「プライベートと看護職を両立させたい!」" />

看護師の働き方がわかるブログ5選 クリニック、夜勤専従、ツアーナース……

「プライベートと看護職を両立させたい!」という方や「看護師として復職したいけどブランクが気になる」といった悩みを抱えている方にとっては、大病院のような場所でバリバリ働くことよりも、シフトに融通が利いたり、それほど忙しくなかったりするような場所で働きたいと思うものでしょう。

看護師の働き方は様々なので、日勤だけで働く看護の職種や、非常勤やバイトとしても看護師資格を活かして十分に稼げる職種など、たくさん希望に合うものがあります。
しかし、そういった職種で働くと決断するには、これまでと違う働き方になるため不安を感じるのではないでしょうか。

こういった不安を払拭するためのアイテムとして、実際にそういった働き方を実践している方のブログを職種別に紹介します。

 

 

 

※外部サイトに飛びます

看護師の多様な働き方4選

まずは多様な働き方を4つ紹介します。

クリニック勤務

クリニック勤務は、緊急の手術や入院患者の対応がなく、主に内科や眼科、耳鼻科などの単科で、そこまで大きくない地域に根ざした病院での勤務を指します。

メリット

  • ワークライフバランスが確保しやすい
  • 年末年始などにまとまった休みが取りやすい
  • 精神的負担が少ない

仕事内容が基本的に外来のみで入院患者の対応がないので、夜勤がありません。また、決まっている診療日や診察時間も大幅にズレるようなことはなく、大抵の場合年末年始やお盆をお休みとしているので、仕事とプライベートを充実させやすい職種です。

入院患者がいないのに加え、比較的軽い症状の患者の対応がほとんどなので、人の生死に関わる時のような精神的負担が少ないこともメリットです。

デメリット

  • 人間関係が重要
  • イレギュラーな休みが取りづらい
  • 看護業務以外の仕事も任される

クリニックは大きくない職場なので、看護職員の数も少ないのが特徴です。小さいコミュニティーになるので、一緒に働く方たちとの関係次第では肩身が狭く感じることもあるでしょう。

加えて、従業員数が少ないという点で、その分緊急で休みを取りたくなった時にシフトの代わりを見つけるのが難しく、大きい病院のように清掃係や事務員を別で雇わないので、掃除や書類整理といった業務も看護師の業務になるという点もデメリットです。

以上のメリット・デメリットを踏まえて、クリニックへの転職が気になった方はぜひこの記事に目を通してみてください!

▶︎クリニックに転職したい看護師は必見!転職先を見極める5つのポイント

デイサービス

デイサービスは要介護1以上の方が利用できる在宅介護サービスです。利用者はデイサービスセンターに通って、身体機能の維持・向上のためにリハビリを行ったり、他の利用者との交流を通して孤立感の解消や認知症の予防を図ったりします。

メリット

  • 働く時間が決まっている
  • 精神的な負担が少ない
  • 仕事が忙しくない

デイサービスは通所介護とも言われるように、利用者の方に通ってもらってリハビリの補助やその他サポートを行う業務になるので、夜勤がありません。また、曜日と時間が決まっているので、プライベートとの両立がしやすくなっています

病院勤務のように直接生死に関わる業務がないので、精神的負担が少ないことも特徴です。

デメリット

  • スキルアップやキャリアアップが望みにくい
  • コミュニケーション能力が重要

仕事が忙しくなかったり、看護師としての仕事が少なかったりするので、病院勤務のようなスキルアップは厳しいでしょう。また、利用者の方とも一緒に働く従業員とも密に関わって仕事をしていくので、他人とコミュニケーションを取るのが苦手な方にとっては、苦痛に感じる可能性はあります。

 

 

 

ツアーナース

ツアーナースは、企業や学校などの旅行に付き添って参加者の体調管理を行う仕事です。簡単な応急処置や病院への搬送の判断などを行います。旅行気分も味わえるということで、人気な求人になっています。正社員や常勤ではなく、単発で求人ごとに応募して仕事を行う形です。

メリット

  • 色々な場所にタダで旅行に行ける
  • 自分の好きな時に仕事を受けられる
  • 通常の看護業務ではできない経験ができる

旅行に行くことが仕事になるので、旅費は求人を出した学校や企業が負担してくれます。旅行好きな方にとっては一緒に趣味も楽しめる職種でしょう。

また、勤務形態としては、スケジュールや私生活の状況を考慮して、自分に一番あった求人に応募するといった形になるので、割と自由に、好きなように仕事を入れることができるのもメリットです。

デメリット

  • 数日空いた時間が必要
  • 常に気を張っていなければいけない現場がある
  • 重要な判断を迫られる場面がある

旅行になるので、単発といえど数日間拘束されます。その中で、付き添う団体の年齢層によっては、常に周りを見て参加者に注意を配りつつ行動しないといけないので、最終日の疲労の蓄積が予想されます。また、その場での対応は、参考者のことを十分に考え、迅速に行わなければいけないので、楽しいだけの仕事ではありません

ツアーナースに関してはこちらの記事により細かく書かれているので、気になった方はぜひ参考にしてみてください!

▶︎看護師資格をバイトで活かす!ツアーナースとイベントナースの働き方とは

夜勤専従

夜勤専従は、病院勤務において日勤で働くことが一切なく、夜勤だけを行う業務形態のことです。ナースコールの対応や点滴、採血、カルテ整理などの日勤業務に加え、夜間特有のものとして「巡視」といった1~2時間おきに患者の状態を確認しながら見回る業務があります。

メリット

  • 給与が高い
  • 昼間が自由に使える
  • 出勤日数が少ない

通常の給与に夜勤手当がつく形なので高給与であり、夜勤のみなので昼間は自由に使えます。また、月で働ける夜勤の時間が決まっているので、勤務日数は大体月9〜10回程度になります。プライベートに割ける時間が他のものと比べても多い職種ではないでしょうか。

デメリット

  • 常勤求人が少ない
  • 負担が大きくなる可能性がある
  • 体調面が不安

非常勤求人がほとんどなので、常勤で働きたい方にとっては求人探しが難航するかもしれません。また、勤務人数自体も日勤と比べると少なく、一人あたりの業務の負担が増える可能性もあります。

常勤・非常勤の違いなど、より細かい詳細を知りたい方は以下の記事をぜひ読んで見てください!

▶︎看護師の「夜勤専従」への転職!プライベートをより充実させたい人は必見

 

 

 

おすすめブログ5選

上で挙げたような多様な働き方に興味はあるものの、客観的なメリットやデメリット、求人情報だけでは「リアル」がわからないと思う方もいるのではないでしょうか。そんな方へ、実際にそういった職種で働いている人のブログを見ることをおすすめします!

働いている人だからこそ書ける内容であったり、個人のブログだからこそ忖度なしに評価していたりするので、おすすめするブログはできるだけ『その職業に勤務経験がある方で、個人で書かれているもの』を基準にします。

クリニック勤務の方のブログ

▶︎とーちんさんのブログ

日記のように書かれているので、楽に読めるのではないでしょうか。また、クリニックのことだけでなく、看護学生のときの経験や転職活動の中で感じたことなども書かれているので、そういう方にとっても参考になるブログでしょう。

▶︎とろろぐ

この方のブログは、セクションごとにわけてまとめられているので、とてもわかりやすいです。記事数も多く、看護師特有のプライベートの悩みなど、業務以外のこともトピックとして扱っているので、色々な情報をゲットできます。

デイサービス勤務の方のブログ

▶︎ナースメディア

このサイトは現役の看護師の方や看護資格を持つ方に記事を依頼して書いてもらっているサイトになります。個人の経験を追体験できるような記事になるので、デイサービス勤務という看護師業務の中でも少し特殊なものに、自分が合っているかどうかを判断できる良い材料になるでしょう!

ツアーナースの方のブログ

▶︎Fumiさんのブログ

ツアーナース自体が単発のアルバイトのようなものなので、それだけに焦点をあて特化したブログ自体がほぼなく、この方のブログもツアーナースに特化してはいません。ただ、実際にツアーナースとして働いてみた中で経験したことや、スケジュール、仕事内容に関して事細かく記載しているので、参考にはしやすいでしょう。

夜勤専従の方のブログ

▶︎ナースあさみさんのブログ

看護師として11年勤務している方が書いたブログです。

実際の一週間のスケジュールや起きたこと、また夜勤専従という体にとって不規則な仕事の中でどう体調を維持しているかなど、経験者にしかわからないことが書かれています。自分が働いてみたときの想像がしやすいのではないでしょうか?

これまであげたおすすめのブログ以外にも、4つの職種について書かれたブログはたくさんあります。特にツアーナースや夜勤専従のような、それだけを専門でやっている方が少なそうな職種のブログは、大きなブログサイトで職種名で探してみるのも良いと思います!

はてなブログAmebaブログnoteなどのブログサイトで検索をかけてみてください。

看護師ブログを参考に満足いく転職を!

看護師には多様な働き方があるので、今の職種に合わないと思えば自分に合った職種を探すのも、ストレスなく看護師として働き続けるための方法です。しかし、多様な分、特殊なものも多く、求人内容だけでは本当に自分にマッチしているのかわからない職種もあるでしょう。

そういう時におすすめなのが、実際に働かれている方のブログを見ることです。やりがいや苦悩など、よりリアルを知ることができるのに加え、筆者と自分を重ねて追体験することで、マッチしているかの1つの判断材料にすることも可能です。

上であげた5つのおすすめブログも含め、色々なブログを職探しの参考にしてみてください!

看護師の方でブログを書くこと自体に興味を持っている方は、以下の記事を参考にしてみてください。

▶︎ブログを始めたい看護師必見の稼ぎ方 趣味が副業に?