おしゃれなパン屋さんで働いてみたいけど、" />

神戸屋キッチンのバイト面接対策5つのポイントとよく聞かれる質問10選

おしゃれなパン屋さんで働いてみたいけど、「1対1の面接が不安」「聞かれたことにちゃんと答えられるか心配」と思う方もいると思います。この記事では、新鮮で質の高いパンを提供する神戸屋キッチンのアルバイト面接対策をご紹介します。面接に不安を感じている方は必見です。

 

 

 

神戸屋キッチン面接対策5選 

 (1)面接前日までの準備

面接では志望動機やシフトの希望などを聞かれることが多いため、あらかじめ言うことを準備しておきましょう。応募する段階で担当する部門が決まっている場合は、自分がその部門でどのように仕事をしたいのかを考えておくと、面接で強い印象を残すことができます。

また、シフトにどれくらい入れるのかという点は面接において重要となってくるので、自分が週に何日入れるのか確認しておきましょう。働ける時間帯や勤務開始日なども面接官に聞かれてから初めて考えるのではなく、事前にしっかりと決めておきましょう。

(2)選考方法

電話やWEBから応募したあとに面接日や持ち物について連絡がきますので、いつ連絡がきてもいいようにスケジュールの確認をしておきましょう。面接だけで合否が決まるため、どうしても緊張してしまうと思いますが、なるべく肩の力を抜いて臨みましょう。

ガチガチに緊張していては、質問にもちゃんと答えられないかもしれません。周りを観察する余裕を持ちつつ、ほどよい緊張感を持ちながら落ち着いて会話をしましょう。最初に明るく挨拶することも大切です。

(3)企業ごとの面接のコツ

神戸屋キッチンはお客様と接することが多いです。コミュニケーション力があることを印象付けるため、明るく聞き取りやすい音量で挨拶することが大事です。聞かれたことにもハキハキと返し、いい印象を与えましょう。

また、質問には曖昧な返しをせずに、自分の意見や意思を主張しましょう。これができる人は面接に中々落ちにくいのではないかと思います。志望動機や自己PRを聞かれたときに自分を主張できるよう、何を言うか事前にしっかりと決めておきましょう。

(4)面接当日のやること

神戸屋キッチンは食品を扱う仕事なので、清潔感があることが重要です。爪は短く切り揃えて行き、アクセサリーやマニキュアも落として臨んだほうが得策です。髪はすっきりとまとめ、ほつれ髪もないようにしましょう。髪色はナチュラルであれば許される職場が多いようです。

なるべく好印象を持たれるように、身だしなみには特に気を付けましょう。服装はあまりにも派手なものだと悪い印象を与えがちです。神戸屋キッチンの雰囲気に合った服装で行くのがベターでしょう。

(5)(その他)重要だと考えられるポイント

面接では週何日、何時間入れるか聞かれると思います。この質問は採用に関わる項目なのでとても重要です。神戸屋キッチンでは週3日から働いている人が多いようです。また、土日祝日に入れる人も採用される確率が高くなります。平日のみでもOKと書いている求人でも、土日入れる人はアピールする方が良いでしょう。シフトに入れる日を言う時は、自分が本当に働ける日数を申告することが大事です。自分が無理のない範囲で働ける日数を言いましょう。

 

 

 

 神戸屋キッチンのバイト面接でよく聞かれる質問10選 

 (1)「志望動機は何ですか?」

 「神戸キッチンのパンが好きで応募いたしました。」

神戸屋キッチンのどこに興味があって応募したのか分かるように、志望理由を具体的に述べましょう。神戸屋キッチンのホームページなどで企業理念などを調べ、説得力のある内容を伝えるようにしましょう。ここで働きたいという意思が相手に伝わるよう、自分の言葉で志望動機を説明できるようになると、合格する確率が高くなります。 

(2)「週に何日入れますか?」

 「週に3日は入れます。」

先述しましたが、神戸屋キッチンでは週3日入る人が多いです。なるべく多くシフトに入れる人が採用される傾向にあるので、入ることができる日数が多い人は面接官にアピールしましょう。出勤できる曜日を聞かれることもあるため、どの曜日に入ることができるか事前に調べておきましょう。

