創作懐石料理の「梅の花」はお祝いの席など" />

茶髪はOK?梅の花バイトの身だしなみを解説!5つのチェックリスト付

創作懐石料理の「梅の花」はお祝いの席などにも使われる、湯葉と豆腐料理が魅力のお店です。上品で落ち着いた雰囲気から敷居が高そうと感じる人もいるのではないでしょうか?ここでは実際に梅の花でバイトをした人の口コミを元に、髪色、アクセサリー着用、身だしなみなどについて紹介します。

 

 

 

 

梅の花のバイトの身だしなみの規定は?

⑴ユニフォームの詳細

梅の花のバイトは制服が店舗から貸出され、自分で洗濯をし清潔な状態の制服をいつも着用するそうです。食品を扱うため汚れやすいですが清潔さは重要なため、こまめな洗濯が必要になります。制服はまず担当によって異なり、ホール担当は男女でズボンとエプロン、上着の縁どりの色が違うようです。

しかし店舗によって、女性でも異なったカラーの制服を着ている場合があり、性別で違うわけではないかもしれません。制服の上着は着物のような形ですが、下は作務衣のようなズボン型のため着物を着慣れていなくても大丈夫そうです。また制服はしわが残らないようアイロンをかけていた、着物部分はクリーニングに出していたという口コミもありました。

⑵髪色ルール

口コミによれば、髪色は黒寄りが基本とのことです。しかしあまり奇抜な色でなければ、カラーリングしていても良い店舗もあるようでした。髪型も同様で奇抜で不衛生な印象がなく長い髪は、結うなどしてまとめられれば大丈夫そうです。

また調理補助や洗い場は帽子を着用しその中に髪の毛をすべて入れるようなので、帽子にまとめられれば問題なさそうです。梅の花バイトでは、担当ごとに調理補助や配膳、提供を行うため、料理に触れる機会が多くあります。そのため、髪の毛が入らないようきっちりまとめることが必要とのことでした。ちなみにショートカットの人でも、髪が流れ落ちないようピンでとめている人が多いようです。

⑶アクセサリー着用マナー

口コミによるとホールも調理場もピアスやイヤリングは禁止のようでした。これはピアスやイヤリングがはずれやすく、料理への異物混入のおそれがあるためだそうです。そして指輪についても異物混入や衛生上の理由からはずしたほうが良さそうです。

ホールではお客さんの目の前で料理を配膳するため、不衛生な印象を持たれるとお店にとってマイナスになることからも、指輪の着用も控えることをおすすめしす。指輪もデザインによっては装飾品がとれ、料理に入ってしまう恐れもあるので外した方が良さそうです。

⑷身だしなみ

のびたひげ、ネイルアートは好ましくないそうで、禁止ではないものの衛生上しないことが望ましいとのことです。無精ひげは手入れされておらず不衛生な印象をお客さんに与えやすいため、きれいに剃ることをおすすめします。ネイルアートはストーンなどがとれて料理に入ると異物混入の恐れがあるほか、ラメも器などに付着しやすく衛生面での心配があることから、ネイルアートやマニキュアなどはしない方が良さそうです。

また、料理の優しい風味を妨げないよう香水などの強い香りも避けた方が良いようです。爪は常に短めに切っておき、伸びて汚れがたまらないようにします。

もっと詳しくお店の規定を知るには?

⑴募集要項企業を見てみる

梅の花の公式ホームページ内、採用情報のページではアルバイトの積極採用を行っている店舗検索ができます。自宅や学校の近くなど、希望条件を元に検索して、通いやすい梅の花店舗を見つけましょう。梅の花を初め、同グループの求人情報を一度に探せるページのため、より働きやすい店舗が見つかるはずです。

そして求人サイトに出された情報を見ると、制服貸与、交通費支給(上限あり)、まなかいありなどが書かれています。同じ上限額の交通費の店舗が多いようなので、交通費は共通の基準に基づいてもらえそうです。もし希望職種や勤務地の掲載がない場合、登録制度を利用して空きが出たとき、連絡をもらう方法もあります。

(2)企業ホームページを調べる

梅の花の公式ホームページの写真を見ると、スタッフの髪色は黒のみではなさそうです。具体的には黒からやや明るい茶色までで、金髪やその他の目立つカラーの人はいませんでした。ホールスタッフで髪の長い人はひとつに束ねてまとめてあり、前髪もきっちりとわけてとめ、髪の毛が落ちないよう配慮しているようでした。またピアスやネックレスなども着用しておらず、調理や料理の提供に最大の注意を払っている印象を受けます

厨房スタッフは深めにかぶった帽子に髪を全て入れており、ホールと同じくピアスやネックレスなどのアクセサリーはつけていないようでした。ここでも異物混入や衛生面に対する十分な配慮が見られました。

(3)実際に見学にいってみよう

一度も梅の花に来店したことがなければ、まずお客さんとして出かけておきましょう。厨房内を見ることは難しいですがホールの仕事を間近で見られるため、働く雰囲気も分かりやすいです。できれば働きたい曜日や時間帯に合わせて来店すると、自分が採用されたあとの働き方の参考になります。

梅の花の公式ホームページからWeb予約もできるので、確実に希望の日時に来店するためにも利用してみましょう。ちなみに口コミによると、梅の花の職場の雰囲気は親しみやすい人が多く働きやすいとのことでした。

 

 

 

 

梅の花のバイトの面接のポイント

髪色は黒寄りが基本

梅の花バイトをするにあたり、髪色は黒が基本だそうですが黒に近い茶色程度は許容範囲とのことです。公式サイトの画像によると、女性で髪が長い場合はまとめてお団子にしており、すっきりまとまった髪型で面接を受けると印象が良さそうです。

ピアスやイヤリングはしない

口コミによると梅の花バイトではピアスやイヤリングの着用は禁止です。もし普段ピアスやイヤリングをつけているのなら、外して面接を受けると良いでしょう。またはさりげないピアスをつけている場合は、勤務時は外しますと伝えましょう。

写真付き履歴書を用意する

梅の花バイトに応募するときは、まず希望店舗へ電話連絡をし面接の約束を取り付けてから出かけます。そのとき、写真付きの履歴書を持参しましょう。決まったフォームはないため、市販品やインターネット上からダウンロードしプリントアウトしたものでも構いません。また勤務希望日時もはっきりさせておきましょう。

 

 

梅の花バイトの身だしなみの基準は、黒髪が基本でピアスやイヤリングをしないことですが、それに近い身だしなみで出かければ梅の花への印象が良いはずです。梅の花でバイトを希望するときは、直接訪ねず事前連絡をし、約束した日時を守って出かけましょう。当日は料理を扱う人としてふさわしい清潔さのある身だしなみを心掛け、記入漏れのない写真付き履歴書を持参します。面接で身だしなみの他にどのくらいの頻度で働けるかを聞かれるため、具体的に曜日や時間帯も考えておくことがおすすめです。

梅の花バイトの面接前に確認!チェックリスト

髪色は黒またはそれに近い色か

梅の花はお祝いの席などにも使われる、落ち着いた上品な雰囲気のお店です。そのため髪色は目立ちすぎない黒や黒に近い茶色がふさわしいとしているようです。

ピアスやイヤリングはしていないか

料理への混入を防ぎ衛生面と安全性を確保するため、ピアスやイヤリングは禁止だそうです。面接でも外して行った方が印象は良いとのことです。

ひげは剃ってあるか

男性の場合ひげを伸ばさずきれいに剃ってあることがポイントです。無精ひげは不衛生な印象を与えやすいので、面接に出かける前はきれいに剃っておきましょう。

爪は短く、ネイルアートを施していないか

調理や配膳、提供を行うため爪の汚れは厳禁で、短く切って面接に向かいましょう。ラインストーンやラメを使ったネイルアートは禁止でないものの、印象が良くないため落としておくと良いです。

強い香りがついていないか

風味の優しい料理を扱う梅の花バイトでは香水の香りが食事を妨げてしまいます。そのため、面接時も香水など強い香りをつけずに出かけましょう

 

 

湯葉や豆腐料理を扱う創作懐石料理のお店「梅の花」は、スタッフにも落ち着いた雰囲気が求められます。しかし難しいことではなく、黒やそれに近い髪色でピアスやイヤリングは外し、清潔感のある身なりであれば問題ないようです。面接時もこの基準に準じた服装で出かけると印象が良くなるはずです。
履歴書の写真の貼り忘れに注意し、具体的な勤務可能日時を考えた上で面接を受けると話が進みやすくなります。