目次 1 ステーキガストのバイトはきつい" />

「ステーキガスト」バイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

ステーキガストのバイトはきついの?

ステーキガストは、リーズナブルな価格と健康を意識したサラダバーが人気の肉系ファミリーレストラン。通常メニューからキッズメニューまで充実しており、年齢、性別、職業問わず幅広くお客さんが訪れます。細やかな接客サービスばかりか、多忙なランチタイムには手際の良い仕事さばきが求められます。

 

 

 

ここがきつそう!ステーキガストのバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

「ステーキガスト」バイトでやけどはしない?

キッチン、ホールともに軽度ながらやけどをすることもあります。 ステーキガストのメインは肉料理ですが、油を扱う、肉を焼くという場面で多少なりともやけどのリスクがあります。 軽度あるいは小さなやけどをした経験者は多いようです。

キッチンでは油や火、鉄板などの扱いに慣れてないためにやけどをした、ホールでは配膳時にやけどをしたという声がありました。 キッチンでは油や火、鉄板の取り扱いに慣れることでやけどのリスクを軽減できます。配膳時は、鉄板皿をきちんと持つことでやけどを防ぐことができます。

「ステーキガスト」バイトはどれくらい忙しい?

オーダーの重なるランチタイム、ディナータイムは目が回る忙しさになります。その他、土日や年末年始、ゴールデンウィーク、お盆はお客さんが多く訪れるために忙しくなります。

 ただし、ランチタイムが終わった後のディナータイムまではお客さんが引くので楽、スタッフ同士で雑談するといった声がありました。慌ただしさが苦手という人は、夜間など忙しい時間帯を避けてシフトを入れることで対処できそうです。

「ステーキガスト」バイトで覚えることは多いの?

マニュアル化されているので覚えやすくても、慣れるまでは大変なようです。 キッチンは分業化とマニュアル化されており、調理も少しずつ覚えていけるとの声があったほか、先輩や店長からの教育を受けることで仕事が身に付けられるとの声がありました。

 一つひとつの業務は難しくなく、マニュアルを理解して作業を繰り返すことで覚えていけるようです。

「ステーキガスト」バイトでサラダバーの管理は大変?

人気のサラダバーの補充は頻繁にあります。 ステーキガスト独自の「健康サラダバー」は、サラダやパン、ライス、カレー、デザートなど20種類以上が食べ放題。 

サラダバーを楽しみにする人が多いため管理が大変という声のほか、サラダバーの食べ残しがひどい人がいて、そこにショックを受けたという声がありました。サラダバーの管理はホールが担当します。大変そうであれば、キッチンの仕事を選ぶことで対処できます。

「ステーキガスト」バイトではシフトの自由は効くの?

店舗によっては曜日、時間が決められた固定制もあります。 採用時に決めた基本のシフトパターンのもとに、1週間ごとにシフトを確定します。休みを取りたいときは、2週間前までに申請しなければなりません。 

予定に合わせて働くことができたとの声が多く寄せられました。募集要項には週に数時間でよいとあっても、実際はシフトをたくさん入れている人が多いという声もありました。 自分の予定に合わせてバイトしたい人は、シフト申告制の店舗を選びましょう。募集要項で確認することができます。

「ステーキガスト」バイトの時給は仕事に見合っているの?

忙しい土日は時給アップ。食事券やまかないもありうれしい。時給はエリアによって異なります。基本的には、混み合う土日は平日より時給が高く、残業したときはきちんと時給に反映されます。頑張れば昇給チャンスがあり、勤続6か月以上で有給休暇も取得できます。 

ステーキガストで働くメリットとして、すかいらーくグループで使える食事の割引券を毎月もらえる、ステーキやハンバーグがたったの330円で食べられるといったことが挙げられました。まかない目当てでバイトする人も多いようです。 同じ仕事をより高い時給で働きたい場合は、22時以降の深夜帯で働く、土日に働くなど、高い時給の時間帯に働くとよいでしょう。

「ステーキガスト」バイトの人間関係は?

仲間づくりをしやすい環境で、交際に発展するケースも多いようです。店舗によっては、送別会や歓迎が開かれたりすることがあるほか、まかないを仲間たちと食べたりするなど、コミュニケーションを取りやすい環境にあります。

 まるで部活の仲間のよう、学校のように楽しかったなど、バイトをエンジョイした声が多くありました。学生にとっては、社員や主婦、シニアなど自分よりも年上の人と接することだけでも社会勉強になったという人もいました。

「ステーキガスト」バイトは未経験ではつらい?

大変なのは慣れない最初だけ。未経験から始める人も多くいます。すかいらーくグループ全体で、アルバイト経験がゼロでも仕事が始められる教育制度を採用しており、研修やマニュアルも用意されています。 

最初は大変で辞めようと思いつつ、先輩に支えられて乗り越えられたという人も。キッチンは、多少の料理経験はあった方が良いとの声がありました。 

「ステーキガスト」バイトはホールとキッチンどっちが大変?

どちらかが大変ということではなく、自分に合った職種選びが大切です。それぞれに大変なこと、やりがいがあります。 キッチンでは、仕事の幅が広がっていくことにやりがいがある、やけどや手荒れに注意が必要との声がありました。

ホールでは、お客さんとのやりとりが楽しいが、食べ残りや食べこぼしの片付けが大変という声がありました。キッチン、ホールのどちらでもよく、同性が多い方が安心という場合、男性はキッチン、女性はホールという決め方もあります。

「ステーキガスト」バイトはクレームを受けたりするの?

ホールは接客仕事だけあって、クレームを受けることはあります。 肉が硬い、子どもがうるさいなど、ホールの責任ではないことでも、クレームを受ける場面は少なからず出てきます。 

バイトにクレームを付けられても対応に困るという声が目立ちました。また、焼き加減など味に関するクレームを受けてキッチンに作り直すことを頼むときに、雰囲気が悪くなることがあるようです。クレームは店長に対応してもらうことができます。

 

 

 

ステーキガストのバイトはこんな人におすすめ

ポイント① 体を動かすのが好きな人

ランチタイムにはオーダーが重なり、ホールもキッチンも戦場さながらの忙しさに。あれこれと動き回るので、ちょっとした運動代わりになるともいえます。

中には、ダイエット感覚でバイトすると人もいるほど。ランチタイム以外でも、年末年始やお盆、ゴールデンウィークに忙しくなるようです。

ポイント② 接客が好き、子どもが好きな人

ファミレスだけあって、子どもからご年配の方まで幅広いお客さんが来店します。特に、子どものお客さんはかわいいものです。

そうはいっても、食べこぼしがひどかったり、泣き出したり、騒いだりする子どもも。そうしたことにも笑顔で対応できる接客が好きな人に向いています。

ポイント③ 時間を有効活用したい人

シフトは事前申告制なので、予定に合わせて働くことができます。高校生や大学生といった学生から主婦、シニアまで幅広い年代のアルバイトがいるように、時間を有効に使って働きたい人にピッタリ。

子どもの急病にもシフトの融通が利くなど、働く主婦に優しいバイトとしても人気です。

 

 

飲食店とあって、ランチタイムはどうしても忙しくなりますが、ホールもキッチンも仕事に慣れるにしたがって効率よく仕事を進められていくものです。頑張れば昇給できるほか、食事券やまかないといった福利厚生も魅力的。高校生から主婦まで幅広いバイトがいる中で、世代を越えたバイト仲間が作れるのも長く、楽しく働くうえでのモチベーションになりますね。