インターネットマンガ喫茶の「メディアカフ" />

茶髪はOK?「メディアカフェポパイ」バイトの身だしなみを解説!5つのチェックリスト付

インターネットマンガ喫茶の「メディアカフェポパイ」。何時間いても飽きずに楽しめる空間が人気です。その楽しさを提供する側として「メディアカフェポパイ」でバイトをしてみませんか?仕事が終わったあとはなんとマンガが読み放題です。今回はメディアカフェポパイのバイトで押さえておきたい身だしなみのポイントをご紹介します。

 

 

 

メディアカフェポパイのバイトの身だしなみの規定は?

⑴ユニフォームの詳細

メディアカフェポパイは、採用されるとシャツと黒エプロン、タイを支給してくれますが、ズボンはジーパンかチノパンを自分で用意する必要があります。しかし、ジーパンやチノパンならどこにでも売っているのでさほど問題はないでしょう。店員が制服を着ることにより、お店の統一感や清潔感が増します。

私服で勤務となると、毎回服のコーディネートに悩んでしまい時間も余計にかかってしまいます。しかし、制服があれば服装に悩む必要がなく、時間を有効に使えます。ほかのバイトでは、お店の規定に合った服を自分で用意しなければならないところもあります。バイト用の服をすべて自分で調達するのは大変ですし費用もかかりますから、制服の支給は非常にありがたいと言えるでしょう。

⑵髪色ルール

髪色の規定はメディアカフェポパイの各店舗によって異なります。髪色にとくに規定がない店舗もあれば、茶髪はOKでも赤や青、緑など派手な色は不可という店舗もあります。

各店舗の規定を守るようにしましょう。また、暗めの茶髪なら黒く染めなおす必要はありません。極端に目立つ髪色でなければ、そのままの髪色で問題ありません。

⑶アクセサリー着用マナー

メディアカフェポパイのバイトでは、ネックレスやブレスレットなどアクセサリーの着用は原則禁止です。マンガ喫茶はフォーマルな空間ではないので、アクセサリーをつけたいと思う人もいるでしょう。しかし接客業ですから、あまりにもジャラジャラとしたアクセサリーをつけてしまうとお客様に不快感を与え、お店のイメージが悪くなってしまいます。

お店のイメージダウンは売り上げにも直結しますから、できるだけ避けたいものです。店内を動き回る仕事なので、よりアクティブに働くためにもアクセサリーは外しましょう。ただし、店舗の規定を守ればピアスの着用はOKです。ひかえめなピアスでさりげなくオシャレを楽しんでください。

⑷身だしなみ

髪型にはとくに規定がないので、パーマもOKです。しかし、メディアカフェポパイの店内は広いので、清掃やお客様の対応などで店内を忙しく動き回ることが多いです。髪の長い方は束ねた方がいいでしょう。ネイルは規定をきちんと守ればOKです。派手なマニキュアを塗っていたり、爪を長くのばしたりしていなければ規定はクリアできます。

店内は密閉された空間ですし、接客のときにお客様との距離が近くなることもあるので、体臭には気を配りつつ、匂いのきつい香水はできるだけ使わない方がベターです。いくら自分がいい香りだと思っていても、香水のきつい匂いを嫌う人も多いです。制汗剤や軽い香り立ちのコロンなどを使えば好印象を与えられます。

もっと詳しくお店の規定を知るには?

⑴募集要項企業を見てみる

募集要項を見ておくことは何よりも重要なことです。「規定を守ればピアスはOK」「派手な髪色はNG」など、お店で働いてほしい理想の人物像が具体的に書いてありますので、自分がそのお店で実際に働くことをイメージしやすくなりま

理想の店員像がわかれば、面接の前からそのイメージに自分を近づけられるので、面接でもいい印象を与えられます。

(2)企業ホームページを調べる

メディアカフェポパイの公式ホームページにある「店舗一覧」ページでは、各店舗ごとに独立したページがあり、店内の画像やフロアマップが掲載されています。自分が働こうと思っている店舗を探し、事前に店内の様子を調べておきましょう

メディアカフェポパイは店舗ごとに設備が違いますから、店舗ページをよく見て自分がどのように働くかをイメージしておけば、面接のときに採用担当者に「この人はお店の様子をよくわかっているな」と、いいイメージを与えられます。

(3)公式YouTube動画を見る

メディアカフェポパイではYouTubeにて動画を配信しています。マンガがぎっしり詰まっている本棚、ビリヤード台やダーツボード、カラオケルームや卓球台まで確認できます。各店舗によって多少設備の違いはあるものの、動画を見ることによって店内の雰囲気を詳しく知れます。

店内の雰囲気がわかれば、自分がメディアカフェポパイで働くイメージがしやすくなり、店内を動き回る体力や接客のときの笑顔など、採用されるために必要なことが明確になります

(4)実際に見学にいってみよう

働こうと思っている店舗を、実際に自分が働きたい時間帯に利用してみることも大切です。客層や店舗の雰囲気もわかり、自分がこの店舗で働くイメージがより具体化されます

とくにメディアカフェポパイは、日中と夜間で客層がかなり変化します。日中や夕方は学生が多いですし、夜間は大人が大半です。事前に利用しておけば、働いてから「こんなはずではなかった」となる可能性が軽減されるでしょう。

 

 

 

メディアカフェポパイのバイトの面接のポイント

身だしなみは清潔感を大切に

清潔感のある見た目は、良い一印象を与えます。第一印象は採用、不採用の決め手にもなる重要な要素なのです。髪はボサボサにならないように整えて、男性はひげをそり、女性はナチュラルメイクを心がけましょう。

肌の露出が少ない服装にする

面接のときの服装はカジュアルスタイルでOKです。襟付きのシャツやブラウスにズボン、女性ならひざ下丈のスカート、靴はスニーカーがいいでしょう。肌の露出が多い服装は不真面目な印象を与えてしまうので避けた方がNGです。

面接中は礼儀正しく笑顔で

面接では必ず敬語を使いましょう。アルバイトの面接だからといって、友達と会話をするときのような言葉を使うことはNGです。また、緊張しすぎて無表情だとマイナスポイントになるので、口角をあげて笑顔で受け答えをしましょう。


メディアカフェポパイの面接は、リクルートスーツで行くような正装は必要ありません。しかし、社会人としての最低限のマナーは必要です。身だしなみを整え、あいさつをきちんとしましょう。面接自体は、そこまで堅苦しい雰囲気ではありませんが、質問されたことにハキハキと答えられるかは重要です。これらのポイントを押さえれば、採用を勝ち取ることはそれほど難しくないでしょう。

メディアカフェポパイのバイトの面接前に確認!チェックリスト

髪色は派手になっていないか

髪色に規定のない店舗があるとはいえ、派手な髪色の店員にはいいイメージを持てない人も多いです。念のため、髪色は黒か暗めの茶色にしておきましょう。面接のときも好印象を与えますし、採用後に染めなおす必要がなくスムーズに働けます。

アクセサリーを身につけていないか

面接のときはアクセサリーを外しましょう。ネックレスやブレスレット、できればピアスも外しておいた方がいい印象を与えられます。採用後にはピアスの着用は許可されますから、面接のときだけは我慢しましょう。

身だしなみは整えたか

身だしなみは清潔感とシンプルさを意識しましょう。男性はきちんとひげをそり、女性は派手すぎない自然なメイクを心がけましょう。また、服装はカジュアルスタイルでOKですが、肌の露出が多い服やルーズな服はNGです。

笑顔でハキハキと話せるか

メディアカフェポパイのバイトは接客業なので、笑顔と聞き取りやすい話し方はとても大切です。常に笑顔を絶やさず、ハッキリと大きな声で話せれば、お店側も「ぜひ採用したい」と思うことでしょう。

面接会場は事前に下見をしたか

東京都心のメディアカフェポパイの場所は、お店の看板をよく見ないと迷ってしまう場合があります。面接開始時間に遅刻しないよう、面接会場となる店舗は事前に足を運び、場所を確認しておきましょう。



メディアカフェポパイは、規定さえ守れば茶髪やピアス、ネイルも許可されているなど、比較的自由度が高いバイトです。社会人として最低限のマナーを守れば、面接はそれほど難しくありません。はじめての面接だとしても緊張しすぎることなく、むしろ笑顔を見せるくらいの余裕を持ちましょう。その方が好印象を与えられます。たくさんの楽しさがつまったメディアカフェポパイで、お客様に笑顔を提供してみませんか。