目次 1 バケットのバイトはきついの? " />

「バケット」のバイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

バケットのバイトはきついの?

バケットは、おしゃれでおいしいベーカリーレストランです。焼きたてパンの食べ放題があって、パン好きにはたまらないお店ですね。しかし、バイトで働く側になった時は、おしゃれな料理やパンを作ったり、スマートに接客しなければいけないのではないかと不安になるかもしれません。
確かに、バケットのバイトは普通のレストランとは違い、パンを焼くという仕事も加わり、やることは多そうです。ではやはりバケットのバイトは大変なのか?ここでバケットのバイトの不安や疑問を解消しておきましょう。

 

 

 

ここがきつそう!バケットのバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

「バケット」バイトでは髪色やピアス・ネイルは厳しい?

バケットは、ベーカリーレストランで、ホールスタッフは常にお客様の前に出ますし、キッチンやベーカリー担当では食品を扱うので衛生面を気を付けなければいけません。そのため、バケットでは、髪色や髪型、アクセサリーやネイルは厳しそうです。

基本的に、バイト中は制服に着替え、アクセサリー類は外す必要があります。ネイルは避け、爪は短く切りましょう。ただし、髪色に関しては、そんなに厳しくは言われず、明るすぎなければ問題ないと元従業員の口コミにありました。

「バケット」バイトではマナーが厳しい?

バケットでは、料理を作るキッチンやパンを焼くベーカリー、そして接客メインのホール担当があります。特にホール担当の場合には、接客で失礼があってはいけないので、ある程度のマナーを守ることは必要です。

また、バケットでは接客する際に、セリフが一語一句決められていると口コミでは言われています。ホール担当はバケット独自のマニュアルに従って接客をすることになるため、少し大変かもしれません。とはいえ、最初にマニュアルさえ覚えてしまえば、後は馴染んでくるのでそれほど心配しなくても大丈夫です。

「バケット」バイトでは担当する仕事を選べる?

バケットでは、キッチンとベーカリー、ホールの3種類の仕事があります。募集にはこの3つの仕事は選べるようですが、他の業務へ回される可能性もあるという口コミもありました。お店にもよりますが、長く働く人は全ての仕事を覚え、忙しい時にはベーカリーでもホールやキッチンの補佐も行う、といったケースもあると言われています。

どれか一つだけに特化して働きたい人にはちょっと働きにくいですが、いろいろな体験ができて、仕事の幅が広がる楽しみもあります。やりたいことがある人、最初はホールからといった希望がある人は、面接で相談してみると良いでしょう。キッチンは男子が多め、ホールは女性が多め、働き始めはホールを担当する、などの傾向があるようです。

「バケット」バイトの人間関係は?

バケットは、社員とアルバイト、パートによって運営されており、それぞれが協力し合って忙しい時間帯を乗り越えています。キッチンとホールなど、お互いの担当部署で連携も大切です。そのため、社員やバイト、パートの隔たりなく、チームワークで働けます。

最初は丁寧に仕事を教えてもらえますが、慣れてきたら指図を受けるのではなく自分で動けるようになるとさらに他のメンバーから信頼されるようになるでしょう。

「バケット」バイトで覚えることは多いの?

バケットのバイトでは、ホールやキッチン、ベーカリーがあり、長く働いていると全ての業務を覚えることになると口コミでは言われていました。そのため、総合的に見ると、他の普通のレストランよりも仕事の範囲が広く、覚えることは多いように思えます。

しかし、実際にはいきなり3つの業務を覚えることはありませんし、丁寧に教えてもらえます。ホールのマニュアルやキッチン、ベーカリーの手順などは覚える必要がありますが、一つできたら次へ、としっかりステップアップすれば問題ありません。

「バケット」バイトで求められるレベルはどれくらい?

バケットのバイトでは、どちらかというと覚える仕事量も多めですし、自主的に動ける力などを求められる場面もあると言われています。また、接客の経験を積みたい、バケットの接客を見て学べそうだと思って入った人もいるようです。

そのため、やる気のあるバイト仲間と渡り合っていくために、ある程度のレベルは必要と考えられます。とはいえ、特に何かのスキルが必要な訳ではないので、真面目に取り組む、広い視野で周りを見る癖をつける、くらいの気持ちを持って挑みましょう。パン食べ放題なので、品切れを防ぐ気配りもあると良いですね。

「バケット」バイトでは力仕事はあるの?

バケットでは、基本的に料理や焼き立てパン、調理器具程度の重さのものを持てれば問題なく勤務できます。裏で食材を運ぶ仕事などはあるかもしれませんが、基本的にはそんなに重いものを持つ仕事はありません

ホールは出来立ての熱い料理をスピーディーに運ぶ必要があるため、注意深さと素早い身のこなしは必要です。しかし、パンはお客様が自分で取る形式なので、パンをサーブして回る仕事はありません。普通程度の体力があれば務まるバイトです。

「バケット」バイトはどれくらい忙しい?

バケットは、ベーカリーレストランとしてランチタイムやディナータイムは賑わいます。そのため、最低限、昼に一回、夜に一回、目まぐるしく働く忙しい時間帯を迎えるでしょう。バケットではパンが食べ放題なので、忙しい時間帯にパンを切らさないことを気にしながら働くことが必要です。また、忙しい時には他の業務の補佐もすると言われているので、柔軟な対応が求められます。

バイト初心者やスピードに自信がない人は、まずは平日午後の時間帯など、混みすぎない時間にシフトを入れてもらい、慣れてからランチなどにチャレンジすると良いでしょう。

「バケット」バイトの時給は仕事に見合っているの?

バケットのバイトは、お店にも寄りますが、大体1,000円前後の時給が多いようです。都心部や大きな駅周辺のお店では時給が高くなる傾向で、土曜・日曜・祝日は時給UPします。

忙しい時間帯は割に合わないと思うこともあるかもしれませんが、社員割引もあり、ベーカリーレストランが好きな人にはお得感のあるバイトと言えそうです。また、デキる仕事が増えると時給も上がるという口コミもありました。

「バケット」バイトではシフトの自由は利くの?

バケットのバイトでは、多くの店が週2回、1日3時間~と応募条件に書かれています。最低限の時間が3時間なので、シフトを入れやすく、メリハリを持って働けそうです。

最低限の条件は守りたいですが、学生さんの試験や行事出席など、休みたい時は応相談で対応してもらえます。面接でもシフトに入れる程度を聞かれると言われているため、自分の入れる時間帯や希望の曜日などがある人は、あらかじめまとめておきましょう。

 

 

 

バケット」のバイトはこんな人におすすめ

ポイント① 焼き立てパンの好きな人

バケットは、焼き立てパン食べ放題のお店で、店内にはパンの香ばしい香りが漂っています。また、ベーカリー担当になったら、パンを焼く業務にも携わるチャンスがあります。

焼き立てパンの好きな人やパンを焼くことに興味のある人にとって、バケットは楽しく働けて、学びの機会を得られる職場と言えるでしょう。いつでも焼き立てパンの香りに包まれて、幸せな気持ちで働けます。また、社員割引も利用できるので、お客さんとしてもお得に利用できます。

ポイント② スキルを身に付けたい人

バケットは、スタッフの接客態度が良く、社会人として得るものが多いと感じてバイト応募する人もいます。ホールでは、接客スキルを身に付けることができ、キッチンやベーカリーでもチームワークを大切に、自主的に動くスキルを身に付けられそうです。どれも社会人として大切なスキルなので、学生のうちに身に付けたい人にも得るものは大きいでしょう。

また、志の高い人も多いバイトのようなので、切磋琢磨する仲間を見つけることもできそうです。

ポイント③ 短時間でメリハリつけて働きたい人

バケットでは、バイトは1日3時間から入れることになっています。そのため、1日のうち空いた時間だけ働きたい人にも働きやすい環境です。午前中だけ、学校帰りの夕方だけ、講義のスキマ時間など、短時間だけでメリハリよくシフトに入りたい人に向いています。

忙しい時間帯もそこそこあるので、集中して仕事に打ち込みたい人、バリバリ働いてサッと退勤するスタイルの人にも良さそうです。



バケットのバイトは、ベーカリー担当で焼き立てパンに携わることもできるパン好きには魅力のあるバイトです。ホールもキッチンもベーカリーも全て担当できるようになる必要はありそうですが、できることが増えると時給アップも期待できるのでやりがいがあります。

また、一緒に働くバイト仲間は志の高い人が多く、チームワークで働くのも張り合いがありそうです。ランチやディナータイムは慌ただしくなりますが、その分仲間との協力する姿勢も生まれやすくなります。シフトは短時間でもOKなので、学生からフリーター、Wワーク、主婦など、スキマ時間で稼ぎたい人におすすめです。焼き立てパンの香りに包まれて、スキルアップしたい人はチャレンジしてみると良いでしょう。