 (3)「あなたの長所は何ですか?」

 「気持ちの切り替えがすぐできるところです。何か失敗をしてもあまり引きずらず、次に活かします。」

長所は具体的かつ客観的なものでなくてはなりません。そのため、自分では気づきにくい長所は友人や家族に聞いてみましょう。仕事に活かせる長所だとなお良いです。また、長所と一緒に短所を聞かれることもあるかと思いますが、マイナスイメージを持たれないよう、あとからフォローすると良いでしょう。短所をフォローできる具体例を出すようにしましょう。

 (4)「販売の経験はありますか?」

 「あります。以前スーパーで働いていました。」

神戸屋キッチンは、パンを販売するスタッフと製造するスタッフに分かれます。パンを販売する部門に応募した場合、販売の経験があるかどうか聞かれることがあります。販売の経験がある人は、何のアルバイトをしていたか具体的に話すことで有利になるでしょう。自分の経験がどのように活かせるか、スラスラと話せるように事前に準備しておきましょう。

 (5)「家から職場までどれくらい時間が掛かりますか?」

「自宅からこちらまで徒歩で10分ぐらいです。」

こう聞かれたときに「分かりません」と返してはいけません。通勤するときに掛かる時間や、交通手段をパッと答えられないと、面接官は時間管理の面で不安になってしまいます。合否にも響いてしまいますので、あらかじめ把握しておきましょう。時間管理ができるイメージを与えるために、電車ならどこで乗り換えするかも調べておくことが重要です。 

(6)「(学生の場合)学業との両立はできますか?」

 「無理のない範囲で働くつもりなので大丈夫です。」

学生の場合、必ずと言っていいほど聞かれる質問です。講義やレポートに影響がない範囲で働くつもりだということや、テスト期間は休みをいただく場合があるということを正直に伝えましょう。この際、間違っても「アルバイトを優先します」と答えてはいけません。学業をおろそかにせず、仕事との両立をうまくやれるというアピールをしましょう。

 (7)「いつから働けますか?」 

「来週の火曜日から勤務を開始できます。」

アルバイト募集は、すぐにでも働ける人を求めていることがほとんどです。勤務開始日が早い人ほど有利になりますので、よっぽど用事がない限りは早めの日程を伝えましょう。最低でも1週間以内の日程を伝えた方が望ましいです。勤務開始日が2週間以降になる場合は、この質問がされなかった場合でも自分から面接官に相談しましょう。

 (8)「自己PRをしていただけますか?」

 「私の強みは何があってもへこたれないことです。落ち込んでも態度には見せません。」

自己PRで知りたいことは、あなたの強みや仕事への向き合い方です。神戸屋キッチンの仕事に活かせる内容だと、採用される確率がグンと高くなります。具体的なエピソードを交えて話すと、説得力が増して印象が良くなります。ただ、仕事に関係ない内容や、自分の趣味の話をしてしまうと悪印象につながる可能性もあります。その点だけ注意しましょう。

 (9)「人と話すことは好きですか?」

 「はい、好きです。なので接客も楽しめる自信があります。」

神戸屋キッチンの仕事では、お客様とお話しする機会が多くあります。人と話すことがあまり好きではない場合は、苦痛に感じてしまうことがあるかもしれませんので、この質問はそれを改めて確認しています。過去に接客の経験があったり、コミュニケーションが得意だということをアピールすれば、採用に有利になることがあるでしょう。

 (10)「何か聞きたいことはありますか?」

 「現在働かれている人は、いつから働いている人が多いですか?」

何か疑問点があれば直接聞いてみましょう。ただし、面接官が答えにくい質問は避けた方がいいでしょう。給料面などの質問は避けたほうがいいですが、交通費が全額支給されるかどうか明記されていなかった場合は、質問しても問題ありません。また、当たり前ですが仕事内容を下に見るような質問も絶対にNGです。質問が特にない場合は無理に聴く必要はありません。

神戸屋キッチンのバイトの面接を突破する3つのポイント

  ポイント

・食品を扱う仕事なので身だしなみを清潔にする

・コミュニケーション力があるというアピールをする

・週に3日は入れることを印象付ける

神戸屋キッチンの面接対策や、よく聞かれる質問についてご紹介しました。面接はどうしても緊張してしまうと思いますが、肩の力を抜きリラックスした状態で臨みましょう。