目次 1 ドンクのバイトはきついの? 2" />

「ドンク」のバイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

ドンクのバイトはきついの?

ドンクは創業114年という老舗のパン屋さんです。フランスパンだけでもバゲットやパリジャンなどさまざまな種類があり、バラエティに富んだパンが店頭に並んでいます。そんなドンクで働くには、パンの種類を覚えるのが大変なのでは?忙しい?など不安もあるでしょう。ドンクでバイトをする際の疑問点について紹介します。

 

 

 

ここがきつそう!ドンクのバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

「ドンク」バイトではやけどの心配がある?

販売でも製造のバイトでもやけどの危険性があるので、注意が必要です。アルバイトは基本的にパンを焼くわけではないのですが、焼き立てのパンを触ることはあります。焼き立てパンは非常に熱いです。そのため、陳列する際にうっかり素手で触ってしまうとやけどをしてしまうことがあるのです。作業をする際には手袋を着用するので安全ですが、うっかりミスには注意しましょう。

製造作業では窯を使うのでやはり、やけどの危険性はあります。先輩から扱い方や注意点などをしっかり学び、細心の注意を払って作業をしましょう。

「ドンク」バイトは身だしなみに厳しい?

食品を扱うお店なので、身だしなみは厳しいほうです。まず、異物混入の可能性があるアクセサリー(結婚指輪は除く)や付けまつ毛などはNGです。ネイルも禁止です。派手なメイクや派手な色の髪色もNGです。

制服があります。ただし靴だけは自分で用意します。靴の色は自由です。動きやすいスニーカーなどが多いようです。

「ドンク」バイトではパンの知識がなくても大丈夫?

パンについての知識がなくても問題ありません。販売でも製造でも、未経験者OKです。研修が充実しているので、基本的なことからしっかり教えてもらえます。接客業の経験がなくても、接客の基本やクレームの対応なども研修で教えてくれるので、安心して仕事に取り組めます。さらに、自分で勉強することで、より仕事がやりやすくなるでしょう。

「ドンク」バイトの人間関係は?

人間関係はおおむね良好のようです。パン作りに真剣な人が多く、販売でもテキパキと動くのでピリピリした空気があった、という声がある一方、仕事終わりに先輩たちと雑談するのが楽しかった、という声もあります。わからなこともていねいに教えてもらい、安心して仕事ができた、という声も多いです。

「ドンク」バイトで覚えることは多いの?

覚えることは多いです。バイトの仕事は商品の品出し、商品整理、レジ清掃、開店・閉店準備です。パンを並べたり、整理したり、商品の会計・対応などを行います。使用済みのトングを掃除したり、トレイを拭いたり、常に清潔にしておくのも仕事です。

仕事そのものは覚えるのは簡単ですが、大変なのはパンの名前や値段を覚えることです。それを覚えないとレジを打つ際にスムーズにできません。また、お客様からパンについて聞かれることも多いので、商品の詳細を把握しておく必要があります。パンによって包む袋も異なるので、それを覚えるのが大変、という口コミもありました。

パン好きのお客様は、それぞれのパンの違いや要望などを言うので、それに対応しなければなりません。パンの特徴を知らないと対応できないことが多いので、商品についてはしっかり覚えることが大切です。製造の仕事は、パン生地を丸めたり、成形したりすることからスタートするので、パン作りについて何も知らなくても大丈夫です。

「ドンク」バイトで求められるレベルはどれくらい?

接客は重要な仕事なので、お客様から聞かれることにはスムーズに対応することが求められます。初心者でもパンの種類や特徴についてもしっかり把握しておけば安心です。 製造においても先輩ができるようになるまでしっかり指導してくれるので、未経験でも大丈夫です。

ドンクは研修が充実しています。採用後、レジの操作や接客の基本、クレーム対応などの研修があるので、接客の仕事が未経験でも大丈夫です。また、ドンク本部ではパンの製造工程や歴史なども勉強するなど、しっかりした研修があります。ドンクのパンについてよく知ることができるので、仕事にも役立つでしょう。

「ドンク」バイトでは力仕事はあるの?

力仕事もあります。小麦粉やパンに使う素材など、重いものを運んだり、持ち上げたりすることもあるので、力が必要なことがあります。

「ドンク」バイトはどれくらい忙しい?

土日祝日、年末年始は忙しいようです。シフトもできるだけ入ってほしいと言われるくらいです。1日の中ではお昼と夕方が忙しいようです。

「ドンク」バイトの時給は仕事に見合っているの?

時給は800円~1100円程度で、忙しい割に低いという声はあまりないようです。年始はお年玉が支給されるようです。お店によっては週末祝日、早朝などは時給がアップすることもあるようです。時給は高いとは言えないけれどパンのまかないがあってうれしい、という口コミが複数ありました。時給に対してパンに対する勉強ができてよい経験になった、と感じている人も多いようです。

「ドンク」バイトではシフトの自由は利くの?

出勤する曜日や時間帯が固定ではないので、自分の都合に合わせてシフトを入れることができるようです。お店によるようですが月に2回ほど、シフトの提出があるようです。休みたい日がわかっていれば事前に相談すると休めます。ただし、急に休む場合は自分で代わりの人をさがさなければならないので大変だった、という口コミもあります。

土日・祝日は強制ではありませんが、忙しいので出てほしいと言われることもあるようです。積極的に出ておくと、休みたいときに休めるなど融通がききやすくなるという声もあります。スタッフの人数によってシフトの自由度や急な休みへの対応は変わるので、希望するお店で確認するとよいでしょう。製造の場合は、朝から夕方までの勤務になるようです。

 

 

 

ドンク」のバイトはこんな人におすすめ

ポイント① パンが好きな人

パンが好きな人に向いています。常にパンの焼き立ての香りに包まれて仕事ができるのは、パン好きの人には魅力的です。ドンクにはハムやチーズを使ったパン、フルーツを使ったパイ、フランスパンだけでも、さまざまな種類があります。バラエティに富んだパンのことを知ることもできます。

好きなものは自然と知識もついてくるので、お客様からの質問などにもより詳しく対応できるようになるというメリットもあります。

ポイント② パン作りに興味がある人

パン作りに興味がある人におすすめです。ドンクでは「スクラッチベーカリー」という製法にこだわってパンを作っています。温度や湿度などを考えて作るパンは、時間も手間もかかりますがとてもおいしく、お客様にはファンがいるほど人気です。

フランス製の石窯オーブンを使用するので、外はパリパリで中はしっとりと焼き上げることが可能です。バケットやクッペなどさまざまな種類のフランスパンを焼き上げられる職人になれるでしょう。未経験でも採用してもらえるので、パン作りを基礎から学べるチャンスでもあります。パンのワールドカップと言われる「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジェリー」で優勝するほどの優秀な職人さんもいるパン屋さんでパン作りを経験できるのは大きな魅力でしょう。

ポイント③ 接客が好きな人

接客が好きな人に向いています。ドンクにはパンにこだわって選ぶお客様も多いので、パンに対する質問や相談も多いです。パンの違いを聞かれたり、お土産に持っていくパンはどれがよいか?消化のいいパンは?など、さまざまなことを聞かれたりすることもあります。

そういった質問に笑顔で対応できる人、また柔軟に対応できる人がおすすめです。提案したパンを喜んでもらえたり、「ありがとう」と感謝されたりすることで、やりがいを持って仕事ができるでしょう。



ドンクは研修が充実しているため、パンづくりをしたことがなくても、接客経験がなくても、安心して仕事に取り組めます。真剣にパンと向き合っている人も多く、勉強になる職場でもあります。シフトの融通もききやすく、働きやすい環境なのもメリットでしょう。こだわった製法で作られるさまざまなパンのことを知り、パンに詳しくなれるのも魅力です。パン好きな人にとってはお店にいるだけで幸せな気分になれるでしょう。