目次 1 くまざわ書店のバイトはきついの" />

「くまざわ書店」のバイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

くまざわ書店のバイトはきついの?

さまざまな書物を扱う店舗、それがくまざわ書店です。ネットなどを見るとバイト経験者が「大変だった」という意見が多くあります。果たして本当にくまざわ書店のバイトは大変なのでしょうか。客側とスタッフ側では見えてくるものも変わってくるのは当然です。今回は、くまざわ書店のバイトはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

 

 

 

 

ここがきつそう!くまざわ書店のバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

「くまざわ書店」バイトは高校生でもできる?

くまざわ書店のバイト募集は「高校卒業以降」となっているので現在高校生の人は応募資格を満たしていないので働くことができません。本屋などは高校生も歓迎というところも少なくありませんが、くまざわ書店の場合は高校生は不可のようです。

学生可と書かれている場合は「大学生」を指しているので勘違いしないようにしましょう。ごくまれに勘違いしやすい書き方をされている場合があります。基本的にくまざわ書店は高校生不可であることを覚えておけば勘違いすることはありません。

「くまざわ書店」バイトに社割はある?

くまざわ書店でバイトをすると社員割引で本が安く購入できます。漫画や小説だけではなく、教科書類も安く買えるので大学生などには魅力的なバイト先と言ってもいいでしょう。基本的にはどんな本でも社割対象となっていますが、ごくまれに対象外のものもあるようなので注意しましょう。

他にも返品の際は雑誌の付録を処分するため、バイトや社員たちで分けることができます。最近の雑誌の付録はオマケとは思えないものが多いので、返品自体はあって喜ばしいことではないのですが、スタッフとしては嬉しいポイントもありますよね。

「くまざわ書店」バイトの大変なところは?

新刊発売の際は棚の整理など通常業務と並行して行わないといけないので若干大変です。特に人気漫画の場合は朝から来店するお客様も多いので、接客も一緒にしなければいけないので、読者にとっては嬉しい新刊発売日でも、バイトする側にとっては「大変な日がきた」という感覚になる人がいるようです。

基本的にはシンプルな作業が多いようですが、いくつも重なることで負担が倍増して大変さを感じることが多くなります。きついという意見があった人は、複数の仕事をいくつも抱えて大変な経験をしたからかもしれません。

「くまざわ書店」バイトの人間関係は?

基本的に面倒見が良い人が多い傾向があり、人間関係は良好と言えるでしょう。ただ、忙しい時などは新人のフォローやサポートができない時もあるようです。サポートが遅れたからといって「嫌われている」と考えないようにしましょう。

ただ、店舗にもよるので雰囲気が良いところや若干悪いところなどはあるかもしれません。比較的良い傾向があるのですが、口コミサイトの中には先輩がとっつきにくい人だったなどの意見もあるようです。しかしそれも人によるのであまり深く考えないようにしましょう。

「くまざわ書店」バイトで覚えることは多いの?

基本的にくまざわ書店の仕事で覚えることは多くありません。少なくもないのですが、シンプルな作業が多いので仕事内容自体は決して難しいものではありません。

ただ、先述したように1つの仕事に集中出来る時と複数の仕事を抱える時があるので時には大変さがあると言ってもいいでしょう。慣れないうちは複数の仕事を任されるとてんやわんやする人も多いです。ただ、本の場所などを覚えるのが大変だったという意見が多くありました。

「くまざわ書店」バイトで求められるレベルはどれくらい?

くまざわ書店は研修期間が設けられているので、未経験でも募集がされています。そのため求められるレベルは決して高いものではないようです。研修期間は4ヶ月も受けられているので、比較的丁寧に仕事を教えてもらえます。

最初はレジ業務から入ることが多く、本屋でのバイトが初めてでも問題なくこなすことができます。基本的に研修期間内は先輩スタッフがフォローしてくれるので安心してください。本の位置などを覚える、仕事内容を覚えるなどで研修期間の4ヶ月から半年くらいでしっかり覚えられる傾向にあります。

「くまざわ書店」バイトでは力仕事はあるの?

返品作業などはかなり重労働となるので、力や体力がない人は難しいでしょう。返品する本の数が多いと足腰が強い人であっても傷める可能性があるようです。返品作業も単純な作業ではありますが、本の重さなどに言葉を失う人もいます。

普段の業務では過剰な力仕事はないと思われますが、返品作業や棚卸などの時には力仕事が必要になると考えておきましょう。健康な人でも本屋のバイトをしたことで腰を痛めやすくなったという人も少なくないのです。

「くまざわ書店」バイトはどれくらい忙しい?

飲食店などと異なり、書店で過剰な忙しさに見舞われることはほとんどありません。ただ、プレゼントの時期や人気作の新刊発売日などは忙しくなると言ってもいいでしょう。

書店だからといって、接客だけが仕事ではありません。裏方の仕事の方が忙しさが増すと言ってもいいでしょう。開店準備や本のチェックなどで時間が取られてしまうこともあります。店舗の規模によっても忙しさが変わってくるので注意しましょう。

「くまざわ書店」バイトの時給は仕事に見合っているの?

時給は店舗によって異なる傾向があります。一般的に最低賃金に近い時給のようです。そのため、口コミサイトなどでも850円スタートで最終的に900円になったという人もいます。地域の最低賃金に近いものだと考えておいてください。

しっかりとした時給に関しては求人サイトなどをきちんとチェックしましょう。曖昧な場合は実店舗に問い合わせてみることをおすすめします。仕事に見合っているかという点では、忙しい時と比較すると見合っていない場合があります。ただ、平常時の場合は比較的仕事に見合っていると言ってもいいかもしれません。

「くまざわ書店」バイトではシフトの自由は効くの?

基本的にくまざわ書店のシフトは1ヶ月ごとの提出となっています。自己申告制となっているので、希望通りにしてもらいやすい特徴があります。ただ、店舗によっては曜日固定などのスタイルが異なるところもあるので注意しましょう。

体調不良などで急に休むことになった場合は、代わりに出勤してくれる人を自分で探さないといけません。そのため、店舗によって自由度のあるシフト、自由度のないシフトに別れることがあるようです。

 

 

 

 

「くまざわ書店」のバイトはこんな人におすすめ

ポイント① 本が好きな人

くまざわ書店のバイトにおすすめな人は、やはり本が好きな人でしょう。これまで興味がなかったジャンルの本でも、書店でプッシュすることがあれば興味を惹かれます。その結果、良い作品と出会えたという人も少なくありません。

基本的に本が好きな人が集まりやすい職場なので、同じ話題で話が盛り上がる職場も少なくないです。自分の好きなもので盛り上がれる仲間を見つけられるので友人作りにも最適と言っていいでしょう。

ポイント② 接客が得意な人

書店はお客様から「この本はどこにあるの?」など聞かれることが多くあります。そのため、コミュニケーション能力が高くないと難しいかもしれません。逆に接客が得意な人にとっては働きやすい場所と言ってもいいでしょう。

他にも電話対応などもあります。電話対応が苦手な人もいますが、数をこなすことで次第に慣れてきて苦手意識を持たなくなることもあるようです。接客が得意な人、コミュニケーション能力が高い人におすすめです。

ポイント③ 体力がある人

先述したように返品作業などは大変なものです。そのため、体力がある若い世代におすすめのバイトと言ってもいいでしょう。書店と聞くと、穏やかなイメージを持つ人も多いですが、裏方に回ればかなりの力仕事が必要とされます。

そのため、シニア世代には厳しい仕事と言ってもいいかもしれません。もちろん体力がなくてもバイトはできますが、仕事内容が偏ってくるので総合的に働きたい人は体力が必須となることも考えておいてください。

 

 

くまざわ書店は働きやすい職場として、大学生やフリーターなどに人気の職場です。大変な部分もありますが社割で安く買えるなどのメリットもあります。本が好きな人であれば問題なく働き続けることができるのではないでしょうか。店舗によって時給やシフトのスタイルが変わってくるので、事前にしっかりと問い合わせておくことをおすすめします。