正・准看護師資格を持っている人におすすめ" />

短時間で効率よく稼ぐ!単発の採血バイトの魅力とは

正・准看護師資格を持っている人におすすめなのが「単発の採血バイト」です。

「短時間で効率よく稼ぎたい!」
「自分のスケジュールに合わせて働きたい!」
「人間関係のトラブルに巻き込まれたくない……」

そんな要望をかなえてくれる「単発の採血バイト」について、仕事内容や時給・メリットなどの魅力を詳しくお伝えします。

 

※外部サイトに飛びます

採血バイトとは?

採血バイトとは、主に採血のみを行う仕事です。ここで、採血バイトを行う勤務先や必要な資格・経験、時給についてお伝えします。

採血バイトの勤務先と仕事内容

採血バイトの勤務先は主に「病院の採血室」「献血ルーム・献血車」「健診センター・健診車」の3つがあります。

基本的には採血のみを行いますが、勤務先によっては血圧測定や問診など他の業務も求められる場合があります。また、「健診センター・健診車」での勤務だと、企業や学校に巡回健診を行う場合もあります。

採血を行う相手も勤務先によって異なります。病院の採血室では患者を相手に採血を行いますが、献血車・献血ルームでは、街中の健常者を相手に採血を行ったり、企業や学校への巡回検診では労働者や学生を相手にしたりなど様々なので、その点も含めて勤務先を選択するとよいでしょう。

単発の採血バイトに必要な資格や経験はあるの?

単発の採血バイトをする際に必要な資格は、看護師資格もしくは准看護師資格です。どの求人情報を見ても、正・准看護師の資格が必要だと記載されています。

経験に関しては、求人情報によってバラつきが出ています。「看護師の資格と経験が必要になります」「採血が得意な方」というように十分な経験を必須としている場合が多いですが、「経験が浅い人もお気軽にお問い合わせください」「ブランクのある方もOK」などと幅広く求人を募集している場合もあります。

また、勤務前に事前研修を行う施設もあるので、経験が浅かったりブランクがあったりなど不安な人は、そういったサポート体制のある勤務先を選ぶとよいでしょう。

単発の採血バイトの時給・報酬は?

単発の採血バイトの時給は、正・准看護師資格が必要になる分、普通のアルバイトに比べると高く設定されていることが多いです。

様々な求人情報を見る限り、時給は1,500円~2,000円の間で設定されているものが多く、中には半日勤務で採血手当が1,000円、1日勤務で採血手当が2,000円出る求人もあります。

また、日給が記載された求人では、
「8:20~16:00勤務で日給12,800円」
「7:45~13:15勤務で日給8,000円」
「7:15~15:30勤務で日給12,000円」
などが見られ、時給換算すると約1,500~2,000円となっています。
(休憩時間45分~60分、手当を含まず算出)

勤務先の施設や地域によっては1,500円を下回る求人や2,000円を超える高時給求人があるので、しっかりと確認をしておきましょう。

単発の採血バイトのメリット

単発の採血バイトは、比較的人気の高い仕事です。ここで、単発の採血バイトのメリットを4つお伝えします。

夜勤や残業がなく、勤務日時を選んで自由に働ける

単発の採血バイトは、看護師のように夜勤や残業がある仕事ではなく、「週〇〇回以上」といった勤務回数の決まりもありません。求人情報に載っている勤務日時の中から、自分のスケジュールに合うものを選び、無理なく働くことができます。

求人情報を見ると、「7:15~15:30」「8:30~15:00」といった日勤の仕事だけでなく、「8:30~12:30」「12:30~16:00」といった午前・午後のみの勤務も複数あるため、短時間しか働くことができない人でも自由に調整して働くことが可能です。

他のアルバイトに比べて時給が高い

厚生労働省の「令和元年度賃金構造基本統計調査」によると、臨時労働者の時給分布は1,499円以下の人が約67%を占めており、1,500円以上の人が約33%となっています。

臨時労働者全体のデータではありますが、採血バイトは看護師の資格が必要な仕事であるため、一般的なアルバイトに比べると時給が高いバイトであると考えられます。

そのため、時間に制限があり長期の勤務が難しい人は、一般的なアルバイトよりも正・准看護師資格を活かした採血バイトをすると効率的に稼ぐことができるでしょう。

業務内容の負担が少ない

採血バイトは主に採血を行う仕事であるため、患者の治療をしたり、生死に直面したりすることは基本的にありません。採血の経験が少なかったりブランクがあったりすれば、多少の不安は生じるかもしれませんが、精神的に負担の少ない仕事だと言えます。

また、採血は体に負担のかかりにくい軽労働であり、患者の体を支えたり重い医療器具を使ったりといった重労働がほとんどありません。看護師が行う記録資料の作成などの雑務も少ないため、体力的にもストレスを感じにくいでしょう。

人間関係のストレスが少ない

ある程度のコミュニケーションは求められるものの、多くの人の採血を素早く行う必要があるため、看護師のように患者と長時間関わる機会は少なく、人間関係でのトラブルが起きにくくなります。

また、単発バイトは職場で過ごす時間が短く、職員やスタッフともその場限りの関わりになるため、職場の人間関係に悩まされることもなくなるでしょう。

看護師は人間関係に悩まされやすい仕事でもあるので、そういった心配がない単発の採血バイトは非常に魅力的だと言えます。

単発の採血バイトのデメリット

メリットの大きい採血バイトですが、もちろんデメリットも存在します。ここで、単発の採血バイトのデメリットを2つお伝えします。

看護スキルが上達しない

単発の採血バイトは、採血業務がメインの仕事であり、血圧測定や健診などの業務を行う勤務先もありますが、病院で看護師が携わる大きな医療行為を行う機会はありません。そのため、看護師のスキルを身に付けたい、上達させたい、という思いがある人には不向きでしょう。

ブランクなどの理由で看護師として必須の採血業務に自信が持てない人は、経験が浅い人やブランクのある人も募集している採血バイト求人に応募し、看護師に復帰する前に採血業務に慣れておくのもよいかもしれません。

やりがいを感じにくい

単発の採血バイトは採血業務ばかりを行う単調な仕事であり、数多くの医療行為を行う機会も、患者と長期間向き合うような機会もありません。そのため、繰り返し同じ作業を行うのが苦手な人、患者と向き合い深くサポートしたい人には向いていないでしょう。

ただ、週に何度も勤務する採血バイトであれば、同じ業務に飽きてしまうかもしれませんが、単発バイトで頻度を調整すれば単調な仕事に飽きることなく取り組むことができるでしょう。

採血バイトをするときの注意点

病院ほど大きな医療行為を行わないとはいえ、採血をする際に神経を傷つけてしまうなど失敗は起こり得ることで、採血を受けた人が内出血やしびれなどを訴えるケースもあります。

単発のバイトであれば、医療ミスに対する損害賠償保険へ加入していない場合も大いに考えられるため、事前に勤務先が保険へ加入しているか確認をしておく必要があります。勤務先が保険へ加入していない場合には、必ず個人で保険に加入しておくようにしましょう。

単発の採血バイトはこんな人におすすめ!

 

①勤務時間・日数

・週に〇〇回以上など固定で働くのが難しい人

・一日中働けない人

・午前のみ、午後のみなどの短時間勤務をしたい人

・残業や夜勤を避けたい人

②職場環境

・人間関係のトラブルを避けたい人

・同じ患者や職員と長期間関わるのが嫌な人

③業務内容

・採血や注射が得意な人

・ブランクなどの理由から採血の経験を積みたい人

・繰り返し同じ作業をするのが苦にならない人

・黙々と単調な作業をするのが好きな人

④収入

・短時間で効率よく稼ぎたい人

・空き時間にダブルワークで収入を増やしたい人

単発の採血バイトの求人はどうやって探すの?

「単発の採血バイトをしたいけど、求人の探し方が分からない……」と悩んだことのある人もいるでしょう。ここでは、単発の採血バイトの探し方についてお伝えします。

単発の採血バイト求人の探し方

単発の採血バイトは、時期によって求人数に変動があり、春や秋は健康診断などで求人数が増えますが、それ以外の期間は求人数が減ってしまいます。

最も簡単な探し方は、インターネットで検索することでしょう。「看護師 単発 採血 バイト」といったキーワードで検索すると、「求人ボックス」や「タウンワーク」「とらばーゆ」といった求人サイトがヒットします。もちろん、こういった求人サイトでも探すことはできますが、看護専門求人サイトで求人を探すこともおすすめです。

また、求人サイトで希望の求人が見つからなかったり、求人数が少なかったりした場合には、看護師求人サイトの登録や派遣登録を行って担当者に希望の求人を紹介してもらうとよいでしょう。

おすすめ求人サイト① MCナースネット

単発の採血バイトを探すのにおすすめの看護師専門求人サイトです。「単発・スポット」の求人検索でフリーワードに「採血」と入力すると、100件以上がヒットします(2020年7月8日時点)。

他の看護師専門サイトに比べ、MCナースネットは単発の採血バイトの求人を探しやすく求人数も多いので、ぜひ活用してみましょう。

以下に、検索でヒットした単発の採血バイトの一例を載せているので、参考にしてみてください。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は MCナースネット-1.jpg です

出典:MCナースネット(2020年7月8日参照)

MCナースネットで単発の採血バイト求人を検索したい方は、こちらをご覧ください。

おすすめ求人サイト② スタンバイ

株式会社ビズリーチが運営する求人サイトです。「アルバイト 採血 単発」といったワードで検索をかけると約100件がヒットします(2020年7月8日時点)。

ヒットする求人の中には、採血だけでなく他の業務も同時に掲載されている求人や、単発から長期まで選択できる求人も含まれてるので確認が必要ですが、具体的に求人情報が記載されているので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

以下に検索でヒットした単発の採血バイトの一例を載せているので、参考にしてみてください。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スタンバイ.jpg です

出典:スタンバイ(2020年7月8日参照)

スタンバイで単発の採血バイト求人を検索したい方は、こちらからご覧ください。

隙間時間に単発の採血バイトをして、効率よく稼ごう!

単発の採血バイトは、短時間で効率よく稼ぎたい人や働ける時間が限られている人におすすめです。正・准看護師資格があれば応募できるバイトであり、採血の経験を積みたい人や人間関係トラブルを避けたい人にとってもメリットの大きい仕事です。

ぜひ空いた時間を有効活用し、単発の採血バイトをしてみてください!

 

看護師資格を活かせる仕事について知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

関連記事

「妊娠・出産で退職したけど、そろそろ仕事に復帰したい……」「看護師に戻りたいけど、育児と両立しながら働くのは難しい……」こんな悩みを持っている人は、看護師のパート勤務からはじめてみませんか?パート勤務は夜勤や残業が少なく家庭との両立が[…]

関連記事

病院ではなく、保育園で働く看護師がいることを知っていますか?「育休を終えて看護師に復帰したいけど、子どもが小さいから残業や夜勤が心配……」と悩んでいる看護師におすすめなのが「保育園看護師」です。看護師経験や育児経験を活かし、プライベー[…]

関連記事

保健師に興味がある看護師の方は多いのではないでしょうか?看護師は比較的夜勤や残業が多くプライベートの時間を確保するのが難しいのが現状です。そこで、今回は定時で帰りやすい保健師について紹介していきます。以下で編集部が独自に両者を比較してみて[…]