまうと、かえってお店側の迷惑になってしまいます。

早めに到着したときは近くのコンビニやカフェなどに入って履歴書に記入漏れがないかチェックすることや面接のイメージトレーニングなどをして時間を潰しましょう。電車の遅れや体調不良などで時間までに面接に行けなくなってしまったときは、必ず電話で連絡をしましょう。ドタキャンは絶対にNGです。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

接客業のアルバイトでは身だしなみも選考の重要なポイントになります。第一印象を良いものとするためにも、清潔感のある服装や髪型を意識して面接に臨むようにしましょう。

基本的に面接時の服装は自由ですが、だらしない服装や肌の露出の多い服装など、相手を不快にさせてしまうようなものはNGです。また、ボサボサの髪の毛や派手な化粧・ネイル、過剰なアクセサリーの着用なども避けるべきです。

パセラのバイト面接でよく聞かれる質問10選

(1)「なぜ、このアルバイトに応募しようと思ったのですか?」

「元々接客業に興味があったのと、ほかのお店と比べて店内やスタッフさんの雰囲気が良かったからです。」

志望動機を問う質問は必ずと言って良いほど聞かれます。パセラのアルバイトに興味を持った理由をあらかじめ考えておいたほうが良いでしょう。理由は仕事の内容や雰囲気などが良く、ほかと比較すると好印象を持たれる可能性が高いです。

(2)「パセラについて何か知っていることはありますか?」

「以前に何度か利用したことがありますが、カラオケだけでなく本格的な料理を楽しむことができるお店だと思いました。」

これはパセラへの志望度の高さやお店への愛着度を確認するための質問です。志望度や愛着度が高い人ほど一生懸命仕事に取り組んでくれると考えられるので、「このお店で働きたい」という熱い思いをアピールすることを心がけると良いでしょう。

(3)「シフトにはどのくらい入ることができますか?」

「週に3回~4回、大学の授業が終わる17時から終電まで時間帯で働きたいと考えています。」

シフトに関する質問も必ず聞かれるので、前もってシフトに入れる曜日や時間帯を確認して答えるようにましょう。パセラは土日が混雑するので、土日にシフトに入れると採用されやすくなります。

(4)「希望時間帯以外のシフトでも入ることができますか?」

「土曜日は難しいですが、それ以外であれば入れることも可能です。」

パセラでも大学の試験期間中やクリスマスや年末年始などはバイトが不足しがちです。そのような場合に積極的にシフトに入ってくれるかどうかを確かめているのがこの質問です。もちろん、柔軟にシフトに対応できる人のほうが採用されやすいですが、無理な場合は無理とハッキリ答えましょう

(5)「いつからシフトに入ることができますか?」

「現在のアルバイトを今週末に辞めることになっているので、週明けから働くことができます。」

アルバイト募集をしているお店のほとんどは、すぐにでも人手がほしいと考えています。あまり先の日にちを答えてしまうと早く働けるほかの応募者が優先されてしまうこともあるので、なるべく早い時期を伝えておくのがベターです。

(6)「どのくらいの期間働くつもりでいますか?」

「大学3年生の3月までは働き続けたいと考えています。」

一度採用したアルバイトがすぐ辞めてしまうと無駄な時間やコストがかかってしまうので、お店側としては一度採用したアルバイトはできるだけ長く働き続けてほしいと考えています。勤務期間を聞かれたときは、できれば一年以上働く意志を示すと採用されやすくなります。

(7)「これまでに何かアルバイトをした経験はありますか?」

「カフェでホールスタッフ業務の経験があります。」

複数のアルバイト経験があるときは、希望する職種に近いものを答えるようにします。パセラで接客業務を希望するのであれば、同じ接客業であるホールスタッフとしての経験は仕事にも活かせるはずなので、即戦力として採用されやすくなるでしょう。

(8)「以前のアルバイトを辞めた理由はなんですか?」

「部活の練習時間が変わりシフトに入れる時間が減ってしまったからです。」

このような質問では「時給が安いから」「上司が気に入らなかったから」というように、以前の職場を批判するような回答をするのはNGです。そのような人は採用してもまたすぐに辞めてしまうと思われてしまいます。「これなら仕方ない」と思ってもらえる理由を答えましょう。

(9)「仕事は大変だけど、学業との両立は大丈夫ですか?」

「テスト期間中はお休みをいただくこともあるかもしれませんが、単位はしっかり取得しているので問題ありません。」

学生の場合はテスト期間中やその前に休みを取る人が増えます。特に単位がギリギリの学生はこの傾向が強いので、シフトを組むのが難しくなってしまうこともあります。テスト期間でも柔軟にシフトに対応することが可能であることをアピールしましょう。

(10)「通勤時間はどのくらいですか?」

「自宅からは徒歩15分ほどです。学校からは電車と徒歩で30分くらいです。」

通勤時間を聞かれた場合、学生であれば自宅からだけでなく学校からの時間も答えるようにしましょう。通勤時間によってシフト時間も変わってくるからです。基本的に、通勤時間が短い人のほうが採用されやすい傾向があります。急病人などでシフトに穴が空いたとき、すぐに対応することができるからです。

 

 

 

 

 

パセラバイトの面接を突破する3つのポイント

 ポイント

・面接では第一印象が大切なので、明るくハキハキとした受け答えを心がける

・接客業の経験があるならば、即戦力として働けることをアピールする

・学生の場合は試験期間中などでもシフトに極力入るつもりであることを伝える

面接が苦手という人も多いと思いますが、パセラの面接で聞かれる質問はある程度想定することができます。ここで紹介した質問と答えを参考にして事前に回答を準備しておくことで苦手な面接もうまく対応することができるでしょう。