目次 1 カメラのキタムラのバイトはきつ" />

「カメラのキタムラ」バイトはきつい?辞めたくならない?心配なポイントを徹底解説

カメラのキタムラのバイトはきついの?

「カメラのキタムラでバイトしようか考えてるけど、きつかったら嫌だな…。どんな感じか教えて!」
この記事では、こういった疑問に答えます。カメラのキタムラは、全国チェーンのカメラ専門店。写真やカメラが好きな方にはぴったりのアルバイト先ですが、その分、カメラについての知識が求められます。

 

 

 

 

ここがきつそう!カメラのキタムラのバイトを始める前に解消しておきたい疑問10選

「カメラのキタムラ」バイト先の年齢層は? 

大学生もいますが、30~40代のパートの女性が一番多いようです。カメラのキタムラは力仕事が少なく、スーパーなどと隣接しているためか、主婦の方が多く働いています。 

優しい方が多く、とても働きやすい環境であるとの声もありました。 

もしバイト先の年齢層が気になるようであれば、実際に店舗を訪れてみて、そこで働いている人たちがどんな年齢層の人たちかを確認すれば対処できそうです。

「カメラのキタムラ」バイト先の男女比はどれくらい?

 おおむね男性2:女性8で、主婦の方が多いそうです。

 男性も女性も、やはり写真やカメラが好きでバイトを始めたという方が多いとの声もありました。 

もしバイト先の男女比が気になるようであれば、実際に店舗を訪れてみて、そこで働いている人は男性が多いのか女性が多いのかを確認すれば対処できそうです。

「カメラのキタムラ」バイトの楽な時間帯はいつ?

 店舗によっては、閉店間近の夜の時間帯が楽になったり、昼間の時間帯が楽になったりするなど、土地柄によって多少は変わるようです。

 スーパーと隣接しているような地方の店舗の場合は、昼間がピークになりがちで、朝イチの時間帯は、お客さんが少なく、比較的楽であるとの声がありました。

 慌ただしさが苦手という人は、忙しい時間帯を避けてシフトを入れることで対処できそうです。

「カメラのキタムラ」バイトの人間関係は? 

年齢を問わず、世代を越えたバイト仲間が作れる環境であるという評判です。

 店舗によっては、年賀状作成のピークを終えた時にバイト先のメンバーで「おつかれさま会」を開いたりするなど、和気あいあいとしたコミュニケーションを取りやすい環境にあるそうです。

 働いているメンバーは写真やカメラ好きばかりだそうなので、バイトの休憩中には趣味の写真の話をするという声もありました。学生にとっては、社員や主婦、シニアなど自分よりも年上の方と接することだけでも社会勉強になるでしょう。

「カメラのキタムラ」バイトで覚えることは多いの?

 マニュアル化されているので覚えやすくても、慣れるまでは大変のようです。接客マナーはもちろん、写真のサイズ、カメラのパーツ、喪中はがきの書き方といった、専門的なことを覚える必要があります。

 一つひとつの業務は難しくなく、マニュアルを理解しつつ、作業を繰り返すことで覚えていけることができたとの声が多くありました。

 ここでしか学べないような専門的な知識を学べると思いながら働くことで、業務を覚えることも苦にならず対処できそうです。

「カメラのキタムラ」バイトは未経験ではつらい?

最初のころは覚えることがいっぱいで大変ですが、一つ一つ業務をこなして慣れていけば、そつなく業務をこなすことができるようになるそうです。

 未経験からでも始めることはできますが、ある程度は写真やカメラに関する基礎知識があったほうが負担は少ないという声もありました。 

もし未経験で不安なら、事前に写真やカメラに関する勉強を少ししてみることで対処できるでしょう。

「カメラのキタムラ」バイトでは力仕事はあるの?

 ほとんどないそうです。 

唯一、写真の用紙を交換する時は、紙が重くて力が必要との声もありましたが、それ以外は特に力仕事があるとの評判はありませんでした。

 用紙の交換も時々しかなく、また他のスタッフに対応してもらうこともで対処できるでしょう。

「カメラのキタムラ」バイトはどれくらい忙しい?

 様々なニーズのお客さんが来るため、それに臨機応変に対応しなければならない忙しさがあるそうです。

また土日やお盆、年末年始のシーズンはお客さんがたくさん訪れるためにさらに忙しくなるでしょう。肉体的に疲れるというよりかは、頭を使う仕事が多いため、脳の疲労を感じるとの声もあります。

慌ただしさが苦手という人は、昼間など忙しい時間帯を避けてシフトを入れることで対処できそうです。

「カメラのキタムラ」バイトの時給は仕事に見合っているの?

 写真やカメラが好きな人にとっては、好きなことをしながら働くことができるので、バイトの時給は十分に嬉しいくらいでしょう。

 逆に、写真やカメラが好きでもない方には、仕事が退屈で、バイトの時給と仕事は見合わないように感じるかもしれません。お金のために働くというよりも、写真やカメラの知識を増やしながら働くというイメージのほうが、働くモチベーションも続くとの声がありました。

 実際にどんな働き方をするのかを調べた上で、それは自分にとって楽しそうと思えるのかをしっかりイメージすることで、バイトを始める前と後とのギャップを小さくすることができます。

「カメラのキタムラ」バイトではシフトの自由は効くの?

あまり自由は効かず、基本的には曜日固定のシフトであるという声を聞きます。

 理由としては、アルバイト先はパートの主婦の方が多く、彼女たちは週5曜日固定で入っているため、それに合わせる必要があったからだそうです。 

店長に相談することである程度はシフトを考慮してくれるので、心配であればバイトの面接のタイミングに聞いて対処してみましょう。

 

 

 

 

カメラのキタムラのバイトはこんな人におすすめ

ポイント① 写真やカメラが好きな人 

カメラ専門店なだけあって、業務のほとんどは写真やカメラに関することばかりです。写真やカメラが好きな人にとっては、好きなことをしながら仕事ができる夢のような環境とも言えます。実際、アルバイト先の人の多くが写真やカメラが好きだからカメラのキタムラでバイトを始めたという声もありました。写真やカメラが好きな人同士が集まっているため、交流も深まります。 

ポイント② 接客が好きな人 

店舗には主婦やご年配の方、家族など、幅広いお客さんが来店します。最近ではご年配の方にスマートフォンの使い方を説明するといった仕事も多いとの声もありました。様々なお客さんとコミュニケーションをとる職場なので、人にわかりやすく説明するのが得意だったり、幅広いお客さんと接客をしてみたいという人には向いているでしょう。

 ポイント③ 頭を使って働きたい人 

カメラのキタムラでは、力仕事は少ないですが、お客さんにわかりやすく説明してあげたり、専門的な知識を使って業務をしたりするなど、頭を使う機会が多いようです。そのため、単純作業を淡々とこなしていくような働き方がしたい人には向いていないかも知れません。逆に、ある程度は頭を使って働きたい人には、ぴったりなアルバイト先だという声が多くありました。 

 

カメラ専門店なので、業務の多くは写真やカメラに関することばかりです。最初のころは覚えることも多くて大変なこともありますが、慣れてこればそつなくこなせるようになり、お客さんとのコミュニケーションも楽しくなっていくとの声が多くありました。大学生や主婦など幅広いメンバーがいる中で、その多くは、写真やカメラが好きな方々です。世代を越えたバイト仲間・写真仲間・カメラ仲間が作れるのは楽しく、働く上でのモチベーションにもなりますね。