バイトを始めよう!そう思った時に立ちふさ " />

【バイト初心者必見】必ずチェックしておきたい面接のコツ!

バイトを始めよう!そう思った時に立ちふさがる最初の壁が「面接」なのではないでしょうか?時給が良かったり雰囲気がいいお店でどうせなら働いてみたいですよね。しかし自分がいいと思ったお店は、大体他の人もいいと思っているのが世の常。そのため競争倍率が高く中々合格できないなんてことも…。

今回は希望のお店でバイトをするための第一難関である「面接」を突破するためのコツをお伝えします。ぜひ希望のお店で充実した毎日を過ごしましょう。

【面接に行く際の服装】

まずは外見から。ありきたりかもしれませんが服装や髪形は、清潔感を意識しましょう。派手な色やデザインの格好はこの日だけは我慢。またラフなTシャツも避けた方が良いでしょう。

そして面接官がよく見る部分はどこだかご存知ですか?意外かもしれませんが「靴」なんです。普段意識することが少ない部分こそ、その人の性格が現れやすいもの。面接の前日はある程度磨いておくと高評価につながる可能性が高いです!

また、髪型は前髪が顔にかからないように意識し、表情がきちんと見えるようにしましょう。また、切れ毛はワックスで固めるなどキチッとした格好を意識し女性はタイトに髪をまとめましょう。

え…。これだけ?と思われた方も多いかもしれませんが、この当たり前が出来てない人は極めて少ないのが事実です。この普通なことを普通にできることが今の社会には求められているのかもしれませんね!

【服装ポイント】

  • 髪型…前髪は目にかからない長さに切る
  • 服装…無地のシャツが無難。デニム以外のパンツ
  • 靴…きれい目のスニーカーでもOK
  • メイク…ナチュラルメイクが基本(女子)

服装に関する疑問は様々。いざというときに迷わなくて済むよう、今のうちに気になる点をチェックしておきましょう。

面接でよく聞かれる質問について

このアルバイトに応募した理由はなんですか

この質問をされる頻度は高め。回答のポイントは、自分の強みと店舗の文化・仕事内容がマッチングするかを意識することです。具体的にはなぜその店を選んだのか、その店なければならないということを告げると良いでしょう。

注意すべきなのは「家から近いから」「時給がいいから」といった条件的な部分だけを志望理由にすることです。「別にこの店舗じゃなくていいよね」という印象につながり悪い評価を与えてしまう可能性が高いので注意。

<志望理由回答例>

事務職「黙々と作業するのが好き」

接客業「人と話すのが好き」「こちらのお店の接客が好きで働きたいと思った」

また面接では、「自己アピール」や「何か質問はありますか?」と聞かれることがあるんです。言葉につまらないよう、答える内容を考えておきましょう。

<自己アピールの回答例>

「趣味の野球を続けています。仲間と協力しながら、目標に向かって取り組んできました。アルバイトでも、先輩スタッフに教えてもらいながら、頑張りたいと思います」

「自己アピール」なんて、突然聞かれても答えられる人はほとんどいないのでは?だからこそ常日頃から自分の良さをアピールできるようにしておきましょう。

<長所と短所の回答例>

「長所は人と接することが好きで、明るく元気なところです。ですが、落ち着きがないのが短所です。そのため、何かをする前に一度深呼吸して落ち着こうと心がけています」

自分の長所と短所などを言葉にするのは意外と難しいものです。ここでのポイントは、自分の長所と仕事を絡めることです。仕事と全く関係ないPRでも良いのですが、できれば仕事と絡めた方が相手に「この仕事に向いている人なのかもしれない」と印象付けることができます。また、短所も長所と関連付けると話しやすくなります。短所となる部分に対する改善や対処方法もあるとさらに良いでしょう。

<希望シフトに対する回答例>

回答④「来週の月曜日から可能です。平日であれば10時から18時まで働けます」

勤務開始日はなるべく早い方が採用側から見れば助かりますが、自分に無理のない日時を伝えましょう。勤務時間についてもなるべく詳しく伝えるとスムーズにスケジュール調整も進みます。

<逆質問に対する回答例>

よくある質問の例題にも出しましたが、こちらから面接官へ質問をする「逆質問」の準備は大切です。どれだけその企業や店舗で働こうとする意欲があるか、仕事にちゃんと向き合おうとしているかなどの判断材料となります。また、仕事を始める前に不安に思うことを解消しようという企業側の親切心でもありますし、よりスムーズな業務を図ることができます。

ですが、質問の中でも心象の良い質問・悪い質問があります。わかりやすく質問例を挙げていきましょう。

良い質問例

「働き始める前に何か準備しておいた方がいいことはありますか?」「繁忙期はいつごろか教えてください」

これらの質問により、仕事に対して前向きな姿勢を伝えることができます!この逆質問で面接官に好印象を残していきましょう。

ポイントは、もし自分が面接官になったらどういった人材を採用したいかをイメージしてみることです。

悪い質問例

「月にどのくらい稼げますか?」「シフトの融通は効きますか?」

このような条件の部分だけを聞く質問は避けましょう。面接官から見ると、向上心がなく、仕事を任せられないと悪印象を与えてしまいます。

面接官に好印象を与えるコツ

面接会場までの道順を調べる

面接会場までの道順は、面接当日までに前もって調べておきましょう。電車が止まったりするなど日常にはアクシデントが付き物。余裕を持って面接に向かうためにもあらかじめ対策は打っておきましょう。

5分前集合を心がける

前日までに面接会場までの道順を調べたら、5分前に到着できるよう、タイムスケジュールを組むのがおすすめ。心の余裕は面接本番でしっかりと受け答えするために必要な要素となります!

背筋を伸ばして足を揃える

面接開始後に椅子に座るように促されてから椅子に座るようにしましょう。また、いい印象を与えるためにも背筋を伸ばすことが大事です。女性は膝を揃え、男性はボール1つ分膝を開けるようにしましょう。ガニ股、内股にならないよう注意してくださいね!

手は、女性であれば右手の上に左手を重ねて組むのが一般的です。男性であればこぶしにして両ひざに揃えましょう。

面接官の目をみて話す

受け答えをするときには、面接官の目を見て話します。目をそらしてしまうと、話を聞いてない印象を与え相手を不安にさせます。

笑顔を意識する

好印象を与えるためにも口角を上げることを意識しましょう。普段暗い性格だという人も口角を意識するだけで明るい印象を持たれることが多いんですよ。

質問にハキハキと答える

質問には、大きな声でハキハキと答えましょう。わからないことは「わからない」と答えても大丈夫です。逆にどもってしまったりするとコミュニケーションが円滑に取れなさそうと思われて悪印象を与えてしまいます。

ネガティブなことを言わない

志望動機の際にネガティブな理由をいうのは避けましょう。例えば「部活動がきつくて辞めて、時間ができたのでバイトを探しています」などと話してしまうと、継続性がなさそうと悪印象を与えてしまいます。

そこで、「将来のためにお金をためていこうと考えアルバイトをしようと考えました」などとポジティブな表現に変換することをおすすめします。

終わりに

いかがでしたか?今回は面接のコツについてご紹介してきました。最初の難関である面接を突破して良いバイトライフを過ごしましょう。