高校生でもバイトでき、未経験でも働きやす" />

郵便局の短期バイトを解説!夏休み、年末年始にオススメ

高校生でもバイトでき、未経験でも働きやすく、短期間でがっぽり稼げる郵便局の短期バイトは、人気のある短期バイトの1つです。そんな郵便局の短期バイトの仕事内容、口コミなどを紹介します。

 

 

 

郵便局での短期バイトとは?

郵便局の短期バイトでは主に、年賀状やゆうパックの仕分けをします。年末年始やお中元・お歳暮のシーズンに応募が多いです。

夏の間はお中元が多く配達されるので、主にゆうパックの仕分けバイトの募集がされます。仕分けの仕事はべルトコンベアで流れてきた荷物を、配達先に応じてトラック輸送用の台車に積んでいくという作業です。年末年始は、年賀状やお歳暮の仕分けや配達のバイト募集があります。

郵便局の短期バイトが学生に人気の理由

長時間シフトに入れる

長時間シフトに入れると、お金を一気に稼ぐことができます。一般的なアルバイトだとシフトを削られたりして思うように稼げないということも多々ありますが、短期バイトだとそのようなデメリットはありません。

また、何日も短いシフトで稼ぐよりも、一日に集中して働いた方が自由に使える日を多く確保できるので、予定を立てやすいです。

早朝や深夜勤務なので他のバイトや遊びと両立できる

ゆうパックの仕分けバイトは、配達前の深夜や早朝に行われることが多いです。日中の予定を空けられるので、体力のある人は他のバイトや遊びと両立することができます。なかなかのハードスケジュールにはなりますが、たくさん遊びたい大学生には魅力的です。

髪色・髪型の規定が緩いところが多い

仕分けバイトは接客などと違い、お客様と顔を合わせることのない裏方の仕事です。ですのであまり髪色や髪型の規定は厳しくありません

口コミによると郵便局によって規定などは違うようです。「髪色は自由だった」「規定には茶髪までと書かれていたが、金髪でも何も言われなかった」という口コミも多く見受けられました。全体的に髪色の規則は緩いようなので、自由な髪色を楽しみたい大学生に人気です。

 

 

 

 

郵便局の短期バイトの仕事内容

夏の短期バイトの場合

郵便局の夏の短期バイトでは、主にお中元などの荷物を仕分けます。ベルトコンベアで流れてきた荷物を、配達先に応じてトラック輸送用の台車に積んでいくという作業です。

ベルトコンベアに荷物を乗せる「供給係」、流れてきた荷物を配達先ごとに仕分ける「シュート」、ベルトコンベアに乗せられない割れ物などを扱う「取り注係」の3つの業務に別れます。

供給係

集まった荷物をベルトコンベアに流す係です。この時割れ物などは破損してしまうので流さず「取り注係」の人に渡します。

シュート

短期バイトであれば基本的にこの業務に就きます台車ごとに郵便番号が書かれているので、ベルトコンベアから流れてくる荷物を、宛先の一致するものに仕分けます。誤った仕分けをしないように注意が必要です。長時間働いていると集中力が落ちてくるので気を付けましょう。そこまで急かされるわけではないので、慎重に仕分けることが大切です。

取り注係

割れ物などの取り扱いに注意が必要なものを運びます。やることはシュートと同じですが、壊れてしまう恐れがあるので、ベルトコンベアでは流されません。

年末年始の短期バイトの場合

年末年始、郵便局の短期バイトでは、お歳暮や年賀状の仕分けと配達をおこないます。

仕分け

年末年始は年賀状・お歳暮など郵便物が通常よりも増えます。それらの郵便物を宛先毎に仕分けしていきます。初めに、郵便番号で大まかに分けていき、その後、ミスなく指定の宛先に仕分けしていきます。

配達

仕分けがおこなわれたら、配達の人がバイクや自転車を使って、郵便物を配達します。

時給

時給は850円~1,000円程度で、地域によって上下します。都心部は1,000円前後、地方だと900円前後のことが多いです。一般的なバイトとあまり変わらない程度の時給で、深夜や早朝の時間帯ということも踏まえると少し低めと言えます。

ただし新東京郵便局など、地域を統括する大きな拠点での時給は1,200~1,300円前後と高くなっています。

 

 

 

郵便局短期バイトの口コミ

良い口コミ

  • 覚えることが少ない
  • 休憩が多い
  • 深夜や早朝に働ける

仕分けの仕事は荷物を届け先ごとに分けるだけで良いので、覚えることはほとんどなく楽だという口コミが多く見受けられました。簡単な仕事なので短期でもすぐに覚えられるということがポイントです。

また休憩時間も多く、約9時間働いた際の休憩時間が2時間ほどだったという口コミもありました。しかもそのうちの45分は何かあった際の待機時間で、その間は時給が発生するとのことです。時給の発生する休憩時間があるのは魅力的です。

また郵便局の仕分けバイトは、深夜・早朝のシフトに入ることができます。日中のアルバイトよりも予定が立てやすいとの口コミもありました。

悪い口コミ

  • 体力を使う
  • 忙しいと大変
  • 一回の勤務時間が長い

仕分けの仕事は肉体労働なので、身体的にきついという口コミも多かったです。中には10㎏を超える宅配物もあるようで、慣れないうちは筋肉痛などがあるとのことでした。

しかし慣れてくるとコツが掴めてくるので比較的楽になるようです。意外と女性も多く働いているようなので、特別高い身体能力は必要ありませんが、体力に自信がない人は避けた方が良いかもしれません。

郵便局のアルバイトにはノルマはありませんが、やはり忙しいと大変なようです。仕分け作業が滞り、荷物が溜まると機械が自動的に停止します。停止したからと言って怒られるということなどはありませんが、「ちょっとしたプレッシャーになって焦る」との口コミがありました。

仕分けバイトは一回の勤務時間が長く、スキマ時間の数時間だけ働くということができません。一回のバイトは6時間や9時間前後の郵便局が多いようです。「体力があまりないので、長時間動き続けるのはきつかった」という口コミがありました。

 

 

 

郵便局短期バイトの面接対策

郵便局ということもあり、少し堅めの雰囲気で行われるという口コミがありました。経験者によると面接官は2人で、志望動機や長所短所、シフトについて聞かれたようです。

髪色や髪型の規則は緩いところが多いですが、郵便局ごとに異なるようなので、暗めの髪色や清潔感のある無難な髪型で行きましょう。

短期バイトということもあり、郵便局も人手が足りていないので、採用の基準はそこまで高くないことが予想されます。清潔感のある見た目を心がけ、きちんとした受け答えをし、シフトに入れることをアピールすれば合格は難しくないでしょう。

郵便局短期バイトはこんな人におすすめ

  • 短期間で稼ぎたい人
  • 体力に自信がある人
  • 他のバイトや遊びと両立したい人

郵便局での仕分けバイトは覚えることも少なく、まとまったシフトに入れるので短期バイトにおすすめです。また深夜や早朝に働けるため、忙しい人でも体力さえあれば遊びと両立することができます。「夏休みはたくさん稼いでたくさん遊びたい!」という人は郵便局で短期バイトを始めてみてはいかがでしょうか。