ローソンのバイトはきついの? 初めてのバ" />

「ローソン」のバイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

ローソンのバイトはきついの?

初めてのバイト先として人気が高いコンビニ。日本中どこでもあるので、近所で職場も見つかりやすいはずです。コンビニ大手のローソンが近くにあるので、働いてみたいと思っていませんか?口コミを見ると、ローソンのバイトは楽という評判をしばしば聞きます。果たして本当のところはどうなのでしょうか?

 

 

 

 

ここがきつそう!ローソンのバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

ローソンでワンオペをやらされることはありますか?

店舗によって変わってきますが、ワンオペ体制になることもあるかもしれません。口コミなどを見てみると、夜勤帯はワンオペにしているお店も少なくないようです。夜勤帯はお客さんもあまりやってこないので業務量は日中と比較して多くありません。そこでワンオペにしているところもあるわけです。

もしワンオペを避けたければ、働こうと思っているローソンへ行ってチェックしてみましょう。そして店員がどのくらいいるのか、一人で切り盛りしていることはないかチェックしておくことです。また、応募の際にお店に確認しておくと良いでしょう。

深夜の仕事内容はどんな感じですか?

ローソンの深夜バイトはお客さんもそれほど来ないので、接客よりも検品や品出しの作業がメインとなります。店舗ごとで商品の届く時間が決められています。商品をチェックして、指定された棚に商品をおいていきます。

口コミを見ると、日によって届く商品量が違ってくるようです。特に雑誌が発売される日が重なったり、新商品が出たりすると商品量が多くなるので品出しが大変です。また大掛かりな店内清掃も行うことが多いです。エアコンのフィルターやガラス窓の清掃などを任されるかもしれません。

髪の毛は茶髪でもかまいませんか?

店舗によって違ってくるようですが、茶髪までであれば働ける可能性が高いです。ただしお店によっては染髪禁止としているところもあるようです。もし気になるようなら黒髪に戻しておくといいでしょう。応募する際に茶髪でも問題ないか、あらかじめ問い合わせておくのもおすすめです。

アクセサリーについては、基本勤務中は外さないといけません。ただし口コミによると、結婚指輪であればはずさなくてもOKというところもあります。こちらについても面接時に確認をとっておくといいでしょう。

「ローソン」バイトの人間関係は?

ローソンの場合、複数のスタッフで担当するときでもせいぜい2~3人くらいです。それほどたくさんの人と一緒に働くわけではないので、摩擦が生まれにくいと言えます。口コミを見ても人間関係は良好で、和気あいあいとした雰囲気の中で仕事ができたという意見も多いです。

店舗によっては、お客さんとも親しくなれる場合もあるようです。常連のいつもくるお客さんが何人かいて、レジの時などにちょっとした会話を楽しめると言います。人との出会いを好む社交的な人なら楽しく働けるでしょう。

「ローソン」バイトで覚えることは多いの?

ローソンのバイトは、覚えることがたくさんあります。レジ担当だけでなくチケットの予約手続きや宅配便の受付、マチカフェのドリンクづくりなど多種多様な仕事を担当するからです。

口コミによると、お客さんによって支払方法もいろいろなのでそれに柔軟に対応しなければなりません。電子マネーやスマホ決済を利用する人も多いので、そのやり方もマスターしなければなりません。最初のうちは覚えることがあって大変ですが、大体1カ月も続ければ段々慣れてくるでしょう。

「ローソン」バイトで求められるレベルはどれくらい?

ローソンのバイトは多様な仕事をすべて一人でこなしていかないといけません。このため、幅広いスキルを身につける必要があります。そのような中でもお客さんが快適に店内で買い物できるような環境づくりをするスキルが求められます。

商品の検品や品出しをしているときにお客さんに質問される場合もあります。このようなほかの業務をしているときでも、お客さんへの対応を優先しなければなりません。またレジにお客さんがいないか常に目配りをする必要があります。ローソンで働くと他人への気配りができるようになるでしょう。

「ローソン」バイトでは力仕事はあるの?

ローソンのバイトは力仕事の側面もあります。商品がお店に届き、それを棚に並べていきます。コンビニで扱っている商品の中にはお酒やドリンク、雑誌など重たい荷物もあります。これを店内に持っていくのはなかなか大変です。

ただ、女性も多く活躍しているため、体に大きな負担がかかる力仕事ではないようです。最初のうちは厳しいかもしれませんが、コツさえつかめればテキパキと仕事もこなせるようになるでしょう。

「ローソン」バイトはどれくらい忙しい?

ローソンのバイトは地域によっても異なりますが、常に忙しいと思っておいたほうがいいです。接客だけでなく、品出しや店内清掃などさまざまな業務をこなしていかないといけないからです。

口コミを見ると、特に12~13時ごろの昼休み時は多くのお客さんがやってくるようです。特にビジネス街でそのような傾向が見られます。弁当を買いに来る客やコピーを取りに来る客など、いろいろな人がやってくるからです。臨機応変に仕事のできる人の方が好ましいです。

「ローソン」バイトの時給は仕事に見合っているの?

ローソンの時給ですが、通常は950円前後の設定にしているお店が多いです。バイトの時給としてはごく標準的な金額です。コンビニはいろいろな仕事をこなさないといけないので、少ないと感じる人もいるようです。ただ仕事を続ける中で、昇給がある可能性も。

口コミを見るとローソンで稼ぎたければ、22~5時の深夜帯にバイトするのがおすすめなようです。というのも深夜帯は通常よりも給料がアップするからです。大体時給1200円弱という設定になっているので、同じ時間で効率的に稼ぐのであれば、夜勤を希望しましょう。

「ローソン」バイトではシフトの自由は利くの?

ローソンのシフトは口コミなどを見ると、店によって変わってくるようです。固定シフト制を導入しているところもあれば、数週間ごとに希望するシフトを提出するお店も見られます。

固定シフトの場合、急用が入って休みが欲しいといっても聞き入れてもらえない可能性もあるので注意しましょう。ただ時短勤務などにも柔軟に対応してもらえるという口コミも見られました。このため、ほかのバイトと掛け持ち可能のようです。

 

 

 

 

ローソン」のバイトはこんな人におすすめ

ポイント① 他人と接するのが好きな人

ローソンは接客業で、連日いろいろなタイプのお客さんがやってきます。店舗によっては地域に深く根差したところもあるので、お客さんとの交流が多いケースも。人と接するのが好き、初対面の人でも話しかけられるような社交的な人の方が好ましいです。常にニコニコ笑顔でいられるような人の方が、お客さんも気持ちよく買い物できるでしょう。

また、ローソンのバイトでさまざまな人と交流している内にコミュニケーション能力がアップしたという口コミがありました。得意な人だけでなく、他人と接することに興味がある人にとってもコミュニケーションスキルを得ることができる職場となるでしょう。

ポイント② テキパキ作業できる人

ローソンに限らず、コンビニの仕事はとにかくいろいろな作業が含まれます。レジや品出し、店内の清掃、唐揚げなど店内で取り扱っている料理の調理、宅配便の受付などです。

ですからその時々の状況に応じて、柔軟にテキパキ素早く作業できる人の方が好ましいです。

ポイント③ 常に冷静な人

ローソンのようなコンビニには、いろいろな人が利用します。その中には、ちょっとしたことでクレームを言ってくるような人がいます。クレームを受けても、感情的にならずに冷静に対処できるような人の方が適しています。

ただし、もしお客さんからのクレームを受けて困った場合は、一人で抱え込まず仲間や店舗のオーナーに相談しましょう。

 

 

ローソンのバイトは、いろいろな業務をその時々の状況に応じて優先順位をつけてこなしていかないといけません。最初のうちはコツがつかめずに大変な思いをするかもしれません。しかしだんだん仕事に慣れてくれば、テキパキこなせるようになるでしょう。ローソンには多様なお客さんがやってくるので、どう対応すればいいかが身に付きます。もし将来接客の仕事に就きたいと思っているのであれば、いい経験ができるでしょう。