ツアーナースやイベントナースは、どちらと" />

看護師資格をバイトで活かす!ツアーナースとイベントナースの働き方とは

ツアーナースやイベントナースは、どちらとも看護師資格を活かして働けるお仕事です。
単発になるので安定性には欠けますが、それでも転職先の病院を決めるまでの間に働きたい人やダブルワークがしたい人、看護師資格を活かしたバイトがしたい人にとっては好条件でしょう。

この記事では、ツアーナース・イベントナースの二つの働き方の特徴をお伝えし、それらの求人を見つけやすい求人サイトを紹介します!

 

 

 

※外部サイトに飛びます

ツアーナースとイベントナースの違い

結論から言うと、ツアーナースとイベントナースの違いはその仕事の領域です。
名前の通り、ツアーナースは企業の旅行や宿泊を伴う学校行事などに付き添う仕事で、イベントナースはフェスやライブなどイベント時に待機して急病人の対応をする仕事です。

ただ、旅行や宿泊を伴う学校行事もイベントに含め、まとめてイベントナースとして求人をかける会社もあり、はっきりと分けられているわけではないので、求人を探す時は注意してください!

ツアーナースとは

旅行に付き添って参加者の体調管理を行う仕事です。
林間学校や修学旅行、合宿などに付き添っていくケースが多いです。求人によっては一般の旅行ツアーに同行するものもあります。

旅費は全て出してもらえるのでタダで旅行に行くことができますが、数日付き添うことになるので、単発といえど時間に余裕がないと参加できません。また、旅行参加者とコミュニケーションを取ることが大事になるので、そういったことが苦手な方にとっては苦しく感じるかもしれません。

苦手でない人でも小さいお子さん相手の付き添いとなると、常に子供達の周りを気にして危機管理しながら怪我や病気の対応をしなければならず、いつもより気を張って数日過ごさなければいけないので、大変に感じるでしょう。

団体の人数や年齢層によっては、何も起こらずに旅行が無事終わることもあるので、求人情報を比較して働き方を検討してみてください。

以上の特徴を踏まえ、メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 色々な場所にタダで旅行に行ける
  • 自分の好きな時に仕事を受けられる
  • 通常の看護業務ではできない経験ができる

デメリット

  • 数日空いた時間が必要
  • 常に気を張っていなければいけない現場がある
  • 重責な判断を迫られる場面がある

イベントナースとは

フェスやライブ、花火大会など様々なイベントに常駐して、急患の対応をするのがイベントナースのお仕事です。

ツアーナースとは違い、その日だけの求人が多く、またイベントということもあり、主な募集日は平日より週末や祝日になります。最近は様々な種類のフェスが開催されているので、自分の趣味や好きなことに関するイベントに参加できる求人もあります。

ツアーナース同様、何事もなければただイベントにいるだけで仕事が終わる場合もあるものの、イベント参加者数自体が多かったり、特に夏場のフェスなどは熱中症患者が多く出たりするので、何もせずに終わるということはほとんどないでしょう。

また、参加者が多い分、全員の体調を把握しておくことができないので、咄嗟に色々な怪我や病気に対応していく必要があります。

以上を踏まえて、メリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 一日で終わるので、都合がつきやすい
  • イベント自体の種類が豊富
  • 通常の看護業務ではできない経験ができる

デメリット

  • 土日、祝日が勤務日になる
  • 怪我や病気が起こりやすそうな現場では多忙になる可能性がある

 

 

ツアーナースとイベントナース、どちらで働くのが合っているか

どちらも単発の求人になるので、自分の都合のいい時に参加することができ、通常の看護業務では味わえない経験ができます。また、旅行好きやフェス好きな方にとっては、趣味を楽しみつつ仕事ができるといった好条件バイトになるのではないでしょうか?

特に、結婚や妊娠・出産、育児といったライフイベントで病院をやめてしまったが、また看護師として働きたい方にとってはおすすめのバイトです。

結婚や妊娠・出産を機にやめた方には、これからの結婚生活や育児などを考えると、ツアーナースのように数日家を開けることになる業務よりは、その日一日だけで終えられるイベントナースのほうが働きやすいでしょう。

逆に、育児を終え、それなりに働ける時間ができた方には、連日で一気に稼げるツアーナースが良いでしょう。子供達の林間学校や修学旅行に付き添うツアーナースの場合、育児の経験が役に立つ場面が必ずあるので、そういった意味でもおすすめです。

また、育児後のブランクが不安に感じる方にとっても、予測できない様々な症状に対応するイベントナースよりは働きやすいでしょう。

ただ、どちらの業務も求人の種類によって忙しさやおすすめ度は変わってきます。色んな求人を比べて、一番自分に合った仕事を選びとっていってください。

そのためには、求人サイトを使う必要があります!

ツアーナース・イベントナースは看護師特化の求人サイトを活用!

ツアーナースやイベントナースの求人は一般的な転職サイトや派遣求人サイトでは載っていない場合がほとんどです。看護系に特化した求人を紹介するサイトから情報を得ましょう!

ツアーナース・イベントナースにおすすめの求人サイト4選

看護師特化の求人サイトは色々ありますが、その中でもおすすめのサイトを4つ紹介します。ただ、ツアーナース・イベントナースは人気な求人ということもあり、非公開にされている場合が多いので、そういった求人を見るために必ずサイトには登録しましょう

また、ひとつのサイトに絞らず、複数のサイトに登録して比較するのがおすすめです。この4つ以外にも気になる求人サイトがあれば登録して探してみてください!

▶︎MCナースネット

このサイトは国内拠点が多く、色々な場所の求人を揃えています。持っている求人の働き方の種類も様々なので、ツアーナースやイベントナースのような特殊な求人も見つけやすいでしょう。また登録がすぐできるのもおすすめするポイントです。

▶︎看護のお仕事

このサイトは、業界トップクラスの求人数を誇り、非公開求人などのレア求人も多く揃えているところがおすすめするポイントです。また、非公開求人の口コミや評価も多く載せられているので、比較しやすいのではないでしょうか。

▶︎ブレイブ

このサイトは、求人の条件を細かく選んで探すことができ、単発の求人も多いのでおすすめです。また、派遣会社利用満足度No.1を獲得しているので、安心して利用できます。専用アプリから簡単に担当者に連絡でき、明細の確認もすぐに行えるので、非常に使いやすいサイトでしょう。

▶︎アテンダントナース

このサイトの特徴は、上記のサイトのような大きさはないものの、ツアーナースやイベントナースの求人に特化していることです。大きなサイトではないので利用者の声や客観的な評価を確認できないことが残念ですが、こういった看護の中でも特殊な分野に特化したサイトに登録するのも良いでしょう。

 

 

 

ツアーナース・イベントナースとして働こう!

一般的な病院勤務とは違った負担があるツアーナースとイベントナースですが、好きな時にできることや趣味も一緒に楽しめる求人もあることを考えると、看護師資格を活かしたバイトがしたい方にとっては好条件でしょう!

しかし、そのためとても人気の求人なので、ただネットで検索するだけでは出てきません。様々な求人サイトに登録して探し、比較して選び取りましょう。

自分に合った求人を見つけて、看護師ライフをエンジョイしてください!