新型コロナウイルスのワクチン製造で「治験" />

「治験バイト」とは?メリット・デメリット、リスクについて

新型コロナウイルスのワクチン製造で「治験」という言葉をよく聞くようになったのではないでしょうか。治験をおこなってくれる人がいることで新薬が開発されています。そんな治験をおこなうバイトについて紹介します

 

 

 

治験バイトの内容

治験とは、文部科学省・厚生労働省の全国治験活性化3カ年計画によると、新しい医薬品・医療機器の承認のためには、薬事法に基づく当該医薬品等の有効性・安全性等に関する科学的な見地からの審査が必要であり、この実証データの収集を目的として健康な者や患者の協力によって「医薬品等の候補」をヒトで臨床試験することです。つまり、私たちが風邪を引いたときやインフルエンザに罹ったときにもらうような薬は、治験バイト(有償ボランティア)の人たちのおかげで処方できています。

治験バイトの種類

治験の種類としては、新薬のモニター、美容モニター、健康食品のモニタ-などがあります。新薬の治験では、ワクチンの予防接種や塗り薬、飲み薬などのモニターをおこないます。健康な人を対象にしているものもあれば、特定の病気に罹っている人を対象におこなっているものもあります。美容モニターは、美容クリームや化粧水などの美容商品や医療脱毛などの美容機器を使っておこなうものです。健康食品のモニターは、ドラックストアなどでよく見かける特定保健用食品や栄養機能食品などが世に出る前に効果があるのかを立証していきます。美容モニターや健康食品モニターなどは通院したり在宅でおこなったりできるので、入院しておこなう新薬のモニターよりも参加しやすいです。

治験バイトのメリット

・高給与

治験バイトは高額であることでも有名ですが、政府から承認されていない薬やサプリメントなどを使用するので高額に設定してあることを忘れてはいけません

治験を金銭的なインセンティブで収集するのは道徳的に良くないとされているため、治験を主催する製薬会社などは治験バイトではなく有償ボランティアと表記しており、給与に関しても「報酬」ではなく「負担軽減費」として支払われます。そのため、社会保険料や所得税などの税金が課されません。この点に関しては会社によって異なるのであらかじめ確認することをオススメします。

・健康診断を受けられる

治験バイトは健康的な人を対象におこなわれるので、健康診断で身体に悪いところがないかをチェックしていきます。つまり、健康的でない人やたばこを吸っている人は治験バイトには参加できないということでもあります。

健康診断をクリアできずに治験まで行き着かなかったとしても健康診断を受けた分の謝礼を受け取れるところが多いようです。

・衣食住を提供され規則正しい生活が送れる

入院する場合は、健康的な生活を送るために必要なものはすべて提供されます。そのため、まれに食事や運動制限が行われる場合があるようです。

健康的な生活を送っておくことが仕事なので、それに支障がなければ入院中は読書やゲームやテレビ鑑賞など比較的自由に過ごせるようです

・いち早く新薬を試せる

世に出る前に薬やサプリメントの効果を試すことができます。また、世のために仕事をおこなえているという責任感もあります。

治験バイトのデメリット

・拘束期間が決められている

入院するタイプの治験バイトだと1週間~10日間などある程度、効果を確認できるくらいの期間拘束されることになります。そのため、入院するタイプの治験バイトは時間がたくさんあるという人にオススメです。入院しないタイプの治験バイトだと自宅でもできるのでそれほど拘束されずにおこなうことができます。しかし、拘束される期間が長いからこそ謝礼は多くなるので、拘束期間が短いと謝礼が思ったほどもらえない可能性もあります。

・副作用を起こす可能性がある

世に出る前の薬や医療機器を試す仕事なので副作用を起こす可能性も充分にあります。そのため、副作用が重篤になりそうなワクチンや薬などの治験は入院しておこなうことが多く、もしもの際は、医療関係者が迅速に対応してくれます。

 

 

 

治験バイトで死ぬことはあるの?危険なの?

結論からいうと治験で人が亡くなることは起きています。人での治験をおこなうまでには動物実験など多くのプロセスを経ており、死亡するリスクは確率からするとかなり低いですが、人が死んでしまうという1例だけの事件でも知ってしまうと怖いと思うのが人間です。

治験での死亡事例を以下に載せておきます。

治験における死亡事故

大手製薬会社エーザイが抗てんかん薬として製造した「E2082」の第Ⅰ相試験の一種で、20代の男性が死亡した。被験者の男性は、入院観察期間中に幻視、幻聴、不眠があったことを訴えたが、医療機関側は、被験者の受け答えがはっきりしており、容態が安定していたこと等から経過観察を決断したが、翌日朝、被験者 A が電柱から飛び降りて死亡した。報告書では、同様の作用機序の医薬品であるペランパネル水和物(販売名:フィコンパ)に自殺企図の副作用があり、被験者は投与前にうつや精神症状がなかったことなどから、因果関係を否定できないと判断した。

※厚生労働省「エーザイ(株)の治験における被験者の死亡事案に係る調査結果の概要」参照

治験バイトで副作用が起きたときは?

副作用が起きたときには、入院している病院が対処してくれます。また、その後何かの後遺症が残った際には、新薬の製造会社が保証してくれる仕組みとなっています。人の生命に関わることなので、薬事法や医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)などで厳しいルールが定められています。

治験バイトいつまで断れる?

治験バイトは、治療を始めた後でも辞めることはできます。治験の内容によっては辞退することができない場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。また、人の生命に関わることなので、少しでも治験バイトに不安がある場合は無理に治験を引き受けずに辞退する方がいいでしょう。

女性は治験バイトできるの?

治験は健康な男性をターゲットにしていることが多いので、女性が治験バイトをできないわけではないですが、募集数が少ない傾向にあります。しかし、女性向けの治験もあるので紹介します。

・美容製品のモニター

・ダイエット関係のもの

・婦人科系の調査

他にも女性でも参加しやすい治験はたくさんあるので自分にあったものを探してましょう。

自分に合った治験バイトを始めてみよう!

治験の種類もたくさんあるので、自分に向いてる、これくらいのリスクなら責任が持てるなど自分の基準にあった治験バイトを始めてみましょう。高給与であるのでその条件に引かれますが、少しでも不安がある中で参加するのは自分の精神衛生上にも良くないので無理だなと感じたら早めに辞退しましょう